芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 関西支部

子ども伝統文化わくわく体験教室 

この教室は兵庫県茶道協会の行事の一つで、この度関西総支部の三人で担当させていただきました。

丁度コロナの緊急事態宣言中でしたが、学校側は入室の先生の数を最小限の五人にして、机の間隔を空けたりして開催されました。
宝塚教室


特殊支援学級児の個々の様子を前もって伺っていましたが、初めての面装なので内容の進め方が不安でした。そこで準備だけはしっかりしておいて当日の子どもたちに合わせながらやっていくことにしました。

体験当日は、まず最初に実物のお茶の木を見てもらい煎茶にまつわる話を簡単にしました。次に室礼のことで、一回目は「百寿大吉」二回目は「節分飾り」を盛り付けて、それを中心にして話しました。

子どもたちのつぶやきや意見を聞き逃さないでとり上げるように気を付けました。生き生きした表情で話しに乗ってきてくれていることを感じました。いよいよ実技です。

各人が煎茶を二碗ずつ点てます。黒板に点前道具を大きく描いた絵図を掲げて、これを指差しながら点ててもらいます。一碗はお客様の先生に、もう一碗は自分の分です。お茶とお菓子を「ご一緒にいただきましょう」のご挨拶をして味わってらいました。

一口一口大変おいしそうでした。苦いという子も二人くらい居たようですが。

二回とも実技内容は同じことをしました。
最後におみやげとしてお煎茶二人分を渡しました。家族とお煎茶を飲みながら楽しい時間を持ってもらえたら嬉しいなという願いがありました。実はこのことは副お家元様のご提案でして私にしたら思いもつかぬことでありがたかったです。

この会を終えて三人とも何より嬉しかったことは子ども達が一生懸命に取り組んでいたことと、全員が楽しかったと言ってくれたことです。

それからこのような体験会が一過性に終わらずに続けていただきたいということも話題になりました。

貴重な体験をさせていただきましたことに心より感謝してお礼申しあげます。
IMG_8422
兵庫県茶道協会の事業の一環で昨年に引き続きのわくわく体験教室となります。
コロナ禍で心配されましたが無事に開催されて何よりでした。ご報告にもありましたが急須でお茶を淹れることや丁寧な仕草の美しさ、おもてなしの設えなど興味が沸いても子供たちにとって次の機会が無ければ忘れていってしまいます。ご家庭などでもお茶を囲んで今回の学びを生かしていただければ嬉しいですね。
小笠原流煎茶道では幼稚園、小学生という青少年育成事業も各地で開催されていますのでご興味ある方々は本部までお問い合わせください。
ご担当していただきました先生方、本当にありがとうございました。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

兵庫県いけばな展が開催されています。当流は生け花展示と煎茶席での参加です。
IMG_7808 (2)
IMG_7805 (2)
IMG_7810 (2)

芦屋市民会館のいけばな会場横では茶席を開催。
IMG_4814 (2)
IMG_4830 (2)
IMG_4834 (2)
今回は文思棚風炉瓢杓点前です。
IMG_4798 (2)
床軸:我逢人 黄檗山 近藤博道猊下書  盛り物:高士清友
IMG_4854 (2)
IMG_4894 (2)
菓子にもコロナ対策です。
IMG_4811 (2)
本日ご担当頂いた皆様、ありがとうございました。
明日も芦屋市民会館にて茶席は開いておりますのでどうぞお越しください。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

関西総支部 芦屋教室 西尾先生からご報告を頂きました。
107694105_1451096821751014_1232201874930639495_o
7月10日、如意谷の里にて体験教室がありました。
煎茶道を少しでも多くの方に知ってもらいたくて~~。
108241793_1451102401750456_3230011383058130533_o
盛り物:百事如意  正客定:平安大吉

107322918_1451096085084421_3544099596170145575_o

お点前のあとは、煎茶道具についてや盛り物、作法などについてたくさんのご意見、質問をいただき、良い時間を過ごすことができました。
私からは煎茶席のポイントとして
・この空間を味わっていただくこと  ・繋がりを大切にすること
の大切さをお伝えさせていただきました。

今回は若竹会様からのご希望で煎茶道についての魅力をお伝えしようと企画いたしましたが、コロナ禍で部屋には主催者含め10名限定の少人数での開催となりました。
そこで、次回は他の方々にも是非体験していただこうと、来月8月20日に第2回目を開催するようになりました。
若竹会の皆様、そして当日お手伝いいただきました先生方には御礼申し上げます。
西尾秀則





小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

令和2年2月22日二条城清流園内の香雲亭にて小笠原流担当の煎茶席が催されました。
IMG_3310 (2)
生憎の雨となりましたが、東京や九州からもご来席いただきました。
IMG_3401 (2)
雪見障子からは清流園のしっとりとした景色が見え落ち着きます。
IMG_3508 (2)
文思棚風炉瓢杓点前
IMG_3314 (2)
床軸は直入画 「松下高士弾琴図」  盛り物は「万代長寿」
IMG_3380 (2)
IMG_3545 (2)
男性陣も頑張りました。

新型コロナウィルスの影響でイベント等の開催には細心の注意を払わなければなりません。
二条城での茶会は明日、明後日と続きますので、引き続きアルコール消毒などお一人おひとりのご協力をお願いいたします。
雨の中、たくさんのご来席また同門のご協力に感謝申し上げます。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

兵庫県茶道協会主催「ひょうご春の茶会」が神戸生田神社会館にて開催されました。
表千家、裏千家、小笠原流煎茶道の3流派での開催となりました。
IMG_3115 (2)
今回は関西総支部が担当です。
IMG_3180 (2)
床:黄檗山萬福寺禅梁猊下「雲無心」盛り物:不老佳色
点前:文思棚点前
IMG_3169 (2)
風邪やウィルスの影響もあり、心配しましたが500名を超えるお客様にお見えいただきました。
関西総支部の皆様、早朝から一日で12席!大変お疲れさまでした。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ