芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

ロスアンゼルスに留学している家元教室の生徒さんからお便りが届きました。
2015年5月に開催されたロスアンゼルス子供煎茶会のようすです。
日本では茶具台点前のお稽古中でしたが、山本先生の計らいで記念に点前披露をさせていただいたようです。

ss

お茶会で御点前のようすです。


dd

ロスアンゼルス 山本先生の下で毎週お稽古に通われています。日本を離れても同門で繋がっていることはうれしいですね。


aa


学校のお友達もたくさんお茶会にご来席いただいたようです。
その後、7月にはロスアンゼルス リトル東京 東本願寺での煎茶会。
8月には同じく2世WEEK煎茶会にもご参加されました。
ご本人からお手紙をいただきましたが、ご家族や山本先生はじめ、ロスの皆さん方への感謝の気持ちがあふれていました。ひと回り成長して帰ってこられるのを楽しみにしています。








8月に恒例の家元講習会が開催されました。

中国全土から40名が受講されました。

IMG_5734

稽古では日本の礼儀作法でごあいさつ。「本日のお稽古よろしくお願いいたします。」

日を追うごとに声もそろい、心も揃ってきたようです。


IMG_5789

各コースに分かれて煎茶点前のお稽古。自分の順番までは熱心に見取り稽古をされていたので覚えも早いです。


IMG_5860

1週間の講座を終え、おもてなしの精神や煎茶道の歴史、お点前などコース別に筆記試験です。


IMG_5841

もちろん、実技試験もあります。緊張しながら全員が一点前披露しました。


IMG_5884

翌日の最終日には披露茶会です。各コースから代表者4名ずつ選ばれました。


IMG_5957

来賓を招いての煎茶会。各コースから3点前を披露。お客様も玉露を一口飲んで「オイシイ」と初めての煎茶会を楽しまれていました。

IMG_5994

最終日に集合写真。時間の都合で先に帰られた方も数名あり残念でした。

引き続き、1週間2015年第3回の家元講習会が開催されます。

一碗の煎茶を通じて中国の皆さんとの心の交流ができていることはとても嬉しいことです。

煎茶道の和敬清閑の精神が人としての本来のあり方、大切な心を教えてくれています。

みなさん、おつかれさまでした。謝謝你



パリ在住の同門会員から、シャンゼリゼ通り前で行われたパレードのときの写真を送っていただきました。

皆さんがそれぞれにパリでご活躍されていますが、時には仲良く集まられるようです。

9月のパリ、リヨン、フュッセン茶会ではお三人はじめ、スイス・ローザンヌからやドイツ・ミュンヘンからも合流されますので皆さんにお会いできますことが今から楽しみです。

写真右のフランス人の彼は9月ヨーロッパミッションに向けて事前に日本で1か月お稽古にもいらっしゃいます!

世界に向けて、小笠原流煎茶道の和は広がっていきますね!

IMG_6518

関西総支部主催の家元講習会が芦屋市民会館にて開催されました。
家元講演「煎茶道の系譜」のあと、中国での活動についての報告がありました。

IMG_5508



昼食をはさみ、点前実技の公開指導が行われました。基本点前(茶具台)、客、童子の振る舞いにも副家元の細やかな箇所まで指導がなされました。

IMG_5513


続いて基本点前(棚式点前)のご指導。細やかな所作はスクリーンにてご覧いただき、共有意識をはかりました。

IMG_5540

同門者100名ほどのご参加があり、皆さん熱心に受講されていました。

最後には心を一つにして四季の歌を合唱して締めくくりました。

同門の皆さん、今年の下半期は中国、フランス、ドイツ、沖縄…に各地での煎茶会と、大きなイベントもたくさんありますので一枚岩の結束を誇り、益々の活躍をいたしましょう!

6/24~6/29まで大阪梅田阪急百貨店9階祝祭広場にて三宗家からのメッセージが開幕いたしました。
煎茶道・いけばな・茶の湯の三宗家が集い、日本文化の重要性を発信しております。

小笠原流煎茶道では「はじめての煎茶会」「五感で楽しむ煎茶の会」「和ごころ煎茶への誘い」「玉露でもてなす和の空間」など煎茶会の解説をいたします。

IMG_5157

平日にもかかわらず、たくさんのお客様が祝祭広場にお集まりいただいております。


IMG_5204

スクリーンにも映し出され、細かい所作までご覧いただけます。

IMG_5198

天井からは七夕の飾り、12畳の和室ステージ後部は竹林もあり雰囲気良く仕上げっています。



訪問の作法講座では「お客様をお迎えするときの心得」「上司に招かれた時の心得」「ワンランク上のゲストの心得」が1日1講座開催されています。


IMG_5167

軸をかけ、客人を迎える準備をしています。

IMG_5181

お客様にお茶を出す所作をわかりやすく解説しています。

本日2日目は東京や名古屋からも見学にお越しいただきました。

皆様もどうぞお立ち寄りください。




東京甲南会女子部会40周年で講演会「日本の心と美~温故知新~」並びに煎茶会が開催されました。

茶席は東京総支部の皆様が担当してくださいました。

image5



51階という雲の上での煎茶席は格別なひと時となり、皆様にご堪能いただきました。

image4




富士山も見える最高の景色にもみなさんうっとりされていました。

image10

【中国甘粛省陽関での野点茶会】

ゴビ砂漠を背景の野点。なかなか観られない風景です。新聞にも取りあげられた敦煌近く、甘粛省陽関でのお茶会の写真です。お家元は中国に毎年訪問して現地で研修会を開いています。今年も5月上旬に杭州で研修会を開催、中国各地から参加者が集まりました。杭州での研修会の後、敦煌を訪問、お茶会を開催されました。お点前されているのは現地、中国の同門の方です。

今年の秋にフランスとドイツにも訪問、お茶会を開く予定です。煎茶道を通じた国際交流を深めていきたいですね。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150604-00000004-kobenext-l28

全国大会に引き続き、芦屋の家元 瑞峰庵では茶事体験会が開催されました。
煎茶道に興味を持つ方々が中国各地から集りました。

IMG_4875

自己紹介から煎茶道文化のいろは。そして露地の心得、実施のあと煎茶席を体験。客の作法とおもてなしの意義を学びました。

IMG_4896


床の間は勢いのある鯉に大寿佳色

IMG_4869

正式な作法で和食のいただき方を体験しました。

日本の煎茶文化に触れ、みなさんとても満足されていました。

IMG_4915

↑このページのトップヘ