芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: お稽古日記

水巻支部各教室では、冷茶点前のお稽古を楽しんでいます。が、連日の猛暑の中、拙宅で数名の教授者が「比翼棚風呂瓢杓」(碗筒)のお稽古に励みました。

IMG_5902 (2)
 
床は「三秀」の盛物、正客定めは「時季の花」を愛でながら、釜の湯で美味しい一煎に心癒され、暑さも和らいだお稽古でした。
IMG_5884 (2)
IMG_5888 (2)
盛物:三秀 正客定め:時季の花
DSC_0389 (2)

水巻支部の皆さま、お便りありがとうございました。今年の夏は猛暑や台風と大変でしたが、お写真を拝見していると、そんなことも忘れさせてくれますね。
次は唐津でのお茶会ですね。お目にかかれますこと楽しみにしております。


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

本日は関東総支部の教授者研修会です
午前の部はお家元の講話から露地や席入りなどの稽古となりました。IMG_1020(1)
露地の意味合いから細かい作法などをしっかりと復習しました。
IMG_1036
正式な席入りのあとは、縁高の復習です。
IMG_1042
午後の部はふくべ棚点前。御仕覆の扱いは何度も行いました。
関東総支部も今年たくさんのお茶会を予定していますので今日のお稽古を各支部に持ち帰り、各教室でお稽古していただきたいと思います
関東総支部の皆様、長時間お疲れさまでした。お茶会でのふくべ棚のご披露楽しみにしています


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

12月初めのたしなみ茶論は小笠原流煎茶道の五か条の講座でした。
和の心・大人のたしなみと題し、大切な心構えをゆっくりと紐解きました。
・私たちは、なぜいつも末広を持っているのか?
・五か条が意味するものは?
・誠や恥や心とは?
同門者には欠かすことのできない五か条ですが、’知行合一’ 知っているだけではなく実践しなければ意味がない奥深いものなのです。もちろん、この五か条は自分次第で人間力を磨くことが出来ます。
だからこそ常に忘れないように…
待ち合わせのときにはスマホではなく、三階菱の末広を広げてみるのもよいのでは?
IMG_0045 (21)
講座後の点前もみなさん上手になりました。
IMG_0103_Moment (2)
今回のお菓子は、まめまめしく旬の丹波産黒豆、中には赤隠元をいれていただきました。
美味でした!
今年の茶論も千秋楽 来年1月は初煎会のため休講。2月2日からとなります








小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

夏休みを利用して着付けの講座をしました。
小笠原流煎茶道部では卒業までに自分で着付けができるように覚えていただきます。IMG_6376
この日、参加の男子は全員が一日でマスターしました。(要自主練です)
IMG_6379
もちろん、着物や袴の畳み方までバッチリです。
IMG_6383
女子は2週に渡り、潤子先生に教えていただきます。
着物の基礎知識から着付けのコツ、髪のまとめ方まで女性は大変ですね。
秋の煎茶会に向けて関西学院大学のみなさんも頑張っています




小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

小笠原流煎茶道の教室体験にいらした方から嬉しいメールをいただきました

「おけいこでお忙しい中、貴重なお時間を割いて頂きまして

誠にありがとうございました。 

伺ってみて本当に良かったです。

また入門をお許し下さったことに心より御礼申し上げます。

 

年なぜだかお煎茶に対する想いがふつふつと沸いて参りました。

そのことをお伝え申し上げました時

「それは嬉しいです!」と言って下さったことで、今までの迷いが一気に

吹き飛びました。

私こそ、いいお出会いをさせて頂きましたこと、嬉しすぎて眠れそうにございません。 

私も仕事柄、講義をする機会が多く、人に教えることの難しさやストレスは日常的に感じております。

先生のお教えは、一切の澱みなく、明確で分かりやすく、お優しい口調では

ございますが時に厳しく・・・・・しかしながら笑顔でいらっしゃいます。

厳しいご修行に裏打ちされたお教えは、ご教授頂く者にも深く響きます。

  ~略~

教室の皆さんが楽しそうであること、また自分も楽しいことは、おけいこを始めさせて頂くにあたり最高のモチベーションでございます。 

~略~

お点前を覚えるのも大変でございますが、どうぞ気長に宜しくお願い申し上げます。 

お稽古でお疲れのところ、長文のメールで恐縮でございました。

本来ならばお手紙にて御礼申し上げるべきところでございますが、

便利な文明の力をお借りすることも、また現代風の煎茶道かと。

季節の変わり目はなにかと不調なことが続きますが、なにとぞ

ご自愛下さいませ。

本日は誠にありがとう存じました。

「お煎茶の神様」がいらした稽古場でございました!!
感謝です。


文面にもありましたが今月から入門されます!
煎茶道の魅力ってたくさんありますから、一度の体験だけではほんの一部しかお伝え出来ないかもしれません。しかし教室の雰囲気や先生の熱意などから、大きななにかを受け取ってもらえているのですね。

せっかく体験にいらした方が「お点前がややこしそう」と思われるだけでは残念です。
教室のみなさん全員で温かくお迎えいたしましょう
IMG_7874






小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ