年末は京都の顕鐘塔と芦屋神社へお詣りいたしました。
顕鐘塔では掃除のあと、花、香、茶菓を捧げ供養。その後、庵主さまにご挨拶。
庵主さまからも「各担当支部の月詣りの際には是非嵐山散策など楽しまれますように」と優しいお言葉もいただきました。
cache_Messagep27345
また産土神である芦屋神社では茶葉の奉納にあがりました。宮司様ご一家もお出ましいただけ、祝詞もあげていただき有り難い時間を過ごさせていただきました。
一年間の感謝を込めて、いつも使用している家元好みの玉露、煎茶、ほうじ茶をお納めいたしました
お茶は何度も芽が出ることから「お芽出度い」ともいわれる縁起ものです。来る年も変わらず芽が出ますように