芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

Lyonより空路Munichへ

在ミュンヘン日本国総領事館を表敬訪問の後、ロマンチック街道を経てFussenに入りました。

フュッセンの街並みや世界一美しい城で有名なノイシュヴァンシュタイン城を見学

この写真は城内からの景色です。

IMG_6997

DSC06106



ホテルではオーナーや男爵、観光大使が歓待してくださいました。

IMG_7031


翌日、市庁舎へ表敬訪問

我々一行のために、日本の国旗の掲揚や日本人形展まで開催してくださいました。


DSC06216


美しい湖から見るお城。船上のランチクルーズにも案内いただきました。

IMG_7144


その後、Fussenでの煎茶会を開催し、地元名士の方々にも多数ご来臨いただきました。

DSC06277


IMG_7202

IMG_7178


はじめての煎茶会に玉露を楽しまれるフュッセン市のヤコブ市長、與謝野在ミュンヘン日本国副領事、シュバンガウ市の市長、独日協会会長…

一煎の茶を通して学ぶ人間学に深く共感していただき、「是非、市民の方々にも経験してもらいたい」と嬉しいお言葉をいただきました。


IMG_7187


フュッセンでも煎茶会の成功を記念して集合写真♪

IMG_7206

DSC06376



その後、パーティを開いてくださり、ヤコブ市長自ら全員にお土産をいただきました。

IMG_7219


翌日、ミュンヘンで観光をしてから帰路につきました。

IMG_7297


第34回の海外文化交流会はどのイベントも充実した内容のものであり、フランス(パリ、リヨン)、ドイツ(フュッセン)の皆様にも大変喜んでいただきました。2020東京オリンピック・パラリンピックに伴い、海外でも日本の文化にはとても関心をお持ちです。
日本人が毎日お茶を飲むことから学んでいる精神性というのは日本人ですら気付いていないことがたくさんあります。今の時代は、私たち自身が更に日本の文化に目を向けて、日本人としてのアイデンティティーを見つめ直し、その素晴らしい精神性を国境を越えてお伝えすることが大切なことであり、やがて世界平和にもつながると確信しております。

ご参加いただきました皆様、ご関係者の皆様 ご協力ありがとうございました!




Teezeremonie+aus+ASHAIYA+


〈 記事の日本語訳 〉

心の静けさと内面の調和に出会う
 
くれぐれも間違った動きをしないように - これが木曜日、御茶会に招かれた30人のゲストの多くの脳裏によぎった思いであろう。この御茶会は、日本の芦屋市よりフュッセンを訪問した小笠原煎茶道の一行により、ハウス・ホプフェンゼーを会場に開催された。フュッセン市長パウル・イアコブをはじめ、招かれたゲストは、小笠原秀道氏による説明、デモンストレーションを通し、凡そ一時間に渡り、お茶の作法、またその背後にある哲学、芸術に触れることとなった。
 
梅津ゆみ子氏の通訳を介して、観光局長シュテファン・フリーデルマイヤー氏、(Hauptamtsleiter)アンドレアス・リスト氏らをはじめとする参加者は小笠原氏の話に注意深く耳を済ませ、初体験となる御茶会に参加していた。一方、イアコブ市長が「私達の日本との交流のモーター」と称するヴィルヘルム・シュヴェッケ氏は、このような雰囲気にはいくらか馴染みがあったかもしれない。
 
茶道の歴史、そこにまつわるお話を知ることができただけではなく、伝統的な着物を身にまとった主人から小さなお茶碗に注がれたお茶をどのように頂くか、という作法のデモンストレーションに引き続き、参加者全員が実際にお茶を頂く機会もあった。このような御茶会の目的の大きなひとつには「心の静けさと内面の調和に出会う」ということがある、との説明があった。また、お茶とともに、白豆と砂糖からできた和菓子も出された。小笠原氏がもう一つ大事なこととして述べられた「もてなす側ともてなされる側のお互いの尊敬、心の通い合い」は、その内容にふさわしい形で表現され、参加した客のそれぞれに受けとめられた。

Parisから列車でLyonに来ました。星の王子様で有名な小説家アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリが生まれた街です。

IMG_6721


フランス料理で有名なポールボキューズ学院ではポールボキューズさんの銅像がお出迎え♪

今回は中国から同門が2名、スイスからも同門が2名合流されました。うれしい限りです!

日本語、英語、中国語、フランス語が飛び交っていて賑やかですが、同門の心は一つにまとまっています。

IMG_6779


学院である古城見学をさせていただきました。調理室、給仕室、バー研修室、ワイン研修室など、とても素晴らしい施設が整っていました。

IMG_6798


その後、未来の有名シェフ?!(学生さんたち)による美味しいランチをご馳走になりました。


IMG_6854
IMG_6855


いよいよ、小笠原流煎茶会のはじまりです。皆さん熱心に日本のおもてなしの精神や立ち居振る舞いの意味、玉露の淹れ方などをメモされていました。

IMG_6873


ポールボキューズ学院の代表であるエルベ・フルリさんにもお越しいただき、「日仏のおもてなし友好の証」を交換いたしました。

IMG_6898


学生さんたちとも一緒に記念撮影

ポール・ボキューズの公式twitterにもアップしていただいています!

https://twitter.com/InstitutPBocu…/status/646341535315963905




IMG_6917

その後は着物のまま、Lyonの街中まで移動し夕食(^^♪

明日はドイツへ移動です!!

IMG_6936



















今年は夏の中国講習会に続き、秋にはヨーロッパで小笠原流煎茶道の日本文化紹介ツアーを開催します。
まずは、Parisの日本文化会館からの招聘状を受け、Parisでは初めて煎茶道の紹介をいたしました。

家元講演会とデモンストレーションは入場チケットも即完売し会場のホールは満席。

DSC_0048


参加者からは煎茶の歴史や道具や立ち居振る舞いなどについての質問が相次ぎ、煎茶道への関心の深さが伺えます。

IMG_6389




翌日は、煎茶会を開催し大勢のお客様に玉露の味やおもてなしの心を体験していただきました。

IMG_6467




翌日はルーブル美術館など見学しParisを満喫、パリ在住の同門者たちとの交流会をいたしました。

IMG_6533



IMG_6524

素晴らしい晴天に恵まれParisを満喫出来ました。次はLyonに向かいます!

恒例の九州総支部家元講習会が北九州の小倉にて盛大に開催されました。

第1講座は日本文化から学ぶ徳育-小さい頃から伝えておこう日本の大切な心ー として若宗匠のお話しがありました。

IMG_6152



第2講座はお家元による近況報告があり、国内や海外でのご活動の様子などを伺いました。

IMG_6163


その後、昼食をはさみ、副家元から盛り物、基本点前についてご指導をいただきました。


IMG_6178
IMG_6199


お家元方も大変充実された一日となったようです。また、九州地区の先生方からもたくさんお喜びのお電話をいただきました。
来年の100周年に向けて皆様の盛り上がりを感じております♪     事務局







ロスアンゼルスに留学している家元教室の生徒さんからお便りが届きました。
2015年5月に開催されたロスアンゼルス子供煎茶会のようすです。
日本では茶具台点前のお稽古中でしたが、山本先生の計らいで記念に点前披露をさせていただいたようです。

ss

お茶会で御点前のようすです。


dd

ロスアンゼルス 山本先生の下で毎週お稽古に通われています。日本を離れても同門で繋がっていることはうれしいですね。


aa


学校のお友達もたくさんお茶会にご来席いただいたようです。
その後、7月にはロスアンゼルス リトル東京 東本願寺での煎茶会。
8月には同じく2世WEEK煎茶会にもご参加されました。
ご本人からお手紙をいただきましたが、ご家族や山本先生はじめ、ロスの皆さん方への感謝の気持ちがあふれていました。ひと回り成長して帰ってこられるのを楽しみにしています。








8月に恒例の家元講習会が開催されました。

中国全土から40名が受講されました。

IMG_5734

稽古では日本の礼儀作法でごあいさつ。「本日のお稽古よろしくお願いいたします。」

日を追うごとに声もそろい、心も揃ってきたようです。


IMG_5789

各コースに分かれて煎茶点前のお稽古。自分の順番までは熱心に見取り稽古をされていたので覚えも早いです。


IMG_5860

1週間の講座を終え、おもてなしの精神や煎茶道の歴史、お点前などコース別に筆記試験です。


IMG_5841

もちろん、実技試験もあります。緊張しながら全員が一点前披露しました。


IMG_5884

翌日の最終日には披露茶会です。各コースから代表者4名ずつ選ばれました。


IMG_5957

来賓を招いての煎茶会。各コースから3点前を披露。お客様も玉露を一口飲んで「オイシイ」と初めての煎茶会を楽しまれていました。

IMG_5994

最終日に集合写真。時間の都合で先に帰られた方も数名あり残念でした。

引き続き、1週間2015年第3回の家元講習会が開催されます。

一碗の煎茶を通じて中国の皆さんとの心の交流ができていることはとても嬉しいことです。

煎茶道の和敬清閑の精神が人としての本来のあり方、大切な心を教えてくれています。

みなさん、おつかれさまでした。謝謝你



パリ在住の同門会員から、シャンゼリゼ通り前で行われたパレードのときの写真を送っていただきました。

皆さんがそれぞれにパリでご活躍されていますが、時には仲良く集まられるようです。

9月のパリ、リヨン、フュッセン茶会ではお三人はじめ、スイス・ローザンヌからやドイツ・ミュンヘンからも合流されますので皆さんにお会いできますことが今から楽しみです。

写真右のフランス人の彼は9月ヨーロッパミッションに向けて事前に日本で1か月お稽古にもいらっしゃいます!

世界に向けて、小笠原流煎茶道の和は広がっていきますね!

IMG_6518

関西総支部主催の家元講習会が芦屋市民会館にて開催されました。
家元講演「煎茶道の系譜」のあと、中国での活動についての報告がありました。

IMG_5508



昼食をはさみ、点前実技の公開指導が行われました。基本点前(茶具台)、客、童子の振る舞いにも副家元の細やかな箇所まで指導がなされました。

IMG_5513


続いて基本点前(棚式点前)のご指導。細やかな所作はスクリーンにてご覧いただき、共有意識をはかりました。

IMG_5540

同門者100名ほどのご参加があり、皆さん熱心に受講されていました。

最後には心を一つにして四季の歌を合唱して締めくくりました。

同門の皆さん、今年の下半期は中国、フランス、ドイツ、沖縄…に各地での煎茶会と、大きなイベントもたくさんありますので一枚岩の結束を誇り、益々の活躍をいたしましょう!

↑このページのトップヘ