芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 同門の声

幼稚園で保護者を招いての夏のフェスティバルがありました。

丁度、同じ時期に英語グループによる各国の文化を紹介する“マルチカルチャープロジェクト”を行っていたので、ホールのコーナーに日本の着物を展示しました。
ホールでの展示1
ホールでの展示2

70423726_383163238978203_2531359179147313152_n
私は着物を着用し夏のフェスティバルに参加しました。
その時に、何人かの園児に実際に着物を着てもらいました。


 今週からは、お箸体験(お豆をお皿に移す)、折り紙、書道体験もしております。

幼稚園は、ドイツ北西Jülich(ユーリッヒ)にある国立中央研究所内にある幼稚園です

幼稚園のホームページ https://kleine-fuechse.de/

ホームページ内のスタッフ https://kleine-fuechse.de/team/

 

幼稚園は研究所内にありますが、デューレン市の管轄になります。

園児(学童含め)127名スタッフ30名のドイツでは大型幼稚園です。

大型園なので、ハウスとう呼び名で分かれており、その中にさらにクラスがあります。

研究所内にあるためその特色を出して、幼稚園内は実験をする部屋などもあります。

 

私は英語グループに属しており、アメリカ人、アフリカ人、日本人の3名が各ハウスに分かれて子どもたちと英語で接してバイリンガル教育を行っております。

以上、ありがとうございます。
ドイツでは日本茶の人気が高く、しかも砂糖やフルーツなどを入れない高級緑茶が好まれているようです。
室岡先生はドイツの幼稚園でも日本文化から大切な心をお伝えされています。異国の地で日本の文化を伝えることは大変なことですが、益々のご活躍を期待しております! 
また、お子様たちが日本茶を楽しんでいる様子もお待ちしておりますね!





小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

8月4日(日)神戸ベイシェラトンホテルで恒例の家元教室懇親会が開催されました。
IMG_4428 (2)


IMG_4390
家元ご挨拶 
IMG_4442
家元嗣の乾杯
IMG_4412 (2)
教室ごとの紹介  今年は甲南教室の皆さんが担当くださいました!
IMG_4419
名札から煎茶道に因んだビンゴや景品、お土産まで細やかなおもてなしに一同喜ばれていました。
IMG_4420 (2)
当たる時には一気に!日頃のおしとやかな茶会での様子とは違い……
IMG_4433 (2)
甲南教室からのお土産 甲南漬け!早速美味しくいただきました。

毎年、教室ごとに色々な企画を作っていただいています。
来年は梅田産経教室です。今から楽しみにしています。
さあ、今年の後半も楽しく活動いたしましょう。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

4月20日 松風庵にて全国支部長会が開催され各地から支部長にご参集いただきました。
家元はじめ、各地区での近況報告などがあり、それぞれに活発な活動の様子が伺えました。IMG_0129
国内での記念行事や海外での展望、インバウンドやネットについての話もあり、時代に沿った形での展開が検討されました。
IMG_0139

青峰会の活動報告もあり、次世代の活躍を皆さんが楽しみにしてくださっています。
まもなく、「平成」も静まり「令和」へと。
時代は変わっても一煎のぬくもりを味わえるように、小笠原流煎茶道では一人一人が和の精神を大切に、麗しい時代の作り手となれるように精進して参ります。


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

 九州 水巻支部で初稽古の様子のお便りをいただきました。

 IMG_6111

床の間 軸 「話盡山雲海月情」  盛物 百事大吉

この一年皆さんが、ごく自然のままで和気あいあいと心を尽して、お稽古に励むことを願って総裁先生の書話盡山雲海月情を掛ました。

 DSC_0810

 お稽古風景 初稽古で身が引き締まっています。
DSC_0808

 集合写真

IMG_6130

 お食事です。 

                水巻支部 金谷 秀信

お便りありがとうございます。教室の皆さん揃っての初稽古は楽しいですね。昨年を振り返ったり、今年のやりたいことをお話したりと、まさしく楽しいお話は尽きないのでは
初稽古では「何のためにお稽古しているのか」自分が煎茶道の稽古を始めた初稽古の日を思い出し、今の姿と比べてみることも大切です。
日本では1月のことを、一(はじめ)に止まり考える月なので正月といいます
「お稽古を続けどうなりたいと思っていたのか?」〇年前のあの日の初心を忘れることなく、ますますのご活躍をお祈りしております

お点前は今年のお披露目と同じ貴承棚ですね。お弁当の奥のおかずが気になりました


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

芦屋教室の沼野先生の取材記事をご紹介します。
ビジネスの世界でも根底には人を思いやる心や、美への感受性、和合の精神という煎茶道での学びが身についているかどうかで大きく違います。
日本文化を再発見し、その学びをビジネスの場で生かすことは今後ますます注目されることでしょう

どうぞご覧ください
煎茶道×ビジネス×テクノロジー」を融合した新しいライフワークをされている、沼野利和さん 
           
https://note.mu/ytomari22/n/n0e332d4d36b4?fbclid=IwAR0Owo8ZMsFUdiIGWQeZgayfWx_zbzoZnoCz-lfSU1hTB8odTS89UnCj9mk

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ