芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 沖縄支部

昨日は沖縄市文化祭で呈茶席を持ちました🍵🍡
23795611_10211833500726077_4063419517860457987_n[1]
ふくべ棚点前  お茶は 家元好「瑞峰庵」
24058846_1460629517383607_3875134225408534966_n[1]
和菓子 四季彩製 「山の幸 栗」
23915908_1460629394050286_6888434909816401771_n[1]
盛物 「田園佳趣」...
23795852_1460629477383611_7473570831665429524_n[1]

正客定め 「不老佳色」

沢山の方がお茶席にお寄りくださり「一煎目と二煎目ってこんなに違うのね。おもしろい!」
「うわぁー、なんともなんとも美味しい」
いろんな嬉しいお声が聞こえてきました。
24058750_1460629370716955_4681267016546662379_n[1]

11月最後の週末は各地でお茶会が催されました。
沖縄も続いてもお茶会お疲れさまでした。
たくさんの海外の方にもご来席いただけたようでよかったです。
これからも小笠原流煎茶道の「お・も・て・な・し」の心をお伝えください。


沖縄県護国神社で沖縄県煎茶道協会主催の秋の茶会が開かれました🍁
 初めての煎茶道を体験したという方から、「小笠原流煎茶道の所作の美しさ、盛りものなど、一つ一つの心配りに感動しました」とお声かけをいただきました。
23473188_1447768652003027_1464250937042812603_n

お点前はふくべ棚❗ お茶は家元好み 瑞峰庵🍵お菓子は四季彩さんに特注でお干菓子を作っていただいた 紅葉🍁
沖縄
は紅葉がないのですが、秋がやってきたようなお茶席でした,,,エアコンをガンガン効かせながら
23602154_1449020288544530_1280827721_n
床の間には副家元にご教授頂いて沖縄の月桃(げっと)を使った黄花朱実でした。

ご報告ありがとうございました!立冬を過ぎましたが沖縄はまだ冷房なのですね。晩秋の設えがとても素敵ですね。
茶庭の蹲や柿の木、石蕗の演出も見逃せませんね。
沖縄総支部の皆様ありがとうございました。

 

七夕に沖縄からお茶会報告をいただきました。

子どもたちと七夕茶会🎋
お茶が美味しいとを上げて嬉しいおかわりリクエスト🍵
とっても面白いとお運びさんをお手伝いしてくれたまりかちゃん🍡私のお点前を横でずっと見ながら初めから終わりまで煎茶道についてあれこれ質問攻めでした。
いつか一緒にお勉強しようね🎵
19875624_1332648346848392_1170640231981978991_n[1]
19756771_1332648323515061_2441453516008189177_n[1]
夏の収穫物に感謝して七夕飾りに飾ります。

19702302_1332648303515063_5860170888180522763_n[1]

短冊に「ポケモンになりますように 」の願い(笑)

世界中のすべての人々が笑顔でいられる平和な地球でありますように🎋🌌

8月27日(土)全日煎夏季大学・沖縄が開催され、沖縄総支部のみなさんが歓迎茶会を担当してくださいました。
全国から予想を上回るご参加をいただき、沖縄ならではの趣向を凝らした設えにお客様方も大変喜ばれていました。
IMG_0946

IMG_0933

IMG_0941

お菓子は「結」=「ゆいまーる」 仲良く心を結んでつながりましょう。という意味のようです。
琉球ガラスの菓子器にエメラルドグリーンをイメージした色合いがなんとも南国風。また、中には黄色いシークワーサーの餡でさっぱりとした味わいでした。何度も吟味をされ、心のこもったお菓子はお客様に大好評でした!

IMG_0981

IMG_1005

翌日の講演会には小笠原流煎茶道同門の松本料理学院院長の松本嘉代子先生が「琉球料理について」ご講演いただきました。沖縄の食材の説明から栄養分を活かせる調理法や取り合わせ、また沖縄に伝わる吉祥料理などもスライドを交えお教えいただきました。*後日、レシピも掲載していただけます。

IMG_0926

沖縄総支部の皆様、昨年の創流50周年から大きなイベントが続きますが一致団結された素晴らしいおもてなしをありがとうございました。
本土からの参加者一同心より御礼申し上げます。

↑このページのトップヘ