芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

   ~水巻支部 令和初の「教授会」お稽古~IMG_6333
615日(土)、令和初の教授会(器局香羽点前)を行いました。

 お仕事で数名お休みが居ましたが、6ヶ月振りのお稽古で皆さん

 少々緊張の面持ちでお稽古に励みました。

 IMG_6353

 香羽の扱い方、香羽の拝見の所作、お菓子を出すタイミング、茗主と正客の挨拶等々

 「間」の大切さを痛感しました。まだまだお勉強することが多々あります。

IMG_6338

IMG_6354
心身ともに精進していきたいと思いながらお稽古を終わりました。
水巻支部 金谷秀信

お稽古風景をお送りいただき、ありがとうございました。
器局香羽点前と香羽の拝見ですね。皆さんきっちりとされている様子がよくわかります。
それぞれにお役があり、間を意識することが大切です。
毎回このような教授会でしたら大変お勉強になりますね。
今後のご活躍が楽しみです!
水巻支部の皆様ご報告ありがとうございました。
 

    


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

令和元年6月29日京都女子大付属小学校育友会講演会
 「煎茶道と暮らしの中の礼儀作法について」
DSC0858200
家庭内においての作法と煎茶道のあり方を主にお話ししました。
DSC08587 - コピー
お母様方も真剣です。メモを取っておられる方も多く見受けられました。
DSC0858300000000
260名を超える情熱あふれる方々で熱気ムンムンでありました。
後ろから親鸞聖人見つめられて私も緊張すること大でありました。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

L1030193
茶文化協進会 理事長 荘玉端氏 ご挨拶
L1030224
彩雲棚点前 棚は台湾の生徒が持参してくれました。
L1030235
日本と変わらない茶席風景です。
盛り物は蘭秀芝英 
L1030216
緊張のお運びです。お菓子は日本から持参。
L1030281
涼炉も台湾の生徒ものです。床飾りは不老長春IMG_4842
台湾の社中と共に記念撮影
L1030156
故宮博物院にて記念撮影
L1030323
阿里山観光  2400年の大木の前で
L1030345
愛河クルーズ乗船前に
L1030370
高尾観光

L1030384
寿山公園 龍虎塔 龍の口から入り虎の口から出れば長寿と幸せを
招くと言われている。しかし暑かった!!





小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

家元本部では6月に入ってからも連日各地区からの稽古が続いています。
山陽地区から関西各組、この日は沖縄からのお稽古

IMG_4015
畳での振る舞いから別伝点前まで。熱心にお稽古されていました。
沖縄では引き続き、行事がたくさん予定されています。
秋の総支部設立55周年記念に向けてみなさん励まれています。

IMG_4028
この日は山陰地区から。
比翼棚風炉瓢杓点前の細やかな動作や意味合いなどお勉強されました。

家元本部での稽古は、点前、童子、客、そしてお役の無い時には見取り稽古を熱心にされています。
時間を惜しんで稽古される姿勢には美しいものを感じます。



小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

大山崎山荘美術館見学 
L1030113
大阪府と京都府の境にあり、天王山山腹に位置しています。
L1030116
安藤忠雄設計の「地中の宝石箱」モネの睡蓮などを鑑賞しました。
L1030119
見事に計算された景色でありました。
L1030121
美味な昼食でありました。
L1030122
笑いがこぼれます。
Image-1 (002)
昼食後ミニ講演がありました。
L1030136
昼食後「美山かやぶきの里」見学です。L1030149
ちょっと一服ソフトが美味でした。L1030145
花の観賞も忘れずに・・。楽しい一日でした。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

5月25日(土)最高気温が30度近くという真夏のような日差しのもとバザー茶会が開催されました。
IMG_3826
例年通り、野点での茶会。今年は3人同時に茶具台単式点前をいたしました。
IMG_0536 (2)
関西学院大学や卒業生たちも一緒にお手伝い。
IMG_0561 (2)
例年、バザーでの煎茶会を楽しみにしてくださる方もあり、大勢のご来席をいただきました。
IMG_3843

日頃の稽古の成果も出せてご来席のご家族様にも喜んでいただけたと思います。
暑い一日でしたが、準備から片づけまで一生懸命頑張ってくれました。
気持ちの良いとても爽やかなお茶会でした。感謝!


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

第六十三回全国煎茶道大会 五月一八日一九日
禅堂書院の素晴らしいお部屋でした
清々しい五月の風、心静かに茶席を楽しみました。
L1030109 - コピー
禅堂書院 盛り物 紫球琥珀  正客定 高士清友でした。
L1030084
杭州棚行の飾り  和敬清閑に微塵の乱れもありません。
L1030092
おもてなし 一期一会そのものです。
9886492010433
猊下ご挨拶
9886492039807
参議院議員 山東先生ご挨拶
9886492476381
家元挨拶
9886492071259
猊下と先生に挟まれて
9886492278510 (002)
山東先生とご一緒に
9886492336862
岡田先生 猊下の軸が大当たり

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

梅田阪急百貨店にてワールドティーフェアが開催されました。

日本茶から学ぶこととして5月18日19日の二日間、点前披露をいたします。IMG_3703
バーカウンターでの点前
IMG_0128
二煎のあと、三煎目は冷茶でお楽しみいただきました。
IMG_3712
お茶一煎お出しするのにも、誠心誠意尽くすことでお客様の心を潤すことができるのではないでしょうか。そんな煎茶道の世界観や魅力についてお伝えさせていただきました。
19日も2回公演いたします。お近くの方はお越しください。


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

ECC学童芦屋校での日本文化の授業です。
今月は言霊について勉強しました。

IMG_0360
潤子先生から、いろいろな挨拶ことばについてのお話です。
IMG_0366
先生たちも一生懸命聞いてくださいました。
IMG_0394 (2)
続いて今日のお菓子「花菖蒲」をスケッチします。上手に描けました!
IMG_03971
急須で美味しいお茶をいれるのはみんな大好きです。
IMG_04041
IMG_04061
今日は32名!それぞれがグループに分かれてお茶を淹れます。
IMG_0410
先生たちと一緒にお茶とお菓子をいただきます。
一同が「ホッ」とします。やっぱりお茶の時間は私たちにとって大切なひと時ですね。
ECC学童スクールでは芦屋校、西宮校、大阪福島校の全校で小笠原流煎茶道日本文化の授業を取り入れられ、お子様はもちろん、保護者の方にも大変喜ばれています。
生活スタイルの変化で、一人の時間が長い現代のお子様たちだからこそ、必要な学びといえます。
小笠原流煎茶道では日本茶を通して、大切な文化や心のあり方をこれからもお伝えして参ります。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ