芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

カテゴリ: 若宗匠

SNSが主流のなか、なかなか手紙を書くことがなくなりました。
しかし、いざという時には自筆で気持ちを伝えたいときもあります。
今回は手紙の心得としてSNS(メールやリアルタイムチャットなど)と自筆の手紙(一筆箋、はがき、手紙)の違いと心得について勉強しました。
IMG_4324 (2)
宛名の書き方や一筆箋や手紙の特徴、踊り字や脇付け、封緘などなど、最後は実際に手紙を出していただきます。
その後は、久しぶりの点前体験もあり、盛りだくさんの内容となりました。
今回も人数制限や手洗い、換気と皆様にもご協力いただきながら開催できましたこと感謝申し上げます。
今年のたしなみ茶論大阪はこれで日程を終え、また来年に続きます。
引き続き、皆様のご参加お待ちしております。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

今年令和2年は閏月があるため、9月9日は旧暦7月22日にあたります。
旧暦の重陽は10月25日とまだまだ先ですが、稽古では着せ綿をしました。
現代ではコットンが多いですが、着せ綿は本来真綿を使います。
IMG_6194 (2)
繭から綿を作りましょう。
IMG_7214
少しずつ指で広げていき…
IMG_7226 (3)
柔らかな真綿の出来上がり。(真ん中にあるのはまだ硬い繭です。)
IMG_7220 (2)
今日の盛り物「百寿大福」の菊にそっと載せました。
IMG_7232
もちろん、赤い袋を載せて…。お分かりですよね?
殺風景な稽古場ですが、十分季節感を楽しむことは出来ます。
みなさんも是非、これからの稽古で試してみてください。


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

今年3月から休みになっていましたが、久しぶりに2年生の授業がありました。
今回のテーマは「日常のマナー」
・友達が褒められたとき。
・友達が叱られているとき。
・エレベータ―に乗るとき。
・お年玉をいただいたとき。
・家族でレストランに行ったとき。
・友達の家に遊びに行ったとき。…
一コマの授業でたくさんの項目をお話ししました。
意外と学校や家庭では聞いていないことも多く、「なんで~」という声もチラホラ。

今回から、時世にあわせて通信ゲームやスマホ決済についても追加。
便利で快適な分、子供たちはルーズになったり、なにかと自制することが難しくなっています。
今のうちから品格を持つということの意味を大切にしてほしいですね。
IMG_3701


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

7月17日 1月以来のたしなみ茶論・大阪が開催されました。
コロナ対策として定員を縮小して講座のみとし、お茶菓子はお持ち帰りいただきました。
今回は夏行事のお話しで久々にお見えの受講者の皆様にも大変喜んでいただけました。
会場をお借りしています親和法律事務所の皆様にはいつも支えられて開催することが出来ています。
心より御礼申し上げます。
IMG_36951 (2)
次回は9月に文人華を予定しています。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

例年5月は家元教室の担当なのですが、今回はコロナウィルスの心配もありますのでお詣りのみさせていただきました。
生憎朝から雨模様でしたので本堂にて読経をあげていただきました。IMG_6247 
今回は、中田秀美先生が顕鐘塔にお入りになられました。
永年ご尽力いただいた本当に素晴らしい先生でした。改めまして心よりご冥福をお祈りいたします。
また庵主様が過去帳からお一人お一人のお名前も読み上げてくださり、先生方のお顔や懐かしい想い出が蘇りました。
IMG_6232
IMG_6231
IMG_6239
読経を終えると雨もやみ、小倉山も清々しく映りました。
ここ数日、北九州の第2波が心配ですが、くれぐれも皆様お気をつけください。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ