芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 九州支部

去る10月28日(土)市民センターの一環で「秋の煎茶会」を催しました。朝からあいにくの雨でしたが、1席から9席まで途切れるこもなく、入席が続きました。
131

ご招待の方々、同門、地域、ボランティアの方々がこられ、初めて「煎茶会」を経験された方々から「こんなにお茶って美味しいの?と絶賛いただきました。又、お煎茶に興味をお持ちになった方が、数名いらっしゃたこと、うれしい思いです。
123
終日雨でしたが、大勢のお客様の来席に支部一同 感謝の一日でした。
151

137

10月28日も大きな台風でしたね。しかしたくさんのお客様にご来席いただけた様子でよかったです。五代清風与平の売茶翁煎茶図の軸はなんとも文人煎茶趣味らしく、床の菊痩蟹肥の設えも珍しくお客様にも喜んでいただけたかと思います。

また点前は早速にふくべ棚のご披露でしたね。水巻支部のますますのご活躍楽しみにしています。

 

大分支部秋茶会が1022日に開催されました。

あいにくの台風で、外は1日中雨でしたが、会場内は秋桜が飾られたり、柿の実、ざくろ、仏手柑など秋の野山を思わせる雰囲気の中でお点前をさせて頂きました。
大分支部秋茶会 10月22日 杉谷翠幸

台風の為、来訪者が少なかったですが、足をお運びいただいたお客様には、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
大分支部秋茶会10月22日 杉谷翠幸②

お客様がお茶を頂いた時などの笑顔を目にした時には、皆で精一杯のおもてなしが出来た事に喜びを感じました。

これからも、煎茶道に精進していきたいと思っております。 

大分支部 杉谷翠幸

大分支部による大分銀行宗麟館での秋茶会のご報告ありがとうございました。
大きな台風が直撃のときでご準備も大変だったと思います。
引き続き、大分支部のご活躍を楽しみにしております!




10月28日九州八幡東支部による煎茶会が高見市民センターにて開催されました。
甲斐高見市民2
床の間には南画と黄花朱実。晩秋の設えの中、お客様にも喜んでいただけたようです。
甲斐 高見市民1
正客定は菊痩蟹肥
一般市民の方々から同門の方々まで参加されたようです。
葉盆点前でだされた玉露もご好評だったようで、皆さんとともに秋の落ち着いたひと時を過ごされたようです

先日、大分NHKカルチャーにて家元嗣の講演会が開催されました。IMG_6922 (2)
「日本茶から学ぶ人間力」と題し、日本茶や煎茶道の稽古に関するお話しでした。
参加者アンケートでは、
・和敬清閑のことばのごとく、清流のように一期一会を大切に生きる再確認をいたしました。大変すばらしい講座を受講させていただきました。
・煎茶道について、大変勉強になりました。…
など頂戴いたしました。
IMG_6950 (2)
講演会の後、煎茶会の意義についての解説があり、なごやかな一席を愉しみました。
IMG_6974 (2)
引き続き、午後から同門講習会が開催されました。
当日、電車の事故により3時間ほど遅れてのご参加の方々がありましたが、それでも大分までお越しいただき大変嬉しく思いました。

九州 遠賀支部から講座のご報告をいただきました
遠賀町生涯学習課から「いきいきふれあい学級」でお茶の淹れ方の依頼があり、6月2日玉露点前 6月9日冷茶点前の体験講座をされたようです。
60代70代の受講者の方々は、とても満足され引き続きの講座の希望もあったようです
以下、いくつか受講者のご感想をいただきました。
*ふすまのあつかい、床の間の拝見、玉露の淹れ方、飲み方、お菓子の食べ方、懐紙の使い方、楽しく学ぶことができました。今まで無作法なまま生きてきたことを反省しました。お茶がこんなにおいしいとは感動でした。
*作法が学べてよかったです。掛け軸、お花 とても心が洗われました。
*学んだことが多く、姿勢がよくなりました。少しお上品になれたような気がします。

11月3日には遠賀町公民館で文化祭茶会を予定していますので、またご来席いただきたいですね

IMG_7933
                (松風庵)

↑このページのトップヘ