芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 講演会・講習会

 山陰地区に引き続き、山陽地区、関東地区、沖縄地区の皆さんが合同研修においでになりました。
3地区合同の茶席なので道具の取り合わせから役割について綿密な打ち合わせをされていました。 
IMG_1231
それぞれの地区は離れていますが、リハーサルでは上手に合わさり日頃から一緒にお稽古されているかのようでした。
IMG_1252
細かい所作を再確認し、より美しく、より心を込めておもてなしの稽古が続きます。
IMG_1260
各地から泊りがけでご来庵いただき、一日中熱心なお稽古が続きました。
お疲れのこととお察しいたしましたが、「次は100周年でお会いできますね♪」 「とっても楽しみです♪」と、それぞれがなごやかに、そしてさわやかな表情で帰路につかれました。
ご遠方でのお稽古はご家族様や会社、そしてまわりの方々にも多大なお世話を頂いたことと思います。そのような感謝の気持ちを忘れずに今回のお稽古を是非100周年に生かせて素晴らしい茶席を期待しております!

本日は山陰総支部の皆様の研修会。早朝より貸し切りバスでお越しになりました。

先日の九州総支部につづき、両勝手点前の稽古です。IMG_1200

IMG_1209

地元でも何度も稽古を重ねられており、既に息の合った茶席の様子でした。

IMG_1221

IMG_1229

  おひとりお一人が真剣に取り組まれ、100周年に向けての意気込みを感じます!10月には恒例の松江城山茶会なども予定されており、秋のお茶会シーズンはご多用の様子ですが、100周年記念では皆様の素晴らしいお茶席を期待しております。

14102251_1818262158404111_2558495375193624569_n[1]

9月9日(金)から9月11日(日)まで日本橋三越本店茶室“受庵”で『子どもが急須で淹れる美味しいお茶体験』
が開催されました。

IMG_6209

ご自宅から消えつつある急須ですが、お子さんに急須でお茶を淹れていただき、ご家族の方とお菓子と共に楽しんでいただく企画のようです。

IMG_6208

◆ご協力いただきました関東総支部の鈴木翠江先生  佐々木秀栄先生方ありがとうございました。

平成28年9月4日(日)100周年祝賀会での茶席リハーサルが開催されました。

お家元夫妻をお招きしまして、祝賀会茶会の「ひさご棚両勝手」点前の事前お勉強会を実施致しました。
IMG_3283 (2)


お点前・お運び・水屋等々の所作を細部に亘り、厳しくもあり、優しくもあり、同門ひとりひとりの心に響くご熱心な指導を受けました。 心からお礼申し上げます。

IMG_3302 (2)

 

祝賀会茶会に際しては、お家元夫妻様からの今日のお教えを胸に、同門一同、次の歴史に繋がる小笠原煎茶道をご披露することを誓った次第です。

水巻支部 金谷 秀信

IMG_3333 (2)

☆100周年祝賀会に向けて、各地区の同門会でリハーサルが行われています。お一人おひとりが責任感をもってお役をお努めいただいています。
同門の心を一つにして素敵な茶席になりますように♪今から楽しみにしております!!


8月27日(土)全日煎夏季大学・沖縄が開催され、沖縄総支部のみなさんが歓迎茶会を担当してくださいました。
全国から予想を上回るご参加をいただき、沖縄ならではの趣向を凝らした設えにお客様方も大変喜ばれていました。
IMG_0946

IMG_0933

IMG_0941

お菓子は「結」=「ゆいまーる」 仲良く心を結んでつながりましょう。という意味のようです。
琉球ガラスの菓子器にエメラルドグリーンをイメージした色合いがなんとも南国風。また、中には黄色いシークワーサーの餡でさっぱりとした味わいでした。何度も吟味をされ、心のこもったお菓子はお客様に大好評でした!

IMG_0981

IMG_1005

翌日の講演会には小笠原流煎茶道同門の松本料理学院院長の松本嘉代子先生が「琉球料理について」ご講演いただきました。沖縄の食材の説明から栄養分を活かせる調理法や取り合わせ、また沖縄に伝わる吉祥料理などもスライドを交えお教えいただきました。*後日、レシピも掲載していただけます。

IMG_0926

沖縄総支部の皆様、昨年の創流50周年から大きなイベントが続きますが一致団結された素晴らしいおもてなしをありがとうございました。
本土からの参加者一同心より御礼申し上げます。

↑このページのトップヘ