芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

2014年10月

日本茶文化体験会が、家元本部で開催されました。日本茶・煎茶道に興味のある方々が中国各地より集まりツアーを組んで来日されました。



IMG_2529

自己紹介や煎茶道文化の講義を聞いた後は、露地を体験されました。
露地での約束事や意味合いを興味深く聞かれていました。


IMG_2547

煎茶会体験では床飾りや立ち居振る舞い、心のこめられた一煎の玉露など「おもてなし文化」の深さに触れ、感激されていました。


IMG_2556

その後、食事の作法として松花堂弁当のいただきかたを体験。箸の扱いや美しく食べるコツなど、参加者にとっては貴重な機会となり、日本文化に触れられたことをとても喜ばれていました。

 

IMG_2435

兵庫県公館において恒例の茶会が開催されました。

普段は非公開の重厚感のある洋間での煎茶席は点前飾りから季節の盛り物、そしてかすかに聞こえ

るクラシックのBGMがなんとも心地よく、お客さま方からご好評をいただきました。


IMG_2443

天候にも恵まれ、予定以上に茶席を増やし530名を超える席入りをいただきました。


IMG_2451

「所作がキレイ」 「お茶が美味しい」 「お菓子もおいしい」と数多くの喜びのお声をいただき、

私たちも充実感のある一日となりました。









 

http://www.tdg.ch/culture/culture/Le-Japon-fait-fureur-a-Carouge-/story/31969163

ジュネーブトリビューンの記事で紹介されました。ヨーロッパでは日本茶人気が高く、興味深々だったようです。

世界各国で小笠原流煎茶道から日本の「お・も・て・な・し」文化が広まっています。


皆様からのご報告お待ちしておりますね。

黄檗山万福寺で月見の茶会が開催されました。全日煎近畿地区の8流派での開催となります。

台風直前で天候も心配されましたが、薄月が浮かぶ中、風情のある煎茶会となりました。


IMG_2341


小笠原流は西方丈で9席させていただきました。

IMG_2307



↑このページのトップヘ