芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

皆さん如何お過ごしですか?

楽しい初煎会も無事に終わって、今年も頑張ろうと思った矢先、将に水を差された感、時が止まった様ですね。今をどう過ごすかと、試練を私たちに与えられた機会だと踏ん張るより仕方ないですね。世界を震撼とさせたコロナも何時になったら終息するのでしょう。美しい桜の季節も無情に過ぎて行きます。窓より眺める春の景色を虚しさと共に眺めています。しかし私たちには煎茶道と言う素晴らしい友がいます。時間に退屈する暇はありません。この時とばかりに丸盆、角盆、茶巾扱いなど初歩から見つめ直ししては如何でしょう。今まで見えなかったことが発見できるかもしれません。コロナ騒ぎもいつかは終わります。皆さんの一層の進歩を楽しみにしています。世界中が混迷の時、誰よりも一歩先んじられるように頑張ろうではありませんか! 皆様に一日でも早く会えること願っています。

                                秀道

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

3月22日(日)沖縄県煎茶道協会主催「煎茶道講座~煎茶を楽しもう~」 知っておきたい日本に伝わる和の心~と題して小笠原流煎茶道沖縄総支部で講座を担当しました。91179258_2756481011131778_5315509782466002944_n

一部は総支部長のお話し

毎日、お茶をいただくので95歳でも元気です!と総支部長。

90912907_2756481114465101_3585624675079684096_n
二部はお茶会体験
90750342_2756481051131774_4186121065098903552_n
新聞社の取材がありました!

ご参加下さった皆さま、たくさんメモを取っておられ、良い学び時間でしたとお話下さいました。。。🎶

91778582_2756481277798418_319824967329906688_n

お運び体験!
91296294_2756481234465089_3354146304560201728_n

四季彩製「若桃」
お庭にある桃の木に実をつけたまだ青い桃をお菓子に!とリクエストがあり、特別に作っていただきました

新型コロナで気が沈んでいる中、総支部長のお元気な姿に勇気と元気をいただけました。
ホワイトボードにたくさん張られた手作りの説明用紙に総支部長の熱意を感じます!
日本茶の説明と煎茶会の組み合わせ、また運び体験もあり、お客様もゆっくりとしていただき、わかり易くて喜ばれたことと思います。
今回も可愛らしいオリジナルのお菓子!若桃とピンクの菓子皿があっていますね。
沖縄では4月からもたくさんお茶会を企画していただいてますのでみなさんお身体にはお気をつけて頑張ってください。ご報告有難うございました。



小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

めずらしく花屋に梨の枝が一本だけあったので…
白居易の長恨歌より「梨花一枝春帯雨」雨に濡れる白い梨の花が寂し気な楊貴妃のよう・・。IMG_5823


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

芦屋教室長谷川先生からご報告いただきました。

長谷川先生は、2020 BEST OF MISS-OSAKA-大会の公認講師をされています。
IMG_5802

〜ミスユニバース、ミスグランドジャパン大阪選考会〜
最終ファイナリストの15名を対象にビューティキャンプで和の作法を指導しました。
IMG_5804
大阪大会のコンセプトは【大阪から世界へ】
IMG_5805
日本女性として身につけておきたい礼儀作法を身につけるというお役目でした。
美しいお辞儀や箸の扱いまで立ち居振る舞いを中心にいたしました。
IMG_5801
今回はコロナウイルスの関係で無観客選考会でした。

アンケートより抜粋
*作法を見直し、日本の素晴らしさや奥ゆかしさをもっと世界に発信していきたいと考えました。礼儀作法が整い本当に日本人に生まれて良かったです。日本人として恥ずかしくないような立ち居振る舞いを行っていきます。
*日本人らしい細やかな立ち居振る舞いや礼儀について沢山ご指導いただきました。
今まで正しいと思っていたことが、実は間違っていたりと、驚きと学びのある時間でした。
*日本人女性として、またベストオブミス大阪ファイナリストとして胸を張れるように、常日頃から精一杯尽力いたします!
*毎日仕事で海外のお客様と接する私にとって、気付きや学びの多い大変充実した時間でした。
自分が出来ていると思っていても知らなかったことが多々あり、情けなくも感じましたが…
常日頃から日本女性としての在り方を意識し、教えていただいたことを早速実践していきます。
IMG_5800

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

2020年3月10参議院議長公邸において
祝賀茶会が開催されました。
L1031795
山東議員のご挨拶
L1031818
茶会風景 席主東阿部流
L1031806
記念品贈呈 煎茶茶碗・茶托
L1031808
茶碗 井上春峰先生による四君子 茶托 黄銀 萩井一司先生
L1031809
こんなの 戴きました!
L1031825
山東議員と一緒に
L1031784
議長になった積りで!


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

振り返り,,,のひな祭り🎎

ほんとに心配な毎日が続いていますが
先週はひな祭りweek🌸
3つの保育園の子供たちと、3日間に渡って楽しいひな祭り茶会を持つことが出来ました。

95才の支部長もたすき掛けで準備💪
5才の女の子が、「95才なのに、なんであんなに元気なの?」と😀

今年も楽しいひな祭りでした

89672805_2715050638608149_5994712942833041408_o


🎎

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

今日は上巳の節句。先週は授業で子供たちと流し雛をして厄払いをしました。
厄払いの後、すぐに休校となり、例のウィルスから早速子供たちを守ってくれたのかもしれません。
IMG_5742
本日の稽古の正客定めには白桃、赤桃と松毬で王母百年
西王母の故事に由来します。…とセロテープも?
このセロテープも私たちを救ってくれました!
IMG_3553 (2)
先日の茶会で水屋にかける張の留めがなく、困っていた時に出番です。
IMG_3552 (2)
芦屋教室沼野先生のアイデアで、こんな感じで助かりました!
世界遺産二条城の茶室を傷つけることも、席中外れることもなく難をしのぐことができました。発想の転換って大事ですね。よりセロテープに愛着が沸くようになりました。
みなさんも茶会で困ったときにはお試しください。



小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

新型コロナウィルスの影響でお茶会などの中止が続いております。卒業式や卒業旅行など大切なイベントも軒並み無くなり気の毒で仕方がありません。
それでもいまはなにかと自粛したりと辛抱することが大事です。それぞれが気を付けて一刻も早い日常に戻ってほしいですね。
名古屋の山口さんから熱湯で使用できる容器とザルをたくさんご寄付いただきました。
IMG_3227
煎茶道では回し飲みや他人の茶碗を続けて飲むことはありませんが、念のため熱湯で消毒することは大切です。
IMG_3220
一煎目の茶碗を洗った後、温めると同時に熱湯につけて置きます。
IMG_3225
お茶を注ぐ直前にザルを引き上げます。
*新型コロナウィルスの場合、80度以上10分を目安
使用する湯量は多くなりますが、清潔で尚且つ茶碗が温かいままお客様にお届けできます。
水屋でのひと手間は人手も入り大変ですが、お客様には見えない作業だけにおもてなしのひと手間ですね。
時節柄、マスクや消毒スプレーも使用しながら、一人ひとりが気をつけてお稽古にのぞみましょう。
山口さんお心遣いをありがとうございました。





 

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

令和2年2月22日二条城清流園内の香雲亭にて小笠原流担当の煎茶席が催されました。
IMG_3310 (2)
生憎の雨となりましたが、東京や九州からもご来席いただきました。
IMG_3401 (2)
雪見障子からは清流園のしっとりとした景色が見え落ち着きます。
IMG_3508 (2)
文思棚風炉瓢杓点前
IMG_3314 (2)
床軸は直入画 「松下高士弾琴図」  盛り物は「万代長寿」
IMG_3380 (2)
IMG_3545 (2)
男性陣も頑張りました。

新型コロナウィルスの影響でイベント等の開催には細心の注意を払わなければなりません。
二条城での茶会は明日、明後日と続きますので、引き続きアルコール消毒などお一人おひとりのご協力をお願いいたします。
雨の中、たくさんのご来席また同門のご協力に感謝申し上げます。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

昨年の10月27日 第18回銀茶会のご報告です。
img006 (3)

銀茶会とは?(銀茶会2019HPより)
今年で18回目を迎える、銀座の秋の風物詩「銀茶会」
普段は席を同じくすることのない茶道五流派、煎茶道が一堂に会し、銀座の街が野点の会場となるスペシャルイベントです。ぜひ、日本の伝統文化であるお茶の世界をお楽しみください。img007 (2)
煎茶道は流派合同での開催となり、小笠原流煎茶道鎌倉支部長の佐々木先生は後見役(解説)としてご参加されました。

煎茶は江戸時代に中国より伝わり、18世紀に煎茶道の祖とされる
黄檗おうばく宗僧侶の売茶翁が京都の各処で茶店を開き、茶を通じ人間の在り方などを説法しました。その後、文人墨客により日本独特の「煎茶道」として確立されました。煎茶席には堅苦しい決まりはありません。亭主と客がお茶を通して交わり時間を共有し、一煎のお茶を楽しみます。和敬茶道倶楽部はお茶の楽しみを追求し、煎茶・抹茶そして流派を超えて日本が誇るお茶文化の魅力を伝えることを目的にNPOとして活動しています。(銀茶会2019HPより)

流派を越えて茶道文化を発信するこのイベントは銀座の中心街あちらこちらで行われており、人気のある茶会です。街ゆく人にお茶を愉しんでもらい、その精神まで知っていただけるのは江戸時代の売茶翁と同じ心境ですね。銀座の街中で煎茶を飲んで清談を交わし、現代人の心の目が醒めれば、きっと売茶翁も喜ぶでしょう。
佐々木先生ご報告有難うございました。


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ