芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 青峰会

12月2日は神戸女学院大学の小笠原流煎茶道部の学内手作り茶会がありました。
IMG_0117 (2)
学内にある洋館をお借りしての茶会
IMG_0147 (2)
テーマはオズの魔法使い。部員さんたちが力を合わせ準備されました。
IMG_0085 (2)
ご家族やお友達をお誘いしての楽しいひと時
IMG_0072 (2)
物語に合わせて、お菓子も懐紙もこだわって演出されていました。
IMG_0057 (2)
正客定めは平安長春 どれもインスタ映えしますね。
IMG_0170 (2)
部員のみんなで協力して手作り茶会をつくられました。雰囲気の良いアットホームなお茶会でお客様にも喜んでいただけました
女学院の皆様おつかれさまでした。

11月23日兵庫県立美術館 原田の森ギャラリー別室にて着物と和文化を愉しむイベント「和を愉しむ日」が開催されました。
IMG_0064 (2)
青峰会メンバーが茶具台の煎茶席を披露されました。
IMG_0065 (2)
煎茶席のほか、着物ファッションショーやお米講座や水引の講座もあり、たくさんのお客様でにぎわっていた様子です。
IMG_0066 (2)
今回は青峰会メンバー数名で煎茶席を頑張ってくださいました。お客様にも大変喜んでいただけたようです。
自分たちにできることを一歩ずつ進めていくことが何よりも大切なことですし、煎茶道文化の普及に繋がります。嬉しいご報告ありがとうございました。



神戸生菓子経営研究会の講習会に参加させていただきました。
神戸生菓子経営研究会とは、神戸市、阪神間の和菓子店及び菓子作りに携わる関連会社の担い手さまの研究会です。阪神間の和菓子屋さんもあり、日頃からお世話になっている皆様です。
IMG_0009 (2)
お茶の稽古や茶会にももちろん和菓子は欠かすことが出来ませんし、和菓子目当てのことも少なくありません
煎茶道における和菓子の意義や、和菓子に対する想いなどをお話しさせていただきました。
IMG_0022 (2)
その後、煎茶会体験を通して、礼作法や菓子の取り扱いなども体験していただきました。
煎茶会にお客様として参加していただき、主菓子の重要な役割を改めて感じていただけたのではないかと思います。
これからも素敵な和菓子をつくってください!

いよいよ冬将軍の到来といわれいますが、関西学院大学では活気にあふれた学内手作り茶会が開催されました。
IMG_8972

IMG_9053 (2)
茶会のすべてを自分たちで企画し、様々な趣向を凝らしてお客様をおもてなしいたします。
IMG_8984
テーマは「大正浪漫」一つ一つにアイデアと心を込めた煎茶会でした。
IMG_9125 (2)
今回のお菓子は「大正浪漫」を代表する画家・竹久夢二の絵によく登場する黒猫がモチーフ。猫の足跡も添えて可愛らしく演出。
IMG_9024 (2)
部員のご家族や卒業生、お友達を招いての内輪のお茶会でしたが、部員さんたちの情熱と細やかな心配りには感心いたしました。こちらもこれからが楽しみです!


今週の幼稚園 和の心では楽しい絵本から「家族の和」を学びました。

IMG_8937 (2)
おうちで家族のリーダーやそれぞれの役割、家族の和(チームワーク)について考えてみました。
「ぼくもお父さんとやってみたい」「家族みんなが一緒だから楽しそう」
家族それぞれが忙しく孤食の時代といわれますが、家族そろっての楽しい時間は子どもたちにとって何よりも幸せな時間なのですね。
IMG_8947 (21) - コピー
和菓子「錦秋」の絵も上手に描いて、「ちょうだいいたします!」
今年の「和の心のじかん」も、あと数回となりました。子供たちの成長が楽しみです。



↑このページのトップヘ