私どもは、北九州市の地元の窯元・企救焼の65周年の記念茶会を担当いたしました。
こちらの窯元の煎茶教室で、小笠原流のお煎茶のお稽古をさせていただいております。
窯開き期間の5日間のうち2日間、煎茶席を担当いたしました。窯元宅は、すべての部屋が展示場になりますので、居間を茶室にしつらえての席作りをしました。
二日との良い天気に恵まれ、気持ちの良いお茶会になりました。裏庭は、小高い丘になっており、藤棚、蜜柑の木、柿の木、ツワブキ、ススキと秋の風情を感じることができます。
IMG_179465周年茶会

企救焼は、北九州が
5市に分かれていたころの小倉市の市長様はじめ地元の文化人たちの昔年の小笠原公の御城下にあった窯の復活をしたいということで北九州の近く陶工の里・上野(あがの)から招いて開かれた窯です。
IMG_178065周年茶会

五年に一度のお茶会は、ほとんどが窯元と何らかのつながりのある方の出会いの場です。アットホームな暖かい雰囲気でのお茶会になりました。無事、2日間のお茶会を務めることができ、担当者一同安堵いたしました。今後一層煎茶道に精進したいと心を新たにいたしました。 
IMG_7459

企救焼の65周年誠におめでとうございます。企救焼の三階菱煎茶器ですね。九州総支部60周年の時も窯元の皆さんにご活躍いただき、大変嬉しく思っておりました。機会あれば是非伺いたく思います。
小倉北支部中村支部長はじめ、みなさまありがとうございました。