芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 若宗匠

鎌倉から静岡へ入り、駿府城内の紅葉山庭園茶室にて講習会がありました。
IMG_2434 (2)
IMG_2417 (2)
今回は実技指導ということでそれぞれのカタチについて確認しました。
IMG_2442 (2)
立ち居振る舞いの基本動作から席入り、基本点前まで和やかにお稽古ができました。
IMG_2444 (2)
IMG_7294 (2)
小学生4年生の女の子もきちんと正座をして見取り稽古されていたのに感心いたしました。
高校生たちも日頃からしっかりとお稽古されているのがわかりました。長時間の畳での稽古は集中力が途切れやすいのですが、最後まで辛抱して皆さん
真剣にお勉強されていました。
川森先生を中心にとても良い雰囲気の教室で年の差を感じない一体感があり、これからが楽しみです。静岡はお茶所だけあり、大規模なお茶会も多く大変ですがチームワークの良さで頑張りましょう。


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

2018.11月 現地からの要請があり視察を兼ねてパリ各処にて煎茶道のデモンストレーションを行いました。
IMG_2482 (2)
まずは盛り物選びから…

IMG_2459 (2)
Hôtel Dresscode paris(4つ星ホテル)は部屋ごとにエルメスやクレージュなどデザイナーズブランドをテーマにしたお洒落なホテルです。
IMG_6876 (2)


IMG_6866 (2)
Hôtel Dresscode ロビーでのデモンストレーション

IMG_6921 (2)

Hôtel Particulier ラウンジでデモンストレーション
このホテルはルノワールやピカソ、ゴッホなどがアトリエを構えたパリ北部のモンマルトルに位置する旧エルメス邸。

IMG_6852 (2)
2年に1回の大きなイベントEquipHotelでは小笠原流煎茶道のイベント案内がありました
IMG_7005 (2)
Salon EquipHotel 会場内でデモンストレーション


限られた日程でしたが、パリでの日本茶事情の視察や煎茶道についての感想など多数いただけました。
煎茶道文化の奥深さや所作の美しさ、おもてなしの心遣いにどの会場のお客様方からも驚きと感動の拍手をいただきました
今後、フランスにおいてどのように煎茶道が展開されるのか乞うご期待ください


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

2年生の授業は人生の通過儀礼。子供のハレの日の祝い事について学びました。

まだ小さくて記憶のないときから、祝ってもらう行事の意味や、家族や親族からたくさんの愛情をかけてもらっていることを改めて感じました。
IMG_6708 (2)

IMG_67051

今日は参観日でもあり、お母さん方にも一緒に聞いてもらえてよかったです。
インスタ映えだけではなく、子供が成長してもいつまでも記憶に残るお祝いをしてあげてほしいですね。



小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

京都の同志社大学で本格的にお稽古が始まりました
IMG_2151 (2)
同好会会長レオン君を中心に20名を超える部員が楽しく活動しています
IMG_2203 (2)
この日は学内での初活動・本部から潤子先生の指導で礼儀作法を基礎から学びます。
IMG_2202 (2)
男子もお辞儀の姿がすでにサマになっています
IMG_2203 (2)
女子も真剣です
IMG_2199 (2)
お客様の作法も
IMG_2207 (2)
関西学院大学の煎茶道部からも応援に駆けつけてくれました。
これからは京都でもイベントを盛りだくさん企画して頑張っていきます
大学間での交流も楽しみですね

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

今月のたしなみ茶論は「礼儀作法2」
和室での振る舞いについて勉強しました。IMG_61061
美しい座り方やお辞儀の仕方から始まり…
IMG_6108 (21)
小膝立ちや襖の作法、歩き方などまで2クラスに別れて行いました。
IMG_2125 (2)
軸:三代家元筆「松に涼炉」盛り物「秋山香趣」
もちろん、床の間の拝見についての説明もあります。
IMG_6123 (21)
今日のお茶は特別な宇治玉露
一人一人が心を落ち着かせて点前をしていただきますが、どなたも美味しく淹れられたようです。

茶論では毎月のテーマに沿って煎茶道を楽しみながら幅広い分野のことを学んでいただきます。
今月からは東京でも定期開催いたします乞うご期待ください




小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ