小笠原流煎茶道便り「日々是好日」

関西を拠点に、日本各地・海外において小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する 『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

関西を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

2023年05月

今年度のバザーは例年通り5月に開催。梅雨入り前の五月晴れとなりました。
IMG_1745 (2)
今年は神戸女学院大学、関西学院大学、同志社大学の3校合同で担当
IMG_1780
後見役は卒業生が担当。みなさん立派に頑張りました。
IMG_1749
短冊「清談茶熟到幽玄」  行朗猊下
IMG_1755
蟹も遊ぶ清流涼趣の涼やかな設えに。
IMG_1804
毎席、お客様も満席となりました。
IMG_1824
今回が初茶会のメンバーも。
IMG_1817
毎回、熱心に稽古に通う(関学留学生)イギリスのマイケルも初運びです。
IMG_1767
水屋も卒業生たちがお手伝いに来て勉強してくれます。
IMG_1841
IMG_1784
各学校の交流もあり楽しめました。
IMG_1774
「バザーの中でもここだけは異空間」と毎年たくさんの方にお越し頂けます。

青峰会のみなさん、お疲れさまでした。さぞ日焼けしたことでしょう。
写真でご覧の通り、日頃の稽古の成果を出してくださいました。
なにより、みな仲良く楽しそうにされているのが嬉しいです。
夏には神戸で夏季大学や合同稽古、秋には月見や手作り茶会もありますので引き続き頑張りましょう!













小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

全国大会に続き、本部ではロスアンゼルス支部、台湾支部から検定と勉強会に参加されています。
IMG_1713
家元たちも連日指導にあたっていますが、皆さんの熱心な姿勢に疲れもないようです。
海外からの稽古はまだまだ月末まで続きます!












小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

令和5430日(日)正平寺の中でつつじ茶会を開催しました。


前日の雨も上がり、朝から晴天に恵まれ若葉の美しい中、鳥取市満徳寺正平寺において                     

春のお茶会を開催いたしました。お寺様のお話しもあり30名のお客様は真剣にお聴きに

なり、茶席では杭州棚()の点前でおもてなしをさせていただきました。                                   

 IMG_7762

IMG_7790
報告書の記入者   木下翆廣

島根支部の皆様、ご報告ありがとうございました。
大勢のお客様にお越し頂けて良かったです。
床には達磨絵と盛り物に紫球琥珀だったようですね。
正客定の写っている写真を見ましたが不明でした。また今度お教えください。
島根支部の皆様、おつかれさまでした。来月よろしくお願いいたします。


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

昨日に引き続き、日曜日は天王殿で一般の方に呈茶の振る舞い。
小笠原流煎茶道青峰会で担当しました。
4884985160656193891.c428152457ff56e745b41531ea6eb4d3.23052112
4884985160656193891.bbd83e3a550ddcfa43815583dff1a062.23052112
IMG_1621
IMG_1631
4884985160656193891.ec3b00384ae64955a0aea8f8fb266829.23052112

IMG_1591

IMG_1637
100名ほどのお客様にゆったりと煎茶道の点前、文人華、茶菓などの説明をさせていただきました。
各5名様までの席でしたので会話も弾み、お客様にも喜んでいただけました。
少しでも煎茶文化が広がれば嬉しく思います。
お手伝いの皆さんお疲れさまでした。
今週末は神戸女学院大学でのバザー協賛茶会です。みなさまのご来席お待ちしております!

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

茶会のあと、京都都ホテル八条にて工芸展授賞式と煎茶道大会懇親会が開かれました。
IMG_1544
久しぶりに大人数での懇親会で楽しいひと時を過ごしました。
IMG_1549
煎茶道連盟加盟50周年ということで近藤猊下より表彰を頂きました。
IMG_1562
IMG_1560
IMG_1552
恒例の懇親会では素敵な作品がたくさんあたりました。
IMG_1640
猊下を囲んで小笠原流同門者で集合写真です。
ご参加のみなさま、ありがとうございました。





小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ