芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 関西支部

12月8日は黄檗山万福寺で今年最後の布袋茶会
今回は小笠原流関西研修会牡丹組の皆さんが席をもたれました。

24774825_1634249073321699_4340153473566566421_n[1]
お軸は萬福寺61代岡田亘令猊下筆  茶逢知己喫   盛物は大寿佳色
24910051_1634249149988358_2820145246945119586_n[1]
三代秀翠家元の風呂先に抱月棚 染付けと錫の取り合わせ
24862575_1634249123321694_4930775664665184734_n[1]
正客定 不老富貴 内が溜め塗りで外が白漆の変形ボウル 作者は普段は名古屋城の本丸御殿を塗っています。

お玄関の赤芽柳と椿 、脇床は布袋さん立像なども飾られ、お越しいただけたお客様も喜ばれたことと思います。何気なく入った茶席であたたかく持て成されると嬉しい思い出となります。当日も全日煎関係者、同門者はじめ、煎茶ば初めての地元の方や観光の方もお見えだったようで一期一会の交流ができてなによりです。牡丹組の皆様お疲れさまでした。


えびす宮総本社 西宮神社において関西総支部雅遊の煎茶会と親子体験会が開催されました。
関西総支部の新たなメンバーでの実行委員会が発足し、初めての茶会となりました。
IMG_6428 (2)
まずは献茶式から。玉露と菓子の奉納をさせていただきました。
IMG_71181
社務所2階の和室では本席として、ゆったりとした時間をお愉しみいただきました。
IMG_73651
西宮神社会館では香煎席と体験会が開かれました。
IMG_72601
玉露点前体験会はたくさんのご家族のみなさんにお点前を愉しんでいただけました。
IMG_7233
文人華体験では好みの雅題を選んで生けてもらいましたが、みなさん真剣に取り組んでいただけました。
IMG_7386 (3)
今回の茶会は兵庫県芸術文化協会・芦屋市・芦屋市教育委員会・西宮市・西宮市教育委員会の後援をいただき開催されました。七五三詣りの着物姿でご参加の方もあり、皆様から続々と喜びと感謝のお言葉をいただき、実行委員一同嬉しく思っております。今後ともこのような機会を増やし、大勢の方々に煎茶道の愉しさをお伝えして参りたいと思います。尚、今回の収益金はすべて寄付させていただきます。
今回の雅遊の煎茶会開催にあたり、西宮神社様はじめ各方面のご関係者の皆様、大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。
最後になりましたが、関西総支部のみなさま、ご協力ありがとうございました。


兵庫県教育委員会主催のトライ・やるウィークは「心の教育の在り方」という課題について活動や体験を通して、子どもたち一人一人が豊かな感性や創造性などを 自ら高めることができるよう支援していくものであります。
本年は、兵庫県茶道協会を通じ、煎茶道の体験学習を希望された向洋中学校に参りました。

img005
日本の飲茶や煎茶道の歴史、礼儀作法の大切さなどの講義のあと、実技の練習です。

img006
何のために煎茶席があるのか?どんなところを愉しむのか?先生方が初めての煎茶席を説明くださいました。
img004

関西総支部有志の先生方が2日間指導に行かれました。
自分でお茶を淹れる実技では先生の淹れたお茶と味が全然違うのに驚かれていたようです。
これを機に、心を込めてお茶を淹れることの大切さを感じていただければ幸いです。
普段の学校生活ではなかなか触れることのない日本文化ですから、生徒さんたちはとても貴重な経験をされたと思います。小笠原流煎茶道では来年も続けて青少年たちにお茶の心を伝えてまいります

今年も関西総支部主催の家元講習会が開催されました。
今週末もまた台風となりましたが、神戸の平生記念館セミナーハウスに多数お集まりいただきました。IMG_8653 (2)
お家元のご講演「初心に戻って」
茶道の歴史から小笠原流煎茶道の五か条、また中国唐代の文人茶の様子や最近の中国での活動の様子などお話しいただきました。
IMG_8700 (2)
午後からは関西7支部ごとに生けられた文人華について副家元より指導いただきました。
季節の雅題に生け方や床飾りのバランスなど勉強になりました。
IMG_8706 (2)
次に特設舞台での稽古に移り、まずは席入りの仕方の稽古です。
IMG_8712 (3)
襖の開け閉めから床の間や道具の拝見など。初煎会に向けて良い稽古となりました。
IMG_8728 (2)
最後に器局点前と香の拝見について指導いただきました。
各支部から選出された支部員のみなさまは緊張した面持ちでしたが日頃の稽古の成果を発揮していただきました。
IMG_8765 (2)
年に一度の関西総支部での合同稽古でもあり、充実した講習会となりました。
11月には関西総支部主催の西宮神社雅遊の煎茶会もありますので、さらに一致団結して素晴らしい会となることを祈念しております。
この度の会の運営にあたっていただいた役員の皆様、平生記念館の皆様には大変お世話になりましたこと感謝申し上げます。

黄檗山万福寺本堂にて献茶式をさせていただきました。
7年に1度の献茶式担当でしたがあいにくの台風。
通常なら月台での献茶式ですが、雨のため、本堂の中で献茶式ができるという嬉しい運びとなりました。
IMG_2945
ATT00117


IMG_8592 (2)
献花、献香、献具と続きます。
IMG_8610 (2)
家元による献茶点前。本堂にはこの日のためにアメリカ、中国、そして全国各地から180名を超す小笠原流の同門者が参列いただきました。
IMG_8553 (2)
有声軒での煎茶会は関西の家元教室が担当。杭州棚雅点前で優雅なひとときをお愉しみいただきました。
IMG_8540 (2)
煎茶道会館2階では青峰会が比翼棚香羽点前を担当しました。
IMG_8518 (2)
扇面は秀翠総裁の「百事如意」点前の足元には「山村風味」野菊に生姜、柘榴、茄子、南瓜、柿など秋の収穫物を。

悪天候の中、ご来席いただきましたお客様方ありがとうございました。
また同門の皆様、朝から一日お疲れさまでした。季節外れの超大型台風が近づき風雨の強まる中、着物で一生懸命に各担当をお努めいただき感謝いたします。お陰さまで無事に2つの茶席と献茶式を執り行うことが出来ました。ご遠方より駆けつけてくださったみなさまも嬉しく存じます。時間がなくお話ができなかった方も多くいらっしゃいましたが心より感謝申し上げます。  秀邦拝

↑このページのトップヘ