芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

11月23日、24日山陰総支部研修会が開催されました。
L1030696
床拝見、盛り物、正客定めの数々、雅題の意味と由来など説明されました。
IMG_20191123_135554

皆さん真剣です。
L1030702
丸盆点前の再確認です。器局と二手に分かれて猛勉強でした。
L1030698
ご挨拶は丁寧に。
L1030704
器局棚式点前で雪月花。雁行のお稽古。
L1030703
お客様に後ろ姿を見せないように。二日間の猛特訓でした。
IMG_20191123_123738
家元講演並びに器局香羽点前など質問も沢山ありました。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

11月23日神戸相楽園内の茶室 浣心亭にて観楓の煎茶会を開催しました。IMG_2415 (2)
ちょうど紅葉も見ごろで、会場内では菊花展最終日ということもあり賑わっていました。
すでに茶券は完売で、園内見学の希望者の方々にお入りいただけなかったのが残念でした。
IMG_5145 (2)
今回は西宮北口教室主催の初茶会でしたがチームワークよく、楽しく過ごせました。
小さな茶室ですが120名を超えるお客様を招くことができ、皆様に煎茶道の世界を楽しんでいただけました。
「恒例化したいです!」との声もありましたので、第2回をご期待ください。


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

2019, 11, 16
うるま市文化祭のお茶席!
お棚は、比翼棚香羽点前
家元好み瑞峰庵の香り高い玉露に首里城の一日も早い再建を祈り、守礼の門の焼き印を押した和菓子を。

お席から「美味し~い」というお声がたくさん聞こえてきてとても嬉しく🎶
また、チビッ子たちのお席入りも多く、緊張しながらも初めてのお茶会を楽しんで貰えたように思います(^-^)
76751753_2477850432328172_6324624061037019136_n[1]
正客定 不老長年
75462354_2477850342328181_9183831141998657536_n[1]
軸軸 秋光茶味清
盛物 黄花朱実
77041465_2477850515661497_5650351802298662912_n[1]
四季彩製 タームー(田芋)餡のお饅頭
77406799_2477850612328154_4945084108909838336_n[1]

講習会を終えたばかりでしたが、翌週にはうるま市文化祭で煎茶会を開催されました。
お饅頭の「守禮の邦」喜ばれたでしょうね。
煎茶道のファンが増えるように素敵なお茶会を引き続きお願い致します!


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

11月9.10日沖縄にて講習会が開催されました。
IMG_5078 (2)
昼食時風景 沖縄は28度あり、まだまだ温かく単衣でもよさそうです。
IMG_2303 (2)
来年、沖縄から3名がお披露目されますので比翼棚の稽古です。
IMG_5070 (2)
五か条や稽古の意義について学びました。
IMG_2331 (2)
歩き方からの基本動作や和室での振る舞いを復習しました。
IMG_2314 (2)
訪問の心得、お客様の招き方などの稽古です。

今回も、いつものように沖縄総支部の皆さんは笑顔で温かく迎えてくださいました。
しかし、先日の首里城火災もあり、沖縄の皆さんの心は、今、大きな喪失感とともに大変悲しみに暮れていらっしゃいます。毎日当然のようにそこにあったものが無くなり、宝が焼け落ちる姿を見るのはとても辛かったかとお察しいたします。
支部員の方から「落ち込んでいる沖縄の方々を元気づけたいけれども、何かできないだろうか」というお声もあり、一緒に検討していきたいと思います。
そんな時ではありましたが、なんとか気持ちは上向きに!という心持ちで乗り越えていかれると信じております。首里城の一日も早い復興を願っております。
今回の講習会も充実の2日間となりましたね。沖縄の皆さんの今後に期待しております!


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

L1030649
芦屋市茶華道協会ギャラリー展が市民ホールで開催されました。
L1030647
市長もご来席頂きました。
L1030657
力作揃いでありました。
L1030658
盛り物「黄花朱実」
L1030606
抱月点前 軸は先代の「山静似太古」でありました。
L1030598
 美味しく淹れられますように願いを込めて
L1030652
市長とご一緒に。有意義な1日でありました。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

11月3日文化の日は秀道家元の誕生日でもあります。
傘寿となられる本年は各地区でお祝いの会を企画してくださっています。

本日は関西総支部のみなさんが西宮神社会館にてお家元の傘寿を寿ぐ会を開いてくださいました。
IMG_2172 (2)
会の始まりは貴人点前で迎えてくださいました。
IMG_2179 (2)
IMG_5019 (2)
祝賀「浦安の舞」浪速神楽と祭祀舞をされている安永さんは本部事務局員でもあります。
IMG_5027 (2)
関西総支部よりお家元へ記念品・花束贈呈
IMG_2182 (2)
お家元のご挨拶
IMG_5039 (2)
お家元より軸の贈呈がありました。
IMG_2187 (2)
公益財団法人小笠原流煎茶道評議員の藤本先生による乾杯のご発声
IMG_2193 (2)
日本舞踊志賀山千英さん(芦屋教室)の長唄「七福神」
恵比須様に因んだ長唄で素晴らしかったです。
IMG_2207 (2)
御影教室 南馬秀紗さんのピアノ演奏
3曲の演奏をいただきました。会場も心地よく和やかな雰囲気に。
IMG_2218 (2)
会の締めくくりは全員での合唱!
IMG_2223 (2)
閉会の辞 関西総支部副総支部長中山秀文先生

関西総支部の皆様の心のこもった温かい会となりました。
本当にありがとうございました。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

令和元年松江城大茶会に参加して  島根支部 宍道翆邦
DSC_1483

 令和に年が改まり10月5日・6日に恒例の大茶会が開催されました。
 松江城二の丸での茶席を大変楽しみにしておりましたが、台風18号の接近に伴い急遽カラコロ工房(旧日本銀行松江歴史的建造物)に変更になりました。
 昨年に続いての変更でしたが、支部の皆様の協力で会場が整いモダンな建物の中に茶室が設けてある側でお茶会開催の運びとなりました。
 去る9月に私は家元で教授検定を受けさせていただきました。私が初めてお煎茶のお点前を拝見させていただのもこの城山大茶会でした。その時お誘い下さいましたのが櫛田先生です。
 日々の生活が少しでも潤うようになればと思い早速入門致しました。楽しみながらお稽古をしていましたが、この度先生方のお力添えがあり、これも何かのご縁かと思いお点前をお受けすることにいたしました。
DSC_1480
 
当日は台風の影響も少なく茶室を背景に、秋草に囲まれ実りの秋の設えの中で、抱月棚の立礼で三席お点前をさせていただきました。

 毎日のようにお稽古に励んでいましたがお点前は始めてです。大勢のお客様を前にして緊張と心配で一席目は無我無中でしたが二席目三席目あたりからやや冷静になりやっと落ち着いて流れが見えるようになってきましたらもう終盤です.
 前日、竹中先生が美味しいお茶を差し上げる為には場所や道具で変化するので温度、茶葉、時間を何度も工夫されていた真摯なお姿を思い出しました。お客様に美味しいお茶をお出しできたのか不安でしたが、この経験をふまえ次の糧とさせていただきたいと思いました。失敗しながらも明るく笑い飛ばし,暖かくご指導して下さった諸先生方、支部の皆様、楽しいお茶会でした。
 日本三大茶会の一つであるお茶会に参加できた幸せと感謝の気持ちでいっぱいです。これから一層稽古に励み、諸先生方のご指導を仰ぎ、精進してまいりたいと思います。

急遽会場の変更など大変でしたね。茶室には会記が飾られているのでしょうか?
お点前の足元には秋桜が飾られて、その上に月が出ているのですね。
11月には山陰地区での講習会、年明けには本部でのお披露目もございます。
正月には皆様とお会い出来ますこと、楽しみにしております。
山陰総支部の益々のご活躍を祈念しております。
ご報告有難うございました。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

ー秋

 

去る10月19日(土)地域の文化祭で恒例の「秋のお煎茶会」を2年ぶりに開催しました。

床には、お家元様から九州総支部に頂いた傘寿の記念品のお軸「友諒」と盛物は「高士清友」を室礼ました。 

毎席、入室するなり「わ~ァ!」 「めずらしい! 「ステキ!」と何方も感嘆の連続でお席に着席されました。

簡素な室礼に仏手柑が香り、しばし非日常的な空間の雰囲気に、お客様達は時を忘れ、一煎を味あっておられました。

 

お客様を真心をもってお迎え出来たこと、支部一同幸せな気持ちと感謝の一日となりました。    

                        水巻支部  金谷 秀信 

1571822167123
  床 軸、盛物
IMG_6656
 正客定(松寿鶴齢大吉)花入れは松かさ<シドニーおみやげ>
IMG_6665
  抱月棚点前
1571822167170
  お運び
IMG_6657
  集合写真


水巻支部の皆様、ご報告ありがとうございます。床の仏手柑も立派ですね。こちらまで良い香りが届きそうです。正客定も松を探しましたが、花入れだったのですね。面白い趣向です。他にも皆さんのアイデアが詰まった楽しい煎茶会のようでしたね。
今秋、九州地区も引き続き、たくさんの煎茶会が予定されています。
亭主側もいろいろ趣向を凝らしてお客様に楽しんでいただきましょう。
水巻支部の益々のご活躍楽しみにしております。

  

 

 

 

 


 

 

 

 

 

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

今月のたしなみは通過儀礼について勉強しました。
大人になるまでの儀式の意味や由来、また60歳からの賀寿も振り返りました。
4443f8d51c976fe0817001cfe353e763_m (1)
IMG_1973 (2)
大阪では3回目、平日にもかかわらず今回も満席となりました。

アンケートより一部抜粋

・すべての通過儀礼に意味があるのを学び、孫が生まれたらその意味を大切にして儀式をしたいと思います。
・日常ではあまり考えることのない日本文化の深さに触れることが出来有難かったです。
日常忘れてしまう心のあり方を大切に考えたいと思いました。
・自分が小さいときから親にはちゃんと通過儀礼をしてもらっていたなあと改めて感じました。
・出産する前に知っておきたかったと思うことがたくさんありました。これからも成長を願う気持ちやお祝いの心を込めて行事をしたいと思います。

点前について
・動きが合理的なので感心しました。お茶の味が少しずつ違うことに驚きました。
・はじめてでしたが、点前のときの先生の手が美しかったです。とても楽しいひと時でした。お菓子も美味しかったです!
・2回目ですが少しずつ理解しているような、していないような…。
・難しかったですが、型通りに心を込めて集中できるようになれば。気持ち良いだろうなと感じました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
日本の文化・小笠原流煎茶道での学びを是非、生活に生かせていただきたいと思います。


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

今週末に予定されていた黄檗山万福寺の月見の煎茶会は台風のため、中止となりました。
66c424b35aa150a00af9e0c569d3bb46_m
あと数日と迫り、各教室の点前の稽古なども仕上げ段階でしたから、とても残念です。
IMG_4952
月見茶会の茶会デビューに向けて、着付けの稽古もバッチリでした!
45e9d393bb3011827e3412424d188ace_m
10月台風はとても強いので、お客様や参加者の安全を考慮されたうえでの判断には納得です。
10月11月とまだまだお茶会は続きますので、また頑張りましょう!




小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ