芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: お茶会

平成最後の家元初煎会が5日間開催されました
IMG_8630 (2)
新教授者は点前の披露
     緊張感はピークに
          さぁ頑張って
IMG_8615 (2)
座礼席 今年は貴承棚点前
IMG_8606 (2)
立礼席 提籃点前 蝋梅の香りが部屋を包みます。
IMG_8681 (2)
懐石席美味しいお酒と料理に舌鼓  
IMG_8947
膳の受け取りからはじまり、千鳥の杯もきっちりと作法を覚えて臨みます。
IMG_8795
同門会優秀賞の表彰 今年度ご活躍の皆さんおめでとうございます
あと少しの方も3月末まで有効です
IMG_8696 (2)
お水屋の皆さま、早朝から一日お疲れさまでした。
ご褒美は宗家秘伝のあれです。

今年も小笠原流煎茶道は各地で様々なイベントを開催してまいります。
国内支部・海外支部問わず、まずは同門の皆様に煎茶道をより楽しんでいただきたいと思っています。
そして皆様と共に、たくさんの素敵な思い出が作れますように今年も頑張りますので、よろしくお願いいたします



青峰会主催「春風の宴煎茶会」のご案内
今年で春風の宴も20回目となりました
煎茶道がはじめてで不安 
正座が苦手 
  
という方もすべて椅子席で煎茶の会をお楽しみいただけることと思います。

毎回ご好評いただき、満席の可能性大ですのでお早めにお申し込みください

        
http://www.ogasawararyuu.or.jp/event/eventd_20190303.html


宝塚支部による市民茶会が宝塚の中山にある古鴨荘にて開催されました。IMG_7543
IMG_7522 (2)
素敵な中庭が覗け、茶席と共に紅葉も愉しめました。
IMG_7526 (2)
点前:比翼棚香羽点前 正客定:不老長春
IMG_7534 (2)
今日一日、沢山のお客様のご来席があったようです
IMG_7517 (2)
床軸は清水寺森清範管主の「無事」盛り物は「蘭秀芝英」

師走に入りましたが、最初の週末は小春日和となりました。宝塚の茶会会場まで季節の移ろいを感じながら心地よく歩を進められました。
中山寺の近くにある古鴨荘山下松涛軒は山下邸の個人宅をお借りしての開催だったようです。待合では抹茶席、本席では玉露席と年末ということを忘れてゆったりとした時間を愉しむことが出来ました。
今回は宝塚支部に関西有志の先生方もご協力いただいたようです。
席主の皆様、素敵なお茶会をありがとうございました

遠賀支部からお茶会のご報告を頂きました

遠賀町文化祭茶会のご様子です。

遠賀町文化祭茶会

お点前:抱月棚点前


お茶会の感想
 抜けるような秋空の中文化祭茶会が開かれ、教育長町議会議長、副議長をはじめ多くの方に御来席頂きました。毎年楽しみにこられる方、初めての方には日常とかけ離れた空間で静寂の中にも華やかさもあり、おいしいお茶を戴けたと大変喜ばれました。来年も皆様に喜んで頂けますように、精進して参ります。最後になりましたが中間支部の皆様にはご協力頂き感謝申し上げます。 


様々な年齢の方に楽しんでいただけるお煎茶の世界は本当に魅力的ですよね
お茶だけでなく、人との交流にも繋がるお茶会が色んな地域で行われていますので興味がある方はぜひ一度お問い合わせ下さい!


  
   

10月21日(日)
鳥取支部で行われた「伯耆しあわせの郷まつり茶会」の報告書が届きました

鳥取支部2
お客様にお茶をお出しするご様子
鳥取支部1
皆さん揃っての一枚。
お花もきれいに飾られていて素敵ですね
盛物:松鶴遐齢
正客定:百寿大福

お茶会の感想
 鳥取県中部地震から2年目の秋晴れの良き日、各地で福興祭などイベントがたくさんあり、お茶会に来て下さる方が少ないのではと心配しておりましたが、大勢の方においでいただき盛大に行うことができました。どのようにして皆様にお茶会を楽しんでいただこうか皆で考え、山や畑で花材を集め設営をしました。そして、当日は無事にお茶会ができることに感謝をし、皆が日々平和に幸せに暮らせることを願いながら心を込めてもてなしました。みんなで創りあげたお茶会。お客様の「煎茶、美味しかったですよ。」「どこの茶葉を使用されましたか。」とたくさんの声。とても嬉しくおもてなしの心に一歩近づけた気がしました。

これからも感謝の気持ちを忘れず、日々精進していきたいと思います。

皆さんで工夫して創り上げた茶会は最高のおもてなしです^^
そしてお客様から温かいお声をいただければ、大きな喜び・大きな励みになりますね
鳥取支部のみなさまの益々のご活躍をお祈りしております。



↑このページのトップヘ