芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: お茶会

宝塚支部による市民茶会が宝塚の中山にある古鴨荘にて開催されました。IMG_7543
IMG_7522 (2)
素敵な中庭が覗け、茶席と共に紅葉も愉しめました。
IMG_7526 (2)
点前:比翼棚香羽点前 正客定:不老長春
IMG_7534 (2)
今日一日、沢山のお客様のご来席があったようです
IMG_7517 (2)
床軸は清水寺森清範管主の「無事」盛り物は「蘭秀芝英」

師走に入りましたが、最初の週末は小春日和となりました。宝塚の茶会会場まで季節の移ろいを感じながら心地よく歩を進められました。
中山寺の近くにある古鴨荘山下松涛軒は山下邸の個人宅をお借りしての開催だったようです。待合では抹茶席、本席では玉露席と年末ということを忘れてゆったりとした時間を愉しむことが出来ました。
今回は宝塚支部に関西有志の先生方もご協力いただいたようです。
席主の皆様、素敵なお茶会をありがとうございました

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

遠賀支部からお茶会のご報告を頂きました

遠賀町文化祭茶会のご様子です。

遠賀町文化祭茶会

お点前:抱月棚点前


お茶会の感想
 抜けるような秋空の中文化祭茶会が開かれ、教育長町議会議長、副議長をはじめ多くの方に御来席頂きました。毎年楽しみにこられる方、初めての方には日常とかけ離れた空間で静寂の中にも華やかさもあり、おいしいお茶を戴けたと大変喜ばれました。来年も皆様に喜んで頂けますように、精進して参ります。最後になりましたが中間支部の皆様にはご協力頂き感謝申し上げます。 


様々な年齢の方に楽しんでいただけるお煎茶の世界は本当に魅力的ですよね
お茶だけでなく、人との交流にも繋がるお茶会が色んな地域で行われていますので興味がある方はぜひ一度お問い合わせ下さい!


  
   

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

10月21日(日)
鳥取支部で行われた「伯耆しあわせの郷まつり茶会」の報告書が届きました

鳥取支部2
お客様にお茶をお出しするご様子
鳥取支部1
皆さん揃っての一枚。
お花もきれいに飾られていて素敵ですね
盛物:松鶴遐齢
正客定:百寿大福

お茶会の感想
 鳥取県中部地震から2年目の秋晴れの良き日、各地で福興祭などイベントがたくさんあり、お茶会に来て下さる方が少ないのではと心配しておりましたが、大勢の方においでいただき盛大に行うことができました。どのようにして皆様にお茶会を楽しんでいただこうか皆で考え、山や畑で花材を集め設営をしました。そして、当日は無事にお茶会ができることに感謝をし、皆が日々平和に幸せに暮らせることを願いながら心を込めてもてなしました。みんなで創りあげたお茶会。お客様の「煎茶、美味しかったですよ。」「どこの茶葉を使用されましたか。」とたくさんの声。とても嬉しくおもてなしの心に一歩近づけた気がしました。

これからも感謝の気持ちを忘れず、日々精進していきたいと思います。

皆さんで工夫して創り上げた茶会は最高のおもてなしです^^
そしてお客様から温かいお声をいただければ、大きな喜び・大きな励みになりますね
鳥取支部のみなさまの益々のご活躍をお祈りしております。



小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

1125日西宮神社にて雅遊の煎茶会を開催しました。

1.2席目は子ども席として、青峰会の潤子先生のもとでお稽古している小学生から中学生までがお茶会デビューとなりました。

IMG_7382 (2)

朝の集合では先生方と一緒にご挨拶

IMG_7393 (2)

床軸は三代家元書「一花五葉開」 盛り物「百事大吉」IMG_7460 (2)
菓子山茶花(桔梗堂)
IMG_7432 (2)
中一男子も袴姿でキリっと第一童子を務め、ご来賓の兵庫県芸術文化協会山本理事長からもお褒めのお言葉をいただきました
https://youtu.be/cW8IenWbtf4 →動画もどうぞ

IMG_7448 (3)
役目のはじめと終わりには水屋の先生方にもきちんとご挨拶します。
IMG_7496 (2)
午後からも茶席は続きます。「杭州棚雅点前真の飾り」
平成最後の雅遊の煎茶会も盛会裏に終えることが出来ました。
関西総支部 雅遊の煎茶会実行委員会の皆様、長期間のご準備ありがとうございました。関西総支部では来年度以降も新たな試みを通して、多くの方々に広く煎茶道文化に触れていただこうと考えていますので次のイベントをご期待ください


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

11月16日から18日に鎌倉建長寺にて「禅と茶道と鎌倉彫展」が開催されました。IMG_7030 (2)
11月17日は小笠原流煎茶道が茶席を担当
建長寺の得月楼の床には白浪先生の素晴らしい水墨画が描かれており、床には黄檗山達明前総長の「無心」の扇面と盛り物「高士清友」が飾られました。
IMG_2409 (2)
わざわざ、白浪先生が小笠原流煎茶道の茶席にご来席くださいました。この和紙は3.4m×5.7mと日本一大きいサイズで建長寺にある樹齢750年の柏槙をイメージされ、柏槙(龍)と月(珠)を表現した「柏龍戯珠」
月は宇宙の真理を意味しているとご説明いただきました。素晴らしかったです
IMG_2450 (3)
菓子は「唐松」玉露は八女の「秘園」お客様には大変ご好評いただきました。
IMG_7045 (2)
IMG_7102
茶入には100年ほど前の鎌倉彫四君子茶入・了知作。結界・茶合も鎌倉彫三橋鎌幽作と三橋先生のご厚意により煎茶道具に取り合わせをして頂きました。
IMG_7037 (2)
今回はお茶会デビューの方たちも多かったのですが、緊張の中にもそれぞれがお稽古の成果をきっちりと出されていました
IMG_7285
吉田正道老師(大本山建長寺管長)にも貴重なお時間をいただきお席入りくださいました。
今回は待合での古箏の演奏や珍しい文房飾りなど、文人趣味を演出した煎茶席の設えが面白かったことと、美味しい茶菓に茶席内の和やかな雰囲気がお客様に大変喜ばれました。

ご来席いただきました皆様、ありがとうございました
また担当してくださった同門の方々も早朝から有難うございました。
関東地区は続いて今週末、東京美術倶楽部で東京大茶会もあります!
頑張ってください

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ