無事、ルーマニア:ブカレストでのコミコンイベントが終了致しましたので、ご報告申し上げます。

 

日程と内容は下記の通り行いました。

91日金曜日 デモンストレーションと屋台での玉露試飲サービス
2023.9.1 Fri Comiconデモンストレーション1
2023.9.1 Fri Comicon屋台での玉露提供2

2023.9.1 Fri Comicon屋台での玉露提供1
9
2日土曜日 デモンストレーション2回 屋台での玉露試飲サービス
2023.9.2 Sat Comiconデモンストレーション土曜日二回目

93日日曜日デモンストレーション2回 屋台での玉露試飲サービス2023.9.3.Sun デモンストレーション一回目
94日月曜日在ルーマニア日本大使公邸での煎茶道体験会2023.9.4 Mon在ルーマニア日本大使公邸 植田大使と共に
在ルーマニア日本国大使館 植田大使と室岡ご夫妻
2023.9.4 Mon在ルーマニア日本大使公邸お煎茶お点前1

植田浩大使館スタッフと関係者

 

大使館の方とやり取りしていた週はブカレストは最高気温が40℃でしたので、当日はどうなる事かと心配しておりましたが、ブカレスト入りした週は35℃止まりでしたので、何とか乗り切る事ができました。 

今回も夫に協力してもらい、デモンストレーションと玉露の試飲サービスの提供をしました。かなりハードでしたが予定を全てこなしました。

最後の日は、在ルーマニア日本国大使館公邸でお点前をご披露させて頂きました。

皆様、煎茶道を体験するのは初めてという事でしたので、植田浩大使をはじめ皆様より玉露をゆっくり体験できて良かったとご感想を頂きました。

 

コミコン内でのデモンストレーションでは、沢山の方が会場に足を運んで下さり、お点前を熱心に見学されていました。こちらでも同時に試飲の玉露を用意致しましたので、お茶の素晴らしさが伝わったと思います。皆様初めての玉露の風味とお味にびっくりした表情で頷きながら味わっておられました。

仮装した若者はもちろんですが、今回は小学生の子たちも親と一緒に沢山参加しており、日本の事が大好きだと伝えてくれました。玉露もとてもおいしい!ニコニコしながら伝えてくれました。

 

ルーマニアはテレビや漫画など、ルーマニア語に訳されず英語表記が多いので子どもたちは英語を普通に話す事ができるそうです。

 

昨日、ルーマニアよりリバプールに戻りました。

今週末は、英国内マンチェスター市でのDokiDoki日本祭りです。

昨年は、煎茶道デモンストレーションとお着付を行いましたが、今回は土日共に煎茶道のデモンストレーションを行います。 

9月17日日曜日は、北西部日英協会が毎年お花見をするカールズストンパークという所でイベントがあるそうで、急遽、そこでのデモンストレーションの依頼を受けました。

本日、zoomでミーティングをしました。明日は現地へ出向いて詳しい打ち合わせとデモンストレーションの場所を確認しに行きます。 

9月はイベントが続きますが、体力保持して煎茶道の素晴らしさをお伝えしたいと思います。

頑張ります!

 イベントでは、ルーマニア人が行う裏千家のお抹茶手前がありました。そのメンバーのお一人(男性)は、煎茶道のお点前を見学し、所作や動きに感動し、沢山の感想を述べてくれました。

ヨーロッパ中で、煎茶道の魅力を感じる方は本当に大勢いらっしゃると思います。

日本の精神性を茶道(お抹茶)に見出して、お稽古をされていると思いますが、煎茶道に出会っていれば、茶葉を日常生活にも取り入れやすく、日本の心を煎茶道を通して感じ、お稽古をしていきたい!と思う方が沢山おられると思いました。 

煎茶道の心と日本文化は、もう少し静かに落ち着いてお伝えしていきたいと思いますが、多くの方に小笠原流煎茶道を知ってもらうには、イベントで沢山の方の目に触れるというのも大事だと思っております。 

小笠原流煎茶道の発展と、日本のお茶農家さんが沢山茶葉を輸出してけます様、沢山の事を願いながら、こちらでの活動に励みたいと思います。 

長くなり、失礼しました。 

室岡久美子


室岡先生、4日間続けてのイベントお疲れさまでした。気温35度の中、点前披露に試飲会、着付けまでも実施されて感服の念を覚えます。在ルーマニア日本国大使館公邸でもデモンストレーションをしていただけ、植田浩大使はじめ、皆様にも美しい日本茶文化をご覧いただけ、喜ばれたことと思います。イギリスにお帰りの後、すぐにマンチェスター市でのDokiDoki日本祭りや翌週にはカールズストンパークでも煎茶道のご依頼を受けられているようでうれしい限りですが、ご無理されないようにお願いいたしますね。ヨーロッパでも玉露や日本茶が人気になっていることや日本文化に興味を持たれる方が増えていると聞きます。デモンストレーションでも、きっとご主人様の煎茶道の解説や現代における煎茶道の必要性などのお話に共感していただける方も多いのではと思います。

ご遠方でのご活躍を同門一同とてもうれしく拝見しております。
引き続き、ご活躍を応援しております!