芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: その他

こんにちは、最近暖かくなってきて過ごし易くなってきましたね!
事務局では飾られるお花が変わって来て春の訪れを感じています

先日かわいいお菓子をいただきました
もみじと桜とうさぎのお干菓子です
もみじと桜は水を一切使わず寒梅粉と山芋と砂糖で作られているそうです。
今までお干菓子というものをあまり食べたことがなかったので見た目の美しさに癒されました
うさぎのお菓子は甘い和三盆でコーティングされていて中はサクサクとした炭酸せんべいのような食感でした!
かわいいので食べるのが勿体ないですが少しなら日持ちもするようです。

IMG_0944

仕事の合間の一服に丁度良い甘さでした。
見た目もすごくかわいいのでお稽古おわりなどに頂くのも良いかもしれません
お持ち下さった先生方ありがとうございました!

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

いつもお稽古お疲れ様です。
お忙しい中足を運んで頂き、優しいお言葉を下さったりといつもありがとうございます。
先日へそくり餅というお菓子を事務局で頂きました!

IMG_0733

「へそくり餅」って珍しい名前のお菓子ですよね!
中に何が入っているのか考えながら頂くと良いそうです
白いお餅で出来た生地の中にシロップ漬けされた甘い金柑が入っていて、果実本来のすっぱさと砂糖の甘さとお餅のもちもちの食感を感じながらこれは、、、お宝かな?と思いました(`・ω・´)

実際の名前の由来は調べてみたのですが、ホームページには記載されていませんでした。。。
真実はわかりませんが、金柑を食べるのも久しぶりで初めて食べたのですがとても美味しく、一休みすることが出来ました^^*
ありがとうございました!


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

京都への文化庁移転に伴い、「生活文化・国民娯楽の多様性と継承」と題しフォーラムが開かれました。社会環境やライフスタイルの急速な変化にともない、関係団体において現状や課題を共有するものです。
熊倉功夫先生の基調講演のあと、分科会での熱い意見交換が行われました。
IMG_0034 (2)

茶道、華道、囲碁、将棋、等々関係団体が抱える課題を共有し、文化の継承や発信、地域連携のあり方について検討しました。
IMG_0036 (2)
進化続ける文明に合わせるのか、伝統を崩さない姿勢を守るのか、守りたいから合わせるのか…活発な議論がなされましたが、BESTな答えは見つかりません。

発信する側が、その文化をよく理解し、熱意をもって伝えることが大事で、受け取る人にとっては、日本文化の良さを知ることで心の支えになることや、暮らしに生きがいをもつことや新たなコミュニティを愉しむことになるかもしれません。

だから、自らが楽しんで熱くお伝えする。ただそれだけです。

「昔の時代の文化だから」「床の間もないから」と、伝える側がグローバル化という波にのまれて、伝えることをSTOPすると、日本という風土で育まれた我々の「精神性」や「日本人らしさ」という言葉もそのうち無くなってしまうかもしれません。

和食や茶や盆栽と海外のほうが日本文化のすばらしさに気づいているのかもしれません。日本文化を教える海外の先生たちは日本文化のすばらしさをいつも熱弁されていますものね。
今回のフォーラムは文化庁主催の初めての開催でしたが、本当に文化の継承について検討していくのなら定期的な開催と共に各文化関係団体の発信意識の共有が必要かと思いました。
様々な意見や具体案なども伺えて、大変勉強になった一日でした。



小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

松風庵の片隅に栽培していた稲に花が咲きました。
伊勢からいただいた苗をプランターに小さな田んぼをつくり植えていました。
稲の花は天気の良い日の午前中に2時間ほどしか咲かないので見られてよかったです。
平均より少し遅くに、ほんの少しの開花ですが嬉しく思います。今後も事務局で見守ります。IMG_8340 (2)


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

今年は広島で夏季大学が開催されました。
前日には地元2流派による歓迎茶会と各流派揃っての懇親会です。IMG_6411
黄檗山万福寺近藤博道猊下のご挨拶では煎茶道の今後の展望について触れていただきました。
IMG_6418
翌日、第1講目は頼山陽史跡資料館主任学芸員の花本哲志先生
儒家であった頼家に伝わる祭祀で使用する煎茶や菓子の数々、尾道の豪商橋本竹下宛の手紙など解説いただきました。
雅致のある煎茶を愛した山陽のことばは会場の煎茶人たちにも響きました。→参加された方に聞いてください。おもわず絶句します。
IMG_6420
第2講「煎茶の工芸」日本煎茶工芸協会の井上春峰先生、三木啓樂先生
陶磁器の発展から作品つくり、三木先生は漆器や漆について詳しく教えていただきました。
IMG_6423

昨年の沖縄に続き今年は広島と、夏季大学は全国各地で煎茶に纏わる周辺文化の勉強が出来て素晴らしく思います。ご興味ある方は是非ご参加をお勧めいたします。
来年は愛知支部3流派が担当してくださり国宝犬山城を望む犬山観光ホテルでの開催の予定です。
鵜飼に鮎、楽しみですね!


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ