芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 関西支部

11月3日文化の日は秀道家元の誕生日でもあります。
傘寿となられる本年は各地区でお祝いの会を企画してくださっています。

本日は関西総支部のみなさんが西宮神社会館にてお家元の傘寿を寿ぐ会を開いてくださいました。
IMG_2172 (2)
会の始まりは貴人点前で迎えてくださいました。
IMG_2179 (2)
IMG_5019 (2)
祝賀「浦安の舞」浪速神楽と祭祀舞をされている安永さんは本部事務局員でもあります。
IMG_5027 (2)
関西総支部よりお家元へ記念品・花束贈呈
IMG_2182 (2)
お家元のご挨拶
IMG_5039 (2)
お家元より軸の贈呈がありました。
IMG_2187 (2)
公益財団法人小笠原流煎茶道評議員の藤本先生による乾杯のご発声
IMG_2193 (2)
日本舞踊志賀山千英さん(芦屋教室)の長唄「七福神」
恵比須様に因んだ長唄で素晴らしかったです。
IMG_2207 (2)
御影教室 南馬秀紗さんのピアノ演奏
3曲の演奏をいただきました。会場も心地よく和やかな雰囲気に。
IMG_2218 (2)
会の締めくくりは全員での合唱!
IMG_2223 (2)
閉会の辞 関西総支部副総支部長中山秀文先生

関西総支部の皆様の心のこもった温かい会となりました。
本当にありがとうございました。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

今週末に予定されていた黄檗山万福寺の月見の煎茶会は台風のため、中止となりました。
66c424b35aa150a00af9e0c569d3bb46_m
あと数日と迫り、各教室の点前の稽古なども仕上げ段階でしたから、とても残念です。
IMG_4952
月見茶会の茶会デビューに向けて、着付けの稽古もバッチリでした!
45e9d393bb3011827e3412424d188ace_m
10月台風はとても強いので、お客様や参加者の安全を考慮されたうえでの判断には納得です。
10月11月とまだまだお茶会は続きますので、また頑張りましょう!




小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

8月4日(日)神戸ベイシェラトンホテルで恒例の家元教室懇親会が開催されました。
IMG_4428 (2)


IMG_4390
家元ご挨拶 
IMG_4442
家元嗣の乾杯
IMG_4412 (2)
教室ごとの紹介  今年は甲南教室の皆さんが担当くださいました!
IMG_4419
名札から煎茶道に因んだビンゴや景品、お土産まで細やかなおもてなしに一同喜ばれていました。
IMG_4420 (2)
当たる時には一気に!日頃のおしとやかな茶会での様子とは違い……
IMG_4433 (2)
甲南教室からのお土産 甲南漬け!早速美味しくいただきました。

毎年、教室ごとに色々な企画を作っていただいています。
来年は梅田産経教室です。今から楽しみにしています。
さあ、今年の後半も楽しく活動いたしましょう。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

5月12日例年より少し早く顕鐘塔供養茶会が行われました。IMG_0299 (2)
京都は素晴らしい天候で薫風心地よい一日となりました。
IMG_0303 (2)
今年は家元(梅田産経学園教室)の皆様が担当され、朝早くから念入りに清掃やら茶席の準備をしてくださいました。
IMG_0315 (2)
参列者による献茶、献具、献果です。

IMG_0312 (2)
法要の際には庵主さまから顕鐘塔にお入りの先生方全員の戒名を読み上げられました。
今まで、たくさんの先生方に支えられて、現在の煎茶生活があることに改めて感謝いたしました。
お一人お一人のお顔を思い出し、感慨深くなりました。

IMG_0343 (2)
その後の茶席では、遠くの梵鐘の音を聞きながら、ゆっくりと時間の流れるようないい茶会でした。
また、梅田産経教室の茶会デビューの方々も落ち着いて稽古の成果を出されていました。
IMG_0348 (2)
嵐山渡月橋あたりまで移動して、みなさんと会食、和やかなひと時です。
小笠原流煎茶道の同門にとっては、顕鐘塔詣りはとても大切な行事なのです。
ご参列いただきましたみなさま、ありがとうございました。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

川西支部による人我亭茶会が開催されました。
大変人気のある茶会で今年3回目となります。
IMG_8642
記念館にある茶室は趣もあり茶庭も素敵です。
IMG_86201
一席20名弱で後見の先生とのお話もよく聞こえ、心地のよい和やかな席でした
IMG_8623
岡田支部長のお点前でおもてなしくださいました 点前は清雅棚です。
IMG_8629
亘令猊下の「楽亦其の中に在り」盛り物は「天然如意」IMG_8645
茶席の後は、記念館を散策し、フレンチのコース付きです
旧ダイニングで美味しく頂戴いたしました。
写真の左のグラス3つは小林一三氏所有の今では大変珍しい技法のグラスだそうです。
茶席とフレンチとがセットの煎茶会ですが、食事の際にはお客様同士話がはずみ、茶席後に参加者同士交流が出来るのも人気の要因であると感じました。
川西支部と有志の皆様、素敵な茶会をありがとうございました。


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ