芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

今月は立ち居振る舞いです。それぞれの生活に活かすことを考えて、小笠原流煎茶道の点前や客の作法の基礎知識をお勉強しました。
IMG_6498 (2)
まずは稽古のご挨拶。真行草の美しいお辞儀も
IMG_6512 (2)
お点前に沿って美味しい玉露を淹れました。今回はお客様にも飲んでいただくのでいつもより緊張してお点前されていました。
IMG_6529 (2)
本日の菓子は…なんでしょう。イガノサトです。道明寺を砂糖で炊いて色付け。黒ゴマを擦ったものと外郎を混ぜ、粒あんを包んでいます。
黄色はなにか?暗い色はなにか?9月1日にまつわる深いストーリーを考えてみてください。


今年は広島で夏季大学が開催されました。
前日には地元2流派による歓迎茶会と各流派揃っての懇親会です。IMG_6411
黄檗山万福寺近藤博道猊下のご挨拶では煎茶道の今後の展望について触れていただきました。
IMG_6418
翌日、第1講目は頼山陽史跡資料館主任学芸員の花本哲志先生
儒家であった頼家に伝わる祭祀で使用する煎茶や菓子の数々、尾道の豪商橋本竹下宛の手紙など解説いただきました。
雅致のある煎茶を愛した山陽のことばは会場の煎茶人たちにも響きました。→参加された方に聞いてください。おもわず絶句します。
IMG_6420
第2講「煎茶の工芸」日本煎茶工芸協会の井上春峰先生、三木啓樂先生
陶磁器の発展から作品つくり、三木先生は漆器や漆について詳しく教えていただきました。
IMG_6423

昨年の沖縄に続き今年は広島と、夏季大学は全国各地で煎茶に纏わる周辺文化の勉強が出来て素晴らしく思います。ご興味ある方は是非ご参加をお勧めいたします。
来年は愛知支部3流派が担当してくださり国宝犬山城を望む犬山観光ホテルでの開催の予定です。
鵜飼に鮎、楽しみですね!


夏休みを利用して着付けの講座をしました。
小笠原流煎茶道部では卒業までに自分で着付けができるように覚えていただきます。IMG_6376
この日、参加の男子は全員が一日でマスターしました。(要自主練です)
IMG_6379
もちろん、着物や袴の畳み方までバッチリです。
IMG_6383
女子は2週に渡り、潤子先生に教えていただきます。
着物の基礎知識から着付けのコツ、髪のまとめ方まで女性は大変ですね。
秋の煎茶会に向けて関西学院大学のみなさんも頑張っています




年に一度の家元教室懇親会(関西)が開催されました。
お家元を囲んでの和やかな会です。
IMG_6322
乾杯のあとはANAクラウンプラザホテル神戸「蘇州」の特別コースをいただきました。予想以上の豪華さにびっくりしました。
IMG_6333 (2)
今回は芦屋教室のみなさんが幹事をしてくださいました。ありがとうございました。
IMG_6357
自己紹介やクイズもあり、みなさんとても楽しまれていました。
クイズから一問…文人華の大寿佳色は(  )と(  )?
お分かりですよね??…わからない方は盛り物の本を調べましょう。
IMG_6366
ご満悦の皆さん(甲南教室と西北教室テーブル)
IMG_6373
全員に豪華賞品をいただいた上に、お土産やメッセージカードまで。
芦屋教室の皆さんのお心尽くしに感謝いたします。
秋にはイベントがたくさん控えていますので、各教室の力を合わせて良い会をつくりましょう!!

今日は土用の二の丑ですね。
今月の茶論は土用の鰻や盆など夏の行事についての授業です。
IMG_6218 (2)
ホワイトボード2枚使っての解説に受講者の皆さんは必死、だけど嬉しいサプライズ付き
IMG_6232 (2)
お茶の時間は涼しげな清流とともに。清流を泳ぐ魚の下は小石に見立てた餡や白玉が…

今年も中国各地から小笠原流煎茶道の夏季講習会に参加されました。
北京、上海、台湾、シンガポールからもお見えです。1週間朝から晩まで熱心に勉強され、本日は最終日の試験です。

IMG_6238
正座にも慣れ、座礼での試験。姿勢や態度もきっちりとされています。

IMG_6234
立礼での試験。とても緊張の様子でした。
IMG_6243
筆記に実技の試験を終え、お家元から認定証授与。
生まれ育った環境や文化は違っても志を同じくすれば心は通じます
今回もみなさんが煎茶を通じて日本文化の奥深さや精神性をご理解いただけたようです。
最後は皆さんとの別れを惜しみながらの帰国となりました
さて、夏季家元講習会は来週も続きます…


IMG_6018
拝殿前では「湯立神楽」が執り行われました。
湯立神楽とは、暑気払い・無病息災を祈願する神事のことです。

IMG_6059
拝殿では夏祭りが粛々と執り行われました。

IMG_6032
巫女が斎釜の煮えた聖湯に塩や米、酒を淹れてから襷をかけ準備をします。

IMG_6039
古くは卜占の一種とされ、湯気の立ち込める中で神憑りして託宣を伺う神事でありましたが、後世には、湯に浄め祓う霊力があるとされ、神楽舞と結びついて、穢を祓う神事として発展しました。(西宮神社HPより)
IMG_6052
聖湯を四方に撒き散らし邪霊を祓い退けます。参拝者も有難く水しぶきを浴びてられました。
お気づきの方もあると思いますが、同門の方は巫女さんに見覚えがあるのでは?
またお稽古の際にお話しを伺ってみてください


恵比寿の料亭くろいわさんとのご縁でたしなみ茶論が開催されました。
IMG_5756
今回は、煎茶道の体験と懐石料理をお楽しみいただきます
IMG_5802
七夕の設えが隅々に…素敵です

IMG_5764 (2)
床の間も蹴鞠と平安大吉の七夕飾りに
IMG_5774
間近で見られる美しいお点前には大変ご好評いただきました。
お茶は、七夕だけに星野玉露を美味しく淹れさせていただきました。

IMG_5859
お食事の後半には特別茶の振る舞いや質疑応答もあり、小笠原流煎茶道に触れていただきました。
遠くは沖縄からご参加の方もあり、有難く思います。
アンケートもたくさんご記入いただけ、ご参加の皆様に喜んでいただけたようです。
煎茶道って人生に必要なものだったのですね…嬉しいお言葉です。
次回も黒岩ご夫妻と素敵な会が企画出来ればと思います

若宗匠による講習会が東京で開催されました。
茶巾盆巾のたたみ方から、基本の立ち居振る舞いまでしっかりと振り返りのお勉強です。IMG_5882


IMG_5937
2か所で丸盆や茶布敷をご指導いただきました。広間でのお稽古は童子の所作や歩き方もわかり易くできました。

IMG_5948
盛り物や正客定の雅題、美しいお辞儀や席入りなどなどお勉強。
参加者全員が和やかに充実した稽古となりました。
関東地区の益々のご活躍をお祈りいたします。


↑このページのトップヘ