芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 山陰支部

令和元年松江城大茶会に参加して  島根支部 宍道翆邦
DSC_1483

 令和に年が改まり10月5日・6日に恒例の大茶会が開催されました。
 松江城二の丸での茶席を大変楽しみにしておりましたが、台風18号の接近に伴い急遽カラコロ工房(旧日本銀行松江歴史的建造物)に変更になりました。
 昨年に続いての変更でしたが、支部の皆様の協力で会場が整いモダンな建物の中に茶室が設けてある側でお茶会開催の運びとなりました。
 去る9月に私は家元で教授検定を受けさせていただきました。私が初めてお煎茶のお点前を拝見させていただのもこの城山大茶会でした。その時お誘い下さいましたのが櫛田先生です。
 日々の生活が少しでも潤うようになればと思い早速入門致しました。楽しみながらお稽古をしていましたが、この度先生方のお力添えがあり、これも何かのご縁かと思いお点前をお受けすることにいたしました。
DSC_1480
 
当日は台風の影響も少なく茶室を背景に、秋草に囲まれ実りの秋の設えの中で、抱月棚の立礼で三席お点前をさせていただきました。

 毎日のようにお稽古に励んでいましたがお点前は始めてです。大勢のお客様を前にして緊張と心配で一席目は無我無中でしたが二席目三席目あたりからやや冷静になりやっと落ち着いて流れが見えるようになってきましたらもう終盤です.
 前日、竹中先生が美味しいお茶を差し上げる為には場所や道具で変化するので温度、茶葉、時間を何度も工夫されていた真摯なお姿を思い出しました。お客様に美味しいお茶をお出しできたのか不安でしたが、この経験をふまえ次の糧とさせていただきたいと思いました。失敗しながらも明るく笑い飛ばし,暖かくご指導して下さった諸先生方、支部の皆様、楽しいお茶会でした。
 日本三大茶会の一つであるお茶会に参加できた幸せと感謝の気持ちでいっぱいです。これから一層稽古に励み、諸先生方のご指導を仰ぎ、精進してまいりたいと思います。

急遽会場の変更など大変でしたね。茶室には会記が飾られているのでしょうか?
お点前の足元には秋桜が飾られて、その上に月が出ているのですね。
11月には山陰地区での講習会、年明けには本部でのお披露目もございます。
正月には皆様とお会い出来ますこと、楽しみにしております。
山陰総支部の益々のご活躍を祈念しております。
ご報告有難うございました。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

お盆はゆっくりお休み出来ましたか?
事務局には、初夏に行われたお茶会のご報告が届きました^^


冷茶茶会7月21日①

開催日    令和元年  7月 21日 (日)   

 

お茶会名   冷茶会               

 

担当支部   山陰鳥取支部、景山秀和支部長    

 

茶会の責任者 上田 翠幸             

 

開催場所   シルクハウスながみ        

 

 点前  抱月棚立礼点前(冷茶) 

 

盛物・正客定めなど  花中君子、立礼棚の前に季節の花                  

 冷茶茶会7月21日②

お茶会の感想                                
当日は朝から雨々。参院選の投票日と重なり心配をいたしましたが、朝から次々お客様がお見えになりました。お煎茶の冷たいのが美味しいことを知っていただきたいと上田先生の想いも通じ、「冷茶っておいしいもんですねぇ」と皆様から嬉しい言葉をいただきました。
支部長の景山先生、矢倉先生、木村先生にお手伝いをお願いして、上田社中の
6人フル回転でした。若い人達も「勉強になりました。お稽古がんばります。」と今後が楽しみな言葉を聞きました。
来年は山陰総支部五十周年を迎えます。微力ながら和合を重んじ励んでまいりたいと思います。
山本翠恵




小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

真夏日が続いていますね
毎日とっても暑いですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
事務局に島根支部から素敵なお茶会報告が届いております


真誠会お茶会

お茶会報告

開催日  令和元年620日(木)

担当支部 島根支部  

席主   永井秀悦

場所   医療法人 社会福祉法人 真誠会ホスピタウンレジデンス

点前   抱月棚冷茶点前

盛物   秀果仙芳

 

真誠会の理事長様からの依頼でお茶会をすることになりました。

季節は梅雨前の蒸し暑い平日です。人数は50名 時間は1時間

テーマは(風情を楽しみにながら皆様と冷たいお煎茶をご一緒に)でした。

準備の時間は30分です。

広いリビングフロアを見せていただき,どのようにしたら一人ひとりのお客様に喜んでいただけるかと永井先を中心に会員一同心一つになり考えました。

50人を1時間でお迎えするには、25人を一度に差し上げなければなりません。まわりの会員さんに呼び掛け14人が集まりました。全員30分の時間に心配しながらも準備はスムーズに進み、お点前以外のお席を6テーブルにし、それぞれに正客定を(花中君子・平安長春・素心竹石・ 紫珠琥珀・高士清友・龍孫考養)とし、どなたにも正客様としておもてなしをさせていただこうとの永井先生のお心遣いでした。

会員一同笑顔でお客様にお声を掛けながらお茶を出す中、こんなにおいしい冷たいお茶は始めてでありがとう。美味しいお菓子をありがとう。の一声にホッと胸を撫でおろし、厚さを忘れる笑顔の1日でした

 

                              櫛田翆弘

準備時間が少なく大変だったみたいですが、スムーズにお茶会が進んだようですね
日頃の皆様のお稽古の成果ですね

お疲れ様でした!
また素敵なお茶会報告頂けるのを楽しみにしています

事務局

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道


島根支部の初煎会が2月10日(日)に松江アーバンホテルにて開催されました

支部初煎会①
お点前「杭州棚 真の点前」 

盛物「大寿佳色」
正客定「仙客長春」

支部初煎会②
千葉翆邦さんから頂いた感想文です 

 平成最後の支部初煎会を、210日にアーバンホテル(松江)にて34名の出席者で行いました。香煎点前、杭州棚点前と6年ぶりに担当させていただきました。盛物、正客定と各々の花の生け方を考えさせられました。担当することによって色々と勉強になりました。お手伝いいただきました先生方、皆様方には感謝でいっぱいでございます。本当にありがとうございました。                             

                                    

 床の間の大寿佳色は存在感があり素敵ですね
全国各地で開催されるお茶会のご報告を頂くたび、先生方や支部の皆様の盛り上がりからご苦労、お稽古の様子もうかがい知ることができますね。
今年も素敵な初煎会になったようで嬉しいです
島根支部の皆様、大変お疲れ様でした。ご報告もありがとうございました。
事務局すみれ

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

10月21日(日)
鳥取支部で行われた「伯耆しあわせの郷まつり茶会」の報告書が届きました

鳥取支部2
お客様にお茶をお出しするご様子
鳥取支部1
皆さん揃っての一枚。
お花もきれいに飾られていて素敵ですね
盛物:松鶴遐齢
正客定:百寿大福

お茶会の感想
 鳥取県中部地震から2年目の秋晴れの良き日、各地で福興祭などイベントがたくさんあり、お茶会に来て下さる方が少ないのではと心配しておりましたが、大勢の方においでいただき盛大に行うことができました。どのようにして皆様にお茶会を楽しんでいただこうか皆で考え、山や畑で花材を集め設営をしました。そして、当日は無事にお茶会ができることに感謝をし、皆が日々平和に幸せに暮らせることを願いながら心を込めてもてなしました。みんなで創りあげたお茶会。お客様の「煎茶、美味しかったですよ。」「どこの茶葉を使用されましたか。」とたくさんの声。とても嬉しくおもてなしの心に一歩近づけた気がしました。

これからも感謝の気持ちを忘れず、日々精進していきたいと思います。

皆さんで工夫して創り上げた茶会は最高のおもてなしです^^
そしてお客様から温かいお声をいただければ、大きな喜び・大きな励みになりますね
鳥取支部のみなさまの益々のご活躍をお祈りしております。



小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ