芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

お家元での初日の初煎会に出席後、水巻支部の初煎会を細やかながら催しました。
北九州ではインフルエンザが流行しており、罹患者を除き一同が集まりました。
お運び

お点前
食事・点心
 

抱月棚のお点前で美味しくお茶を喫しました。
そのあとに、点心弁当を頂きながら
今年一年の抱負を語り合い、和やかなうちに初煎会を終えました。
枠 床の間

 20集合写真

今後とも同門の皆さま方に、ご指導よろしくお願い申し上げます。

家元初煎会に引き続きのお茶会お疲れさまでした。支部での初煎もいろいろと趣向を凝らし楽しまれている様子を嬉しく拝見いたしました。きっと盛りだくさんの抱負で盛り上がったことと思います。
まずは一歩目
水巻支部の益々のご発展を願っております



初煎会の後半3日間が始まりました!IMG_0725 (2)
立礼席の床には「雙清」雲龍梅と水仙で早春の清らかな香りが漂います。
IMG_1269 (2)
座礼席では彩雲棚香羽点前の披露。お客様は縁高から菓子をいただきます。
IMG_1315 (2)
喚鐘により、本日の茶室の場所を知ります。露地を通り席入りします。
IMG_1342 (2)
懐石は正式な作法で進みます。大寄席の茶事でもお一人ずつ千鳥の杯も酌み交わします。
IMG_1220 (2)
懐石の後は、同門会員優秀賞の表彰などあり、皆さんとともに今年の活躍を誓います。
IMG_1383 (2)
教授資格取得者は家元より門標の授与があります。

おめでとうございます 益々のご活躍を期待しております

初煎会ではたくさんのご来席、また連日水屋などのご協力をいただきましてありがとうございました。
年の初めに皆様とお顔を合わせ、和やかに一日過ごすことができ、有難い幸せを感じます。
小笠原流煎茶道は今年も一煎のお茶から大切な心をお伝えして参りますので、何卒よろしくお願いいたします。

公益財団法人小笠原流煎茶道 http://www.ogasawararyuu.or.jp/
行事予定・教室のご案内などホームページからご確認ください




年の初めの家元初煎会が始まりました。
小笠原流煎茶道では宗家はじめ、同門の年始のご挨拶として各地区からご参加されます。
IMG_0789

瑞峰庵の正月飾りもこの期間まで雄松と雌松の門松が飾られています。

IMG_0783
玄関には屋久杉古材で作られた芭蕉盆(中野富斎作)に百合と春蘭と仏手柑が出迎えます。
IMG_0835
立礼席風景  点前は関東 鎌倉支部、第一童子は九州 小倉北支部からの発表です。
IMG_0815
座礼席風景 点前はもちろんのこと、お客様も日頃の稽古の成果をだしていただきます

家元初煎会は2週にわたり、6日間開催されます。後半ご参加の方はお楽しみにお越しください

昨日は初煎会でした🍵
小笠原流沖縄総支部全員での迎春花の初生け式🌸から、総支部長 武藤先生のお点前に皆感激し、今年も支部全員で茶を学び楽しみ、そして煎茶道をお伝えしていこう!と心ひとつに祝いの時を持つことができました。
新年のご挨拶が遅れましたが💦
この1年は今までやったことのない新しいことを始めるチャレンジの年にしたいと思っています!楽しんで💕みなさま🎵今年もどうぞ宜しくお願いいたします~

26239472_1503592463087312_6368094536843350666_n[1]

26196149_1503592419753983_5472716080480681982_n[1]

26195594_1503592519753973_5005831287823331303_n[1]

26220067_1503592499753975_8395093936764042795_n[1]


26219783_1503592546420637_4954253241607332912_n[1]
26731739_1503592569753968_7412639318303601232_n[1]

26734342_1503592589753966_691628913612821433_n[1]

沖縄総支部の皆様、全国に先駆けて初煎会の開催とご報告ありがとうございます。
武藤総支部長のお点前にお目出度い床の正月飾り、どれも可愛いこだわりの和菓子に立派な茶懐石、そして余興まで…
沖縄同門会の皆様の楽しそうな様子が伝わってきます
今年はチャレンジの年 いいですね。期待しております
沖縄総支部の益々のご活躍を楽しみにしております!
来週は家元初煎会でお待ちしております










































































12月3日に熊本県煎茶道連盟合同茶会が熊本市国際交流会館で開催されました。
IMG_1990

会場として利用しておりました熊本市民会館が、熊本地震の修復工事のため利用できず、1年ぶりに本格的な茶室が用意されている熊本市国際交流会館でのお茶会となりました。 

お道具や盛物の取り合わせなどは、須藤先生初めの諸先生方のご指導の下、準備することができました。また数日前には、この冬一番の寒波襲来で震え上がっており、天候が心配されておりましたが、当日は小春日和の天候にも恵まれ、客様の出足も順調でした。1513259480945
久々の和室(8畳)での席作り、座礼でのお点前、童子の足の運びお客様との間隔等々、お客様が窮屈な思いをされるのではと心配しておりましたが、「和室はやはり落ち着きますね。」と言っていただき安堵いたしました。少人数の支部ではありますが、社中一同このお茶会は一期一会と心し、九席を受け持つことができました。

最近では大寄席の茶会が多いのですが、小間での煎茶席は会話や設えをお客様にもゆったりと楽しんでいただけますので喜んでいただけたかと思います。
その分、席数が多くなるので亭主側は大変だったと思います。
床軸の「話尽山雲海月情」に万年大吉、三賢も落ち着いていて良いですね。
熊本支部の皆様、ありがとうございました。

今年最後の関西地区合同研修会
家元のお話しのあと、席入り作法の復習です。IMG_0189 (2)
立ち居振る舞い、タイミングなど気をつけて
IMG_0206 (2)
座礼席での稽古(茶具台点前)。すべてのお役は当日発表でした。
IMG_0220 (2)
立礼席では煎茶点前。なごやかな席となりました。
IMG_0198 (2)
今年の研修会は千秋楽です今年もお稽古を通してたくさんの幸せを感じることが出来ました。
来年も煎茶道を楽しみながら大切な和の心を感じ、学び、そしてお伝えすることを心掛けていきたいものです
関西研修会の皆様一年間ご協力ありがとうございました





杭州講習会

杭州講習会風景
講習会集合

講習会が終わってほっと一息

IMG_3290

講習会後息つく暇もなく中国美術学院にての講演会
学院講演
 500名の参加者 通路に座り込んでの聴衆者もあった。
L1021498
 講習生の着物姿 とてもよく似合っていました。
 点前は杭州棚雅点前でした。
 掛け軸は達磨大師の墨絵に隠元禅師の賛。素晴らしいものでした。
L1021454

 脚の痛みもなんのその文化交流は辛いものですね。
質問者

質疑にこたえて
質疑応答も楽しく過ごせました。
講演会後の挨拶

茶会が終わってのご挨拶。
講演会の後で
沢山のカメラマンに皆さんの視線も定まりません。

日中友好に少しは役だったのかな?

↑このページのトップヘ