芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 関西支部

8月4日(日)神戸ベイシェラトンホテルで恒例の家元教室懇親会が開催されました。
IMG_4428 (2)


IMG_4390
家元ご挨拶 
IMG_4442
家元嗣の乾杯
IMG_4412 (2)
教室ごとの紹介  今年は甲南教室の皆さんが担当くださいました!
IMG_4419
名札から煎茶道に因んだビンゴや景品、お土産まで細やかなおもてなしに一同喜ばれていました。
IMG_4420 (2)
当たる時には一気に!日頃のおしとやかな茶会での様子とは違い……
IMG_4433 (2)
甲南教室からのお土産 甲南漬け!早速美味しくいただきました。

毎年、教室ごとに色々な企画を作っていただいています。
来年は梅田産経教室です。今から楽しみにしています。
さあ、今年の後半も楽しく活動いたしましょう。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

5月12日例年より少し早く顕鐘塔供養茶会が行われました。IMG_0299 (2)
京都は素晴らしい天候で薫風心地よい一日となりました。
IMG_0303 (2)
今年は家元(梅田産経学園教室)の皆様が担当され、朝早くから念入りに清掃やら茶席の準備をしてくださいました。
IMG_0315 (2)
参列者による献茶、献具、献果です。

IMG_0312 (2)
法要の際には庵主さまから顕鐘塔にお入りの先生方全員の戒名を読み上げられました。
今まで、たくさんの先生方に支えられて、現在の煎茶生活があることに改めて感謝いたしました。
お一人お一人のお顔を思い出し、感慨深くなりました。

IMG_0343 (2)
その後の茶席では、遠くの梵鐘の音を聞きながら、ゆっくりと時間の流れるようないい茶会でした。
また、梅田産経教室の茶会デビューの方々も落ち着いて稽古の成果を出されていました。
IMG_0348 (2)
嵐山渡月橋あたりまで移動して、みなさんと会食、和やかなひと時です。
小笠原流煎茶道の同門にとっては、顕鐘塔詣りはとても大切な行事なのです。
ご参列いただきましたみなさま、ありがとうございました。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

川西支部による人我亭茶会が開催されました。
大変人気のある茶会で今年3回目となります。
IMG_8642
記念館にある茶室は趣もあり茶庭も素敵です。
IMG_86201
一席20名弱で後見の先生とのお話もよく聞こえ、心地のよい和やかな席でした
IMG_8623
岡田支部長のお点前でおもてなしくださいました 点前は清雅棚です。
IMG_8629
亘令猊下の「楽亦其の中に在り」盛り物は「天然如意」IMG_8645
茶席の後は、記念館を散策し、フレンチのコース付きです
旧ダイニングで美味しく頂戴いたしました。
写真の左のグラス3つは小林一三氏所有の今では大変珍しい技法のグラスだそうです。
茶席とフレンチとがセットの煎茶会ですが、食事の際にはお客様同士話がはずみ、茶席後に参加者同士交流が出来るのも人気の要因であると感じました。
川西支部と有志の皆様、素敵な茶会をありがとうございました。


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

ブログ1
2月27日に「雅俗山荘」で行われる「煎茶のお茶会」のご案内がTOKKに掲載されました
阪急沿線の宝塚・大阪・神戸・京都区間で頂けるフリーペーパーですので、もしお見かけした際は一度手に取って頂けますと幸いです

ブログ2


お煎茶のお点前を拝見し、フランス料理を頂けるとっても優雅な一日を過ごしてみませんか??
抽選で各席1名様に「雅俗山荘」のペアランチ券が当たるチャンスもあるようですよ
こちらのお茶会は予約制になっておりますので、お電話またはホームページにてご予約してみてください
お電話番号→072-751-1333
ホームページ→http://gazokusansou.j



小笠原流煎茶道 事務局

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

今年最後の研修会は各組合同で行われました。
今回は各組が茶会形式で日頃の稽古の成果を披露するカタチです。
採点は家元、副家元です
IMG_8205 (2)
1組目は茶布敷点前 予期せぬ炭点前に香の拝見も
IMG_8221 (2)
2組目は抱月棚点前。家元たちからの評価は…
IMG_8222 (2)
3組目は提籃点前 菓子器が縁高に
IMG_8228 (2)
玄関には三世。
IMG_8232 (2)
床の間には平安長春
IMG_8244 (2)
4組目は瑞祥棚。後見の説明と正客の会話もポイント
IMG_8263 (2)
最終組は器局香羽点前。香羽の拝見と縁高も。
IMG_8279 (2)
全て終わり家元・副家元の審査の結果、竹組さんに優秀賞が授与されました
IMG_8283 (2)
一日、みなさんの真剣な様子を拝見していましたが、どの組も助け合いながら茶席を進行されていました
焦りと緊張とで汗が止まらない先生や、いつも出来ている簡単なことが思い出せなかった方々もしかし一年の締めくくりとして大変学びの深い研修会となりました。
煎茶道の稽古は他人と比べるものではありませんので、順位はありません。日頃の成果を一番出せた組が表彰されたということです。
兎も角、一日いや一年間お疲れさまでした。今年も関西ではたくさんのお茶会が開催され無事に千秋楽を迎えることが出来ました。今年も最終稽古のあとの善哉を同じ仲間と食べられることに感謝して来年も頑張りたいと思います

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ