今年最後の研修会は各組合同で行われました。
今回は各組が茶会形式で日頃の稽古の成果を披露するカタチです。
採点は家元、副家元です
IMG_8205 (2)
1組目は茶布敷点前 予期せぬ炭点前に香の拝見も
IMG_8221 (2)
2組目は抱月棚点前。家元たちからの評価は…
IMG_8222 (2)
3組目は提籃点前 菓子器が縁高に
IMG_8228 (2)
玄関には三世。
IMG_8232 (2)
床の間には平安長春
IMG_8244 (2)
4組目は瑞祥棚。後見の説明と正客の会話もポイント
IMG_8263 (2)
最終組は器局香羽点前。香羽の拝見と縁高も。
IMG_8279 (2)
全て終わり家元・副家元の審査の結果、竹組さんに優秀賞が授与されました
IMG_8283 (2)
一日、みなさんの真剣な様子を拝見していましたが、どの組も助け合いながら茶席を進行されていました
焦りと緊張とで汗が止まらない先生や、いつも出来ている簡単なことが思い出せなかった方々もしかし一年の締めくくりとして大変学びの深い研修会となりました。
煎茶道の稽古は他人と比べるものではありませんので、順位はありません。日頃の成果を一番出せた組が表彰されたということです。
兎も角、一日いや一年間お疲れさまでした。今年も関西ではたくさんのお茶会が開催され無事に千秋楽を迎えることが出来ました。今年も最終稽古のあとの善哉を同じ仲間と食べられることに感謝して来年も頑張りたいと思います