芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 山陰支部

4月29日~5月7日まで松江城二の丸下の段にて山陰中央新報主催不昧公200年祭記念松江春の茶会が開催されました。
小笠原流煎茶道島根支部は5月6日に席を持たれました
松江春茶会2
杭州棚点前の煎茶席でおもてなし。中央新報社さまの進行で和気あいあいとしたお茶席だったようです。

松江春茶会1
竹中山陰総支部長の設えによる床の清風与平売茶翁図と富貴平安の牡丹も落ち着いた煎茶席を演出しています。
島根支部の皆様、ありがとうございました。
次回は家元講習会でお待ちしております


3月の支部便りが届きました。お茶会形式で彩雲棚風炉瓢杓点前をされたようです。
DSC_0679

香煎席、本席、点心席に全員でのじゃんけん大会もあったようで楽しく過ごされたご様子です。

DSC_0675

盛り物:松姿鶴操

1490008963471

正客定: 凌波僊子(りょうはせんし)

皆様からのご報告お待ちしております。 事務局

3月4月と各地区での煎茶会もたくさん開催されています。そんな中、関東研修会が家元で開催されました。6月の茶会に向けて張り切っていらっしゃいます。
IMG_4146


また、鳥取、島根地区からの研修会も開かれました。
細かい所作やお稽古に対する心構えなどのお話があり、有意義な研修会でした。

IMG_4192

小笠原流煎茶道の茶会が美しいとご評価いただくのも、同門のみなさんが日頃の努力をしっかりとなさっているからなのでしょう。

本日は山陰総支部の皆様の研修会。早朝より貸し切りバスでお越しになりました。

先日の九州総支部につづき、両勝手点前の稽古です。IMG_1200

IMG_1209

地元でも何度も稽古を重ねられており、既に息の合った茶席の様子でした。

IMG_1221

IMG_1229

  おひとりお一人が真剣に取り組まれ、100周年に向けての意気込みを感じます!10月には恒例の松江城山茶会なども予定されており、秋のお茶会シーズンはご多用の様子ですが、100周年記念では皆様の素晴らしいお茶席を期待しております。

↑このページのトップヘ