芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

ECC英会話スクールの学童部門において、日本文化の授業が始まりました。
スクールに通う小学生の子供たちが日本茶を通じて礼儀作法やしきたりを学ぶ授業となります。

IMG_43181

まずは正座やおじぎの仕方などからはじまりました。

IMG_43221

ECCの先生たちも一緒に♬

IMG_43371

季節の和菓子についての説明や煎茶のいただき方も習いました。
授業の終わりには子供たちから「つぎはいつ?」って、喜んでもらえたようです。

東京神楽坂の小笠原流煎茶道春風庵において若宗匠による体験会が開催されました。

IMG_4284

先月に引き続き、再度ご参加の方もあり、みなさんがとても興味深く煎茶道の世界を楽しまれました。

IMG_4301

煎茶席体験では亭主の設えから点前所作の説明、お客様の作法や意味などの説明があり、一つ一つに納得の様子でみなさん熱心に聞き入られていました。
今回も2日間の体験会と東京支部の稽古と盛りだくさんでしたが、今後東京における小笠原流煎茶道の活動もますます充実していきそうです。
関東総支部の皆さん6月の煎茶会に向けて頑張りましょう!




本日は煎茶道体験会が開催され、中国各地から芦屋の本部までご参加がありました。

家元の講話、和室の作法、煎茶席、食事の作法…と盛りだくさんの内容でとても良い思い出になったようです。

IMG_4224


IMG_4227

恒例の中国からの体験会では、みなさん正座に苦労されていますが、それでもリピートのお客様や本格的に煎茶道に入門する方もいらっしゃいます。
「直接本物に触れられたことが貴重でした」「小笠原流煎茶道を体験したかった」「質問にも答えてもらえてとても勉強になった」……たくさんの嬉しいお声をいただきました。
日本文化の体験ツアーではこの後、有馬温泉を満喫されるようです。何とも羨ましい贅沢なツアーですね。




恒例の駿府城大茶会が開催され、11流派で開催されたようです。
さすがお茶所だけあり、とても賑わい小笠原流煎茶道の茶席も400名以上席入りされたようです。
静岡支部の皆様、お疲れさまでした。


17799979_881106542029810_7877446403462700447_n

3月4月と各地区での煎茶会もたくさん開催されています。そんな中、関東研修会が家元で開催されました。6月の茶会に向けて張り切っていらっしゃいます。
IMG_4146


また、鳥取、島根地区からの研修会も開かれました。
細かい所作やお稽古に対する心構えなどのお話があり、有意義な研修会でした。

IMG_4192

小笠原流煎茶道の茶会が美しいとご評価いただくのも、同門のみなさんが日頃の努力をしっかりとなさっているからなのでしょう。

2月26日(日)は福岡、鎌倉、神戸、宝塚で小笠原流煎茶道の煎茶席が開催されました。

神戸生田神社での兵庫県慈善茶会の様子は小笠原流煎茶道FBでもご覧いただけます。
https://www.facebook.com/ogasawararyusenchado/?hc_ref=PAGES_TIMELINE

宝塚の清荒神清邦文化会館でも青峰会恒例の春風の宴が開催され、多くの皆様にご来場いただきました。

IMGP8129

本席の様子 文思棚点前

IMGP8052 (3)

今回のテーマに合わせて作っていただいたお菓子は「春告鳥」
可愛らしく、開けてびっくりの美味しいお菓子は大好評でした!

IMGP8091

床は竹林の野点風景。中国文人煎茶趣味の解説の中、ほうじ茶を火鉢で焙じたその香りは部屋中に広がり、お客様にも喜んでいただけました。

IMG_3361 (2)

正客定めは喜報早春 今回の茶会のテーマは「春の訪れを愉しむ」です。

IMG_82921

誠心誠意、心を込めて一日頑張りました。
お客様からもたくさんのお褒めの言葉をいただき、有難く、とてもやりがいのある会となりました。

2017年家元初煎会の様子が神戸新聞に掲載されましたのでご紹介いたします。
FullSizeRender 1

今年も5日間、雪も降りましたが同門の皆様とともに新年を寿ぐことができ嬉しく思います。
皆様、各地からのご来席ありがとうございました

IMG_2487

IMG_2499


平成29年も小正月を迎えようとしていますが、本日から家元初煎会が開催されます。
大雪の予報も影響なく好天に恵まれました。


IMG_2435

茶旗でお客様をお出迎え。

IMG_2387

同門の方は雅題の予習をしてお越しくださいね♪

IMG_2395

酉年の今年は何羽の鳥に会えるのでしょう。各茶席の設えもお楽しみください。





家元事務局も今日で仕事納め。新年に向けて、門松を飾り、庭の手入れや畳替えなど行っています。
今年一年、同門の皆様に多大なるご協力をいただきましたこと、心より感謝申し上げます。
小笠原流煎茶道にとりましても記念すべき節目の年となりました。
来年は丁酉、楽しい企画もたくさんありますので、さらに飛躍をいたしましょう!

公式ホームページにも100周年記念大会の写真をアップしましたので下記「同門の皆様へ」からお入りください。
http://www.ogasawararyuu.or.jp/sec/login.cgi

パスワードはご存知のことと思いますが、お忘れの方用にヒントです!

「稽古とは一より習い十を知り十よりかえるもとのその一」

勘の良い方はわかりましたか?

どうしても…の方は家元事務局 iemoto@ogasawararyuu.or.jp までご連絡ください。

それでは、みなさま、佳いお年をお迎えください。~弥栄~


IMG_7116


↑このページのトップヘ