芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

2017年12月

12月3日に熊本県煎茶道連盟合同茶会が熊本市国際交流会館で開催されました。
IMG_1990

会場として利用しておりました熊本市民会館が、熊本地震の修復工事のため利用できず、1年ぶりに本格的な茶室が用意されている熊本市国際交流会館でのお茶会となりました。 

お道具や盛物の取り合わせなどは、須藤先生初めの諸先生方のご指導の下、準備することができました。また数日前には、この冬一番の寒波襲来で震え上がっており、天候が心配されておりましたが、当日は小春日和の天候にも恵まれ、客様の出足も順調でした。1513259480945
久々の和室(8畳)での席作り、座礼でのお点前、童子の足の運びお客様との間隔等々、お客様が窮屈な思いをされるのではと心配しておりましたが、「和室はやはり落ち着きますね。」と言っていただき安堵いたしました。少人数の支部ではありますが、社中一同このお茶会は一期一会と心し、九席を受け持つことができました。

最近では大寄席の茶会が多いのですが、小間での煎茶席は会話や設えをお客様にもゆったりと楽しんでいただけますので喜んでいただけたかと思います。
その分、席数が多くなるので亭主側は大変だったと思います。
床軸の「話尽山雲海月情」に万年大吉、三賢も落ち着いていて良いですね。
熊本支部の皆様、ありがとうございました。

今年最後の関西地区合同研修会
家元のお話しのあと、席入り作法の復習です。IMG_0189 (2)
立ち居振る舞い、タイミングなど気をつけて
IMG_0206 (2)
座礼席での稽古(茶具台点前)。すべてのお役は当日発表でした。
IMG_0220 (2)
立礼席では煎茶点前。なごやかな席となりました。
IMG_0198 (2)
今年の研修会は千秋楽です今年もお稽古を通してたくさんの幸せを感じることが出来ました。
来年も煎茶道を楽しみながら大切な和の心を感じ、学び、そしてお伝えすることを心掛けていきたいものです
関西研修会の皆様一年間ご協力ありがとうございました





杭州講習会

杭州講習会風景
講習会集合

講習会が終わってほっと一息

IMG_3290

講習会後息つく暇もなく中国美術学院にての講演会
学院講演
 500名の参加者 通路に座り込んでの聴衆者もあった。
L1021498
 講習生の着物姿 とてもよく似合っていました。
 点前は杭州棚雅点前でした。
 掛け軸は達磨大師の墨絵に隠元禅師の賛。素晴らしいものでした。
L1021454

 脚の痛みもなんのその文化交流は辛いものですね。
質問者

質疑にこたえて
質疑応答も楽しく過ごせました。
講演会後の挨拶

茶会が終わってのご挨拶。
講演会の後で
沢山のカメラマンに皆さんの視線も定まりません。

日中友好に少しは役だったのかな?

↑このページのトップヘ