例年にない夏日が続く長月 島根支部の行事として重陽の節句茶会が行われました。
IMG_5207
今回は県西部に位置する江津の地でのこと、遠路を皆様に足を運んで頂きました。

待合には大輪の菊の被せ綿を飾り、冷たい菊水でお迎え致しました。私自身 被せ綿は初めてのこと。その由来と優雅さに日本文化の豊かさに深く思い至りました。
IMG_5246
IMG_5245
IMG_5201
IMG_5193
秋山香趣
IMG_5203
IMG_5202
IMG_5204
IMG_5205
本席では抱月棚両勝手にて、互いに息を合わせての点前で美味しいお茶をと練習を重ね、夏日の湯の温度と炭の加減に苦心致しました。変わりゆく季節に相応しい準備のあることを学ばせて頂きました。

同門の皆さまとの茶席は和やかで笑いも生まれ、心地よい時となりました。学び合うことは支え合うことでもあり、無事に務めることが出来ましたこと

大変感謝致しております。有難うございました。

 

報告書の記入者 佐々木翠康

島根支部の皆様、ご報告ありがとうございます。9月の茶会とのことで秋らしい
盛り物が素敵ですね。
菊茶の香煎に露地を通られてのお茶席でしょうか。
五節句や月見など季節ごとの楽しみ方がたくさんありますので、
これからも様々な旬を楽しむ煎茶会を企画してください。
島根支部の皆様のご健勝をお祈り申し上げます。