小笠原流煎茶道便り「日々是好日」

兵庫県芦屋市を拠点に、日本各地・海外において小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する 『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 若宗匠

3年ぶりにパリから帰国している社中が来庵されました。
IMG_9421
IMG_9431
コロナ禍で久しぶりとなる再開、そしてお稽古。
久々に会う彼は4か月のお嬢さんのパパになっていました。
久しぶりの点前ははじめての小提籃でしたが、落ち着いてじっくりと楽しまれていました。
基本の動きも体がよく覚えていました。
「今度お会いするのは3年も開きませんから!」と、嬉しい言葉もいただきました。
パリでもまた煎茶道を頑張ってほしいですね。
台湾やフランス…茶縁に感謝です。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

甲南大学 佐藤泰弘副学長の文学部歴史文化学科の授業で「伝統文化を学ぶ」講義に参加させていただきました。
テーマは「煎茶道」
私たちは日本茶についてどのくらい知っているのか…
人々にとって茶の存在意義、茶と仏教の繋がり、煎茶道の学びなどお話しさせていただきました。
17322100028622_Moment
今年、天皇陛下から「厳統大師」という7つ目のの大師号を賜った(国師号含む)
隠元禅師の紹介
IMG_92491
「伝統文化を学ぶ」では能楽、生け花、茶の湯、神道などの先生方の授業もあり、大変意義深い授業となり、受講できる学生が羨ましいです。
17322101800231_Moment
簡単な玉露の点前も披露し、味見していただきました。
「初めての味わい」「ガツンと来る旨味」「いつまでも残る香り」「いつものお茶にはない出汁のような旨味」「点前が綺麗」などの感想をいただきました。

受講生の皆さんには、今回の授業を機に身近にある日本茶・茶文化にも興味を持っていただければ嬉しいです。









小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

小学校では、1年生で箸についての授業があります。
箸の歴史から取り上げ方、持ち方、忌み箸、箸の種類など。
そして2年生と4年生で箸の扱いテストがあります。
箸の上げ下ろしから持ち方、使い方などを校長先生、副校長先生とチェックします。
IMG_8466

作法に関する考え方も時代と共に変化し、最近では右利きに矯正するということも少なくなりました。
お客様が左利きと事前に分かれば、最初から箸を右向きに置くケースも増えてきましたし、フォークやナイフのように縦向きに置く店舗も多くなりました。
それはそれで時代の流れなのでしょうが、日本の文化として箸のおき方や意味合い、美しい扱い方などは無くすことなく伝えていきたいと思います。
テストでは、座布団に座る前の挨拶から。
なかには緊張して思うように箸が持てず泣き出す子も。
小さな子たちが箸を持てるように一生懸命に頑張る姿、いつも応援したくなります。
卒業されるころにはきっと上手になっているでしょう。
がんばれ!

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

熊本県阿蘇山でティータイム♪
赤紫蘇・百花密・大分カボス・日本薄荷をブレンド
紫蘇の酸味と蜜の甘み、薄荷のメントールが効いてなんとも爽やかな一杯!!
8月27日28日には熊本で全日本煎茶道連盟の夏季大学煎茶会・研修会が開催されます。
小笠原流も茶席を持ちますので、遊びにいらしてください。

IMG_4938
IMG_4943

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

7月16日は売茶翁の命日です。
IMG_5428
黄檗山萬福寺の売茶堂では猊下による読経
IMG_5431
有声軒では煎茶席が催されます。今月は鹿児島の知足庵流さん
薩摩切子の茶碗で美味しい冷茶をいただきました。
IMG_5437
床軸:隠元禅師 「一祓白雲晩」 花:黒千代香に蓮
   *祓→手偏に発とのご説明。

9月16日は小笠原流が売茶忌の担当です。


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ