煎茶道便り「日々是好日」

関西を拠点に、日本各地・海外において小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する 『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 盛り物

日時 令和5年1217()

場所 大阪大学微生物病研究所

催事名 第27回微生物病研究所美術展

 増田盛り物

写真はまだ前日の準備段階のものですが、実行委員会賞をいただきました。

所長賞が4,5点、実行委員会賞は1点でした。

葉が散らばってますが、実物はそんなには(笑)

他にはもちろん絵画、写真、手芸品、映像、顕微鏡写真など色々な出品がありました。

花材は、あるものでいたしました。 

増田秀涼
増田先生、ご報告ありがとうございます。天仙の寿での実行委員会賞ご受賞おめでとうございます。
仏手柑などを使う文人華は、言祝ぎの意味もあり喜ばれたのではないでしょうか。
また機会ありましたら是非ご出展してください。
大阪支部の益々のご活躍をお祈り致します。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

めずらしく花屋に梨の枝が一本だけあったので…
白居易の長恨歌より「梨花一枝春帯雨」雨に濡れる白い梨の花が寂し気な楊貴妃のよう・・。IMG_5823


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

2学期最初の授業は5年生の文人花です。
IMG_4780
学校で育てたかわいらしい瓢箪も使いましょう。
IMG_4786
花を生けるのが初めてという子が多いので、花を生ける基本から。
IMG_4805
百寿大福…立派な花材が用意されました。
IMG_4785
無心とは……子供たちは真剣に花と向き合っていました。
花に命を吹き込み、花に願いを託す文人花は子どもたちの心にも響いたようです。
IMG_4794
画題と名前を書き、その後、花型をスケッチします。
持って帰ってお家で生けるのを楽しみにしてくれました。

そういえば、お稽古のときにスケッチされる方少なくなりましたね。。。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

今月は煎茶道には欠かすことのできない文人華講座です。IMG_1797 (2)
文人華の成り立ちから歴史、季節の雅題などを学びます。
IMG_4744 (2)
講義のあとは、それぞれに花を生けます。
今回の画題は「百寿大福」
それぞれにバランスを考えながら上手に生けていただきました。
IMG_4760 (2)
昨夜、フランスから戻ったユルポーさんも積極的に参加!
時差ぼけにも負けず、頑張りました
人が生けて完成した作品を眺めることが多いのですが、生けてみて初めて感じる難しさ、空間の使い方、バランスなどを体感して頂きました。
文人華は奥深いもてなしの花だけに、ご自宅でも是非迎え花としてお使いいただけると嬉しいです



小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道


スライドでは様々な花の種類や取り合わせの意味などを学び、おもてなしの心の奥深さに感心していました。


IMG_7513



5年生の子たちも花と真剣に向き合い、集中して上手に生けてくれました。雅題は百寿大福です!

IMG_7538



翌日の4年生も花を大切に扱って、とても上手に生けてくれました。

IMG_7557



最後は色鉛筆で花形を描き、あっという間の2時間でした。

IMG_7525

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ