芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 青峰会

2月26日(日)は福岡、鎌倉、神戸、宝塚で小笠原流煎茶道の煎茶席が開催されました。

神戸生田神社での兵庫県慈善茶会の様子は小笠原流煎茶道FBでもご覧いただけます。
https://www.facebook.com/ogasawararyusenchado/?hc_ref=PAGES_TIMELINE

宝塚の清荒神清邦文化会館でも青峰会恒例の春風の宴が開催され、多くの皆様にご来場いただきました。

IMGP8129

本席の様子 文思棚点前

IMGP8052 (3)

今回のテーマに合わせて作っていただいたお菓子は「春告鳥」
可愛らしく、開けてびっくりの美味しいお菓子は大好評でした!

IMGP8091

床は竹林の野点風景。中国文人煎茶趣味の解説の中、ほうじ茶を火鉢で焙じたその香りは部屋中に広がり、お客様にも喜んでいただけました。

IMG_3361 (2)

正客定めは喜報早春 今回の茶会のテーマは「春の訪れを愉しむ」です。

IMG_82921

誠心誠意、心を込めて一日頑張りました。
お客様からもたくさんのお褒めの言葉をいただき、有難く、とてもやりがいのある会となりました。

神戸女学院大学小笠原流煎茶道部と関西学院大学煎茶道部、西宮北口教室合同で行いました。
IMG_0395


煎茶会に興味津々の方も多く、たくさんのお客様に煎茶道についてご紹介することができ良い機会となりました。

IMG_0690


天気予報がはずれ午後から小雨が降り出し、何度が中断されましたが、心ひとつに頑張りました。
部員さんたちのこれからのご活躍がとても楽しみです。

IMG_0639


本日は大学で「和」についての講義をいたしました。

日本の和の精神を一煎のお茶から学び取ります。

DSC00037



とても意識の高い学生さんはじめ関係者の方々がお集まりになりました。

IMG_7684



実際に煎茶点前をご覧いただき、所作の意味から心配り、そして和の精神などについて説明。

参加者からは「香りや音、姿勢の美しさを感じました」という感想もいただきました。


DSC00038

これからの時代に忘れてはならない幸せの見つけ方や大切な心構えを感じ取ってもらえれば嬉しいです。



スライドでは様々な花の種類や取り合わせの意味などを学び、おもてなしの心の奥深さに感心していました。


IMG_7513



5年生の子たちも花と真剣に向き合い、集中して上手に生けてくれました。雅題は百寿大福です!

IMG_7538



翌日の4年生も花を大切に扱って、とても上手に生けてくれました。

IMG_7557



最後は色鉛筆で花形を描き、あっという間の2時間でした。

IMG_7525

パリ在住の同門会員から、シャンゼリゼ通り前で行われたパレードのときの写真を送っていただきました。

皆さんがそれぞれにパリでご活躍されていますが、時には仲良く集まられるようです。

9月のパリ、リヨン、フュッセン茶会ではお三人はじめ、スイス・ローザンヌからやドイツ・ミュンヘンからも合流されますので皆さんにお会いできますことが今から楽しみです。

写真右のフランス人の彼は9月ヨーロッパミッションに向けて事前に日本で1か月お稽古にもいらっしゃいます!

世界に向けて、小笠原流煎茶道の和は広がっていきますね!

IMG_6518

↑このページのトップヘ