芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: たしなみ茶論(サロン)

12月5日東京の日蓮宗大本山の池上本門寺でたしなみ茶論を開催させていただきました。
IMG_7676 (2)
素晴らしい奥庭松涛園小堀遠州によって造園、幕末には西郷隆盛と勝海舟が江戸城無血開城の会見をした場所としても有名です。
IMG_7684 (2)
前回に続き、今回は年末年始のしきたりから立春までを勉強しました。知っているようで知らなかったこともたくさんあります。風習の意味合いを知ることで改めて日本の良さを感じられます。
IMG_7708 (2)
午後からは和室での実技です。礼儀作法から訪問の作法まで勉強しました。
まずは美しいお辞儀から。
IMG_7726 (2)
帰省、接待、上司や習い事の先生宅などへの訪問の機会は不意に訪れることもあります。
いざ、やってみると…こんなときどうするのか悩むのでは。
IMG_7737 (2)
細やかな気遣いを感じ取るのも大切な心。是非大人のたしなみとして知っておいていただきたいことです。
あっという間に4時間が過ぎ、2回目の講座も御披楽喜となりました。
次回は2月に予定しています。ご興味ある方はお早めにお申し込みください。



今月のたしなみ茶論は「礼儀作法2」
和室での振る舞いについて勉強しました。IMG_61061
美しい座り方やお辞儀の仕方から始まり…
IMG_6108 (21)
小膝立ちや襖の作法、歩き方などまで2クラスに別れて行いました。
IMG_2125 (2)
軸:三代家元筆「松に涼炉」盛り物「秋山香趣」
もちろん、床の間の拝見についての説明もあります。
IMG_6123 (21)
今日のお茶は特別な宇治玉露
一人一人が心を落ち着かせて点前をしていただきますが、どなたも美味しく淹れられたようです。

茶論では毎月のテーマに沿って煎茶道を楽しみながら幅広い分野のことを学んでいただきます。
今月からは東京でも定期開催いたします乞うご期待ください




↑このページのトップヘ