煎茶道便り「日々是好日」

関西を拠点に、日本各地・海外において小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する 『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

2024年02月

同志社大学小笠原流煎茶道サークル清風会 2023年度卒業茶会 ―縁―
IMG_6651
IMG_6650

日時:2024218日(日)

場所:同志社大学寒梅館1階和室「魁の間」

席主:同志社大学小笠原流煎茶道サークル清風会 4年生一同

点前:棚式点前

盛り物:歳寒二友(本席)・万代長寿(香煎)・不老長春(正客定)

お軸:「互いに睦し、日頃の恩」(三澤秀里作)
IMG_6648
IMG_6649
 向春の候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、この度、同志社大学小笠原流煎茶道サークル清風会は、令和5年度卒業生(現4年次生)が席主となり、「縁」と題しまして、卒業茶会を開催させていただきました。今年卒業予定の4年生が、日頃よりお世話になってまいりました家元嗣夫人潤子先生をはじめ、後輩である1〜3年生、さらには保護者の皆様、そしてこれまで清風会を守り抜いてこられたOBOGの方々への感謝の気持ちを込め、一から手作りした学内のお席へお招きいたしました。お点前はもちろんのこと、童子からお運び、さらにはお水屋まで全て4年生のみで行いました。未熟ながら精一杯お稽古し、お越しくださったお客様に感謝の気持ちをお伝えすることができました。

創設5年目となる2023年度は、同志社大学清風会にとりまして、大きな節目の年でございました。各種家元行事にたくさん参加させていただき、また初めての手作り茶会を開催させていただきました。その一年の締めくくりとして、卒業茶会を催させていただけましたことで、なお一層身の引き締まる思いをサークル一同にて共有でき、大変ありがたいことでございました。同門の皆様には、日頃より愛あるご指導と多大なる応援をいただき、誠にありがとうございます。これからも同志社大学清風会では、日々真剣に稽古に精進してまいりますので、ご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。4年生代表 林秀航

ご報告ありがとうございます。コロナ禍で制限された大学生活でしたが、その後は東京、京都、九州と積極的な活動をして下さり、皆さんの元気に励まされました。今年は卒業生からも教授者が生まれ益々活動の幅も増えてくると思います。若い世代から煎茶道界を盛り上げていきましょう。
ご卒業おめでとうございました。今週の春風の宴も頑張りましょう!


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

 六年二月十八日
 西宮海清寺光沢会茶会
 495644919759896835
 本席 禅 妙心寺春美文勝猊下書
 盛り物 福寿平安 (松・竹・梅)
 495644918534898001 (002)
  待合席 喫茶去 盛高 高士清友 (仏手柑・春蘭・霊芝)
 495644920363614858
 点前 貴承棚炉瓢杓 
 炉屏 南画 田能村直外 
 主茶碗 竹泉
 替茶碗 道八
 L1033519
 煎茶席の炉点前は珍しく熱心にご覧頂きました。
 L1033521
 座礼・立礼席と盛況でありました。

 

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

開催日:令和6年1月28日(日) 
研修会名:小倉地区家元嗣講習会                     
担当支部:九州総支部                   
責任者:浦塚 秀宣                 
開催場所:小倉城八坂神社 
点前:紫蘇香煎・さくら香煎・あられ香煎 
IMG_6519
小倉地区家元嗣講習会 香煎2
日頃お稽古する機会の少ない香煎点前(紫蘇香煎、さくら香煎。あられ香煎)を3グループで役割を決め、席入りから挨拶、お点前、お運びなど美しい所作と作法を学び確認いたしました。
続いて縁高の作法と呈茶と充実した内容に、学ぶ喜びを感じた講習会でした。  
IMG_6510
報告書の記入者 飯田翠由 
飯田先生、ご報告ありがとうございます。ぜひ桜の時期に香煎点前もお楽しみください。
また次回の講習会を楽しみにしております。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

日時 令和5年1217()

場所 大阪大学微生物病研究所

催事名 第27回微生物病研究所美術展

 増田盛り物

写真はまだ前日の準備段階のものですが、実行委員会賞をいただきました。

所長賞が4,5点、実行委員会賞は1点でした。

葉が散らばってますが、実物はそんなには(笑)

他にはもちろん絵画、写真、手芸品、映像、顕微鏡写真など色々な出品がありました。

花材は、あるものでいたしました。 

増田秀涼
増田先生、ご報告ありがとうございます。天仙の寿での実行委員会賞ご受賞おめでとうございます。
仏手柑などを使う文人華は、言祝ぎの意味もあり喜ばれたのではないでしょうか。
また機会ありましたら是非ご出展してください。
大阪支部の益々のご活躍をお祈り致します。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

 2月4日 芦屋市市民会館多目的ホールにて 花展・茶会が開催されました。
 席主  御影教室 中山秀文
 IMG_0016
 清雅棚点前
  IMG_0014
  床飾り  平安万年  秀翠書
  盛り物  歳寒三友
 IMG_0018
 全席満員でお菓子も足らないほど盛況でした。
 L1033512
 L1033506

 IMG_0011 (002)
 L1033509
 L1033507
 L1033508
 大勢のお客様で終日賑わいを見せておりました。

 

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ