芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

2017年06月

4月29日~5月7日まで松江城二の丸下の段にて山陰中央新報主催不昧公200年祭記念松江春の茶会が開催されました。
小笠原流煎茶道島根支部は5月6日に席を持たれました
松江春茶会2
杭州棚点前の煎茶席でおもてなし。中央新報社さまの進行で和気あいあいとしたお茶席だったようです。

松江春茶会1
竹中山陰総支部長の設えによる床の清風与平売茶翁図と富貴平安の牡丹も落ち着いた煎茶席を演出しています。
島根支部の皆様、ありがとうございました。
次回は家元講習会でお待ちしております


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

家元(御影)教室が15周年となり、記念茶会が開催されました。
ゆずるは3

待合席 床軸「布袋」 盛物「閑窓清友」

ゆずるは1
みなさまへの感謝を込めて…というお気持ちで抱月棚の茶席の後、中山先生はじめ教室の皆さん手づくりのおしのぎと白酒でおもてなしされました。

ゆずるは2

御影教室は弓弦羽神社(最近はフィギアスケートの羽生結弦君で話題にもなっている)でお稽古をさせていただいています。
御影教室15周年誠におめでとうございました。ますますのご発展お祈りしております!

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ