秋色の十月一日、小倉城庭園茶室にて、若宗匠、潤子先生をお招きして講習会が開催されました。

講習内容は、露地からの席入と卓式点前の実技講習です。

まず若宗匠を囲んで露地の心得や解説、手水の扱い、席入りの仕方、足の運びなどユーモアを交えてのお話を頂いて実技と進みました。

露地の入り方では、迎付は潤子先生、正客は金谷先生です。お二人の出会いが自然かつ順調に進み、庭の木々など鑑賞されていました。

IMG_4014
席入が始まり、畳半畳を一、二、三、と全員が音頭を取り、又若い同門の方々はノートにペンを走らせていました。

掛軸の前へ、そして脇床への足の運びで畳への思いが蘇りました。最近では立礼が多いですからね・・・

後半は卓式点前と進みました。

IMG_4039
IMG_4030
突然指名されてお点前させて頂きました。着座の瞬間から若い頃のように手を震わせながらやっている姿を、若宗匠を始め、お客様も優しい眼差しで、大丈夫と励まして頂き、事無きを得た次第です。

観月会、福岡講習会、小倉カルチャーセンター、午後からは小倉城庭園講習会と三日間に渡りお疲れ様でした。八幡東支部 早川翠硅