兵庫県教育委員会主催のトライ・やるウィークは「心の教育の在り方」という課題について活動や体験を通して、子どもたち一人一人が豊かな感性や創造性などを 自ら高めることができるよう支援していくものであります。
本年は、兵庫県茶道協会を通じ、煎茶道の体験学習を希望された向洋中学校に参りました。

img005
日本の飲茶や煎茶道の歴史、礼儀作法の大切さなどの講義のあと、実技の練習です。

img006
何のために煎茶席があるのか?どんなところを愉しむのか?先生方が初めての煎茶席を説明くださいました。
img004

関西総支部有志の先生方が2日間指導に行かれました。
自分でお茶を淹れる実技では先生の淹れたお茶と味が全然違うのに驚かれていたようです。
これを機に、心を込めてお茶を淹れることの大切さを感じていただければ幸いです。
普段の学校生活ではなかなか触れることのない日本文化ですから、生徒さんたちはとても貴重な経験をされたと思います。小笠原流煎茶道では来年も続けて青少年たちにお茶の心を伝えてまいります