芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 事務局便り

1月4日から本部事務局は仕事始めです
毎年の仕事始めは、門標の焼き印からはじまります。
IMG_2742
集中して心を込めて、そして集中して…お顔も浮かべて
瑞峰庵はいい香りで包まれています
焼き印の様子です。 https://youtu.be/X-0p2YSh_OM 
新教授者のみなさん、初煎会では落ち着いてお点前頑張りましょう
さて、来週からはいよいよ初煎会の準備です。関西総支部のみなさんもお手伝いにお越し頂けます。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

今年最後のお仕事日は正月花の生けこみや教室まわりの掃除です。
一年間の感謝を込めて窓ガラスや畳、台所などなど綺麗にしました
また正月初煎会にはたくさんのご予約をいただきありがとうございました。
来年の初煎会は久しぶりの宝くじもあります
特賞もあるそうです
お楽しみに
今年一年間ありがとうございました
それでは、みなさまにとりまして佳いお年をお迎えください
IMG_2671




小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

IMG_1208 (2)
山野草や盆栽の話をしていましたら、川西支部の方からムサシアブミ(武蔵鐙)「サトイモ科」をいただきました。
ちょうど、花茎を立てて棍棒状の肉穂花序をつけています。花茎は鎧状の仏炎苞に包まれた珍しい花です。秋にはトウモロコシのような果実が赤く熟すようですが、有毒なので食べられないようです。
IMG_1209 (2)
不思議な花は眺めているだけで時間を忘れてしまいます。


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

こんにちは、最近暖かくなってきて過ごし易くなってきましたね!
事務局では飾られるお花が変わって来て春の訪れを感じています

先日かわいいお菓子をいただきました
もみじと桜とうさぎのお干菓子です
もみじと桜は水を一切使わず寒梅粉と山芋と砂糖で作られているそうです。
今までお干菓子というものをあまり食べたことがなかったので見た目の美しさに癒されました
うさぎのお菓子は甘い和三盆でコーティングされていて中はサクサクとした炭酸せんべいのような食感でした!
かわいいので食べるのが勿体ないですが少しなら日持ちもするようです。

IMG_0944

仕事の合間の一服に丁度良い甘さでした。
見た目もすごくかわいいのでお稽古おわりなどに頂くのも良いかもしれません
お持ち下さった先生方ありがとうございました!

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

いつもお稽古お疲れ様です。
お忙しい中足を運んで頂き、優しいお言葉を下さったりといつもありがとうございます。
先日へそくり餅というお菓子を事務局で頂きました!

IMG_0733

「へそくり餅」って珍しい名前のお菓子ですよね!
中に何が入っているのか考えながら頂くと良いそうです
白いお餅で出来た生地の中にシロップ漬けされた甘い金柑が入っていて、果実本来のすっぱさと砂糖の甘さとお餅のもちもちの食感を感じながらこれは、、、お宝かな?と思いました(`・ω・´)

実際の名前の由来は調べてみたのですが、ホームページには記載されていませんでした。。。
真実はわかりませんが、金柑を食べるのも久しぶりで初めて食べたのですがとても美味しく、一休みすることが出来ました^^*
ありがとうございました!


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ