芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 講演会・講習会

11月9.10日沖縄にて講習会が開催されました。
IMG_5078 (2)
昼食時風景 沖縄は28度あり、まだまだ温かく単衣でもよさそうです。
IMG_2303 (2)
来年、沖縄から3名がお披露目されますので比翼棚の稽古です。
IMG_5070 (2)
五か条や稽古の意義について学びました。
IMG_2331 (2)
歩き方からの基本動作や和室での振る舞いを復習しました。
IMG_2314 (2)
訪問の心得、お客様の招き方などの稽古です。

今回も、いつものように沖縄総支部の皆さんは笑顔で温かく迎えてくださいました。
しかし、先日の首里城火災もあり、沖縄の皆さんの心は、今、大きな喪失感とともに大変悲しみに暮れていらっしゃいます。毎日当然のようにそこにあったものが無くなり、宝が焼け落ちる姿を見るのはとても辛かったかとお察しいたします。
支部員の方から「落ち込んでいる沖縄の方々を元気づけたいけれども、何かできないだろうか」というお声もあり、一緒に検討していきたいと思います。
そんな時ではありましたが、なんとか気持ちは上向きに!という心持ちで乗り越えていかれると信じております。首里城の一日も早い復興を願っております。
今回の講習会も充実の2日間となりましたね。沖縄の皆さんの今後に期待しております!


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

8月31日より9月5日まで中国総支部講習生の講習会が開催されました。
IMG_4718 (2)
煎茶道の理念、所作の意味など、毎日家元の講義からはじまります。
IMG_4725
座礼、立礼に分かれ、それぞれが点前の稽古に励みます。
IMG_4734 (2)
各コースの講習生たちと集合写真。
中国、台湾、香港からも集まりました。連日のニュースでは難しい外交問題が取り沙汰されますが、煎茶文化、そして同門の和合の心で一つになれます。
なにかと難しいことで悩まれている世の人々にも煎茶を飲んでいただき、心の目を醒ましてほしいものですね。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道



🍵
ご案内です(^.^)(-.-)(__)

おかげさまで、この度、小笠原流煎茶道沖縄総支部は創立55周年を迎えることとなり、当流家元 小笠原秀道氏による「『喫茶』が『煎茶道』と呼ばれるまで」と題し記念講演会、及び献茶式・記念茶会を開催する運びとなりました。

まだまだ厳しい暑さが続くこの長月、菊月ですが、感謝を込め心を込めてお茶をさしあげたいと思います。和菓子は四季彩さんより。また当日は、小笠原流煎茶道同門でもある、松本料理学院長 松本嘉代子先生監修のおしのぎ(お弁当)を用意しております。

日時〉9月29日(日)
10:00 献茶式
11:00 家元講演会
12:30 記念茶会
場所〉 沖縄県護国神社
チケット〉 5,000円

ご参加お待ちしております(^.^)(-.-)(__)
沖縄総支部一同
70235772_2325872620859288_3933949524967424000_n

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

令和元年6月29日30日と福岡において家元嗣講習会が開催されました。
今回は四季折々の話しとして土用や盆について勉強しました。IMG_0927 (2)
IMG_0892 (2)
IMG_0921 (2)
ご参加の皆さんは真剣に勉強されました。
IMG_0938 (2)
続いて潤子先生から青少年事業についての報告です。
IMG_0932 (2)
子供たちの可愛らしい様子に会場も和みました。
IMG_0953
午後からは点前実技指導です。
器局点前の細やかな所作、茶席内のお話しや床の間、文人華などについて勉強しました。
1日5時間を2日間に分けてしっかりとお勉強できたのではないでしょうか?
煎茶道の可能性や奥深さを学ぶことは、日頃の疑問も腑に落ちて、稽古が一層楽しくなるのでは?
今まで見えていなかったものが見えるようになれば、より有意義で前向きなお稽古となります。
講習会を終えてたくさんの歓びのお声をいただき嬉しく思います。
中学1年生から熟練者まで(^^
 天候不安の中、ご参加いただきありがとうございました。
また次の機会にお勉強いたしましょう。




小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

家元本部では6月に入ってからも連日各地区からの稽古が続いています。
山陽地区から関西各組、この日は沖縄からのお稽古

IMG_4015
畳での振る舞いから別伝点前まで。熱心にお稽古されていました。
沖縄では引き続き、行事がたくさん予定されています。
秋の総支部設立55周年記念に向けてみなさん励まれています。

IMG_4028
この日は山陰地区から。
比翼棚風炉瓢杓点前の細やかな動作や意味合いなどお勉強されました。

家元本部での稽古は、点前、童子、客、そしてお役の無い時には見取り稽古を熱心にされています。
時間を惜しんで稽古される姿勢には美しいものを感じます。



小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ