芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

中国国際茶葉博覧会が杭州で5月18/19日と開催されました。
昨年第1回は6月30日に深圳で開催され、家元と副家元さらには中国会員と共に茶会並びに講演会が催され、大勢の人たちとの交流も昨日のように思い出されます。
今年は日本での全国大会が18日19日と開催され、中国同門会会員による杭州での茶会となりました。日本と中国同時開催!! うれしい限りです。

日本での開催は報告されましたので中国博覧会の様子を報告いたします。

IMG_3848

IMG_3850

IMG_3849

IMG_3846

IMG_3835

IMG_3851

2018年5月19日全国大会が開催され、京都宇治黄檗山萬福寺西方丈でお茶席を持ちました。IMG_3440 (2)
待合:雲無心 菖陽万年(花菖蒲・石)
IMG_3437 (2)
軸:松樹千年翠 行朗猊下書 盛り物:聴松抱琴
IMG_3522 (2)
五月晴れの中、気持ちの良い茶席となりました
IMG_3473 (2)
菓子:野遊び 蝶が舞っているのおわかりですか
IMG_3527 (2)
点前はひさご棚の両勝手点前
 お客様からたくさんのお褒めの言葉をいただきました

・お点前がシンクロして素晴らしい
・横を見ずにぴったり合っているのはお稽古の賜物です
・美味しい玉露と可愛らしいお菓子にも満足しました
・みなさんの所作におもてなしの心が伝わってきました

ご来席いただきました皆様、ありがとうございました

少しだけ、点前の動画もお楽しみください。




阪急沿線おでかけ情報紙として駅や街中でよく見かけるTOKK(トック)に6月8日(金)開催のお茶会がご案内されています
img021 (2)
小林一三記念館内の茶室でお茶会の後、素敵な雰囲気の私邸レストランで
フランス料理をお愉しみいただきます
一般の方対象ですので初めての方でもお気軽にお越しください

4月27日~5月9日家元講習会が開催されました。
前半は博物館において主に初級者、さらには上級者対象と共に行われました。L1021924

L1021830

L1021856

L1022078

後半は場所を変えて各資格者共々に熱い講習会でした。
発表茶会には上海から文化担当領事もお見えになり、熱心に質問などされておられました。
L1022164

L1022444

L1022447
L1022460

IMG_3567

L1022362

7月には素晴らしい茶会ができるでしょう。これからも日中友好の一翼を担いたいものです。

:201856日 日曜日に同門一同心を一つに、ロサンゼルスのパイオニアセンターで「子供の日茶会」を催しました
端午の節句茶会w2018


端午の節句茶会k2018

お点前 :一席目(茶布敷点前) 國宗翠奈

      :二席目(茶布敷点前) 渡辺翠香

        :三席目 (抱月棚点前) 水谷翠恭

 

みなさん、一致団結して楽しく頑張っています
端午の節句茶会8 2018
 

同門の感想 「皆さん和気あいあいとしていて少人数ながら素敵なお茶会でした」           

          「疲れよりも心地よさを感じられたお茶会でした」 

          「快い気持ちが残るお茶会でした」
端午の節句茶会4.2018
ロスアンゼルスの皆様、ご報告有難うございました
今年も支部の初煎会から様々なお茶会を開かれてますね。8月予定の2世WEEK煎茶会のご報告も楽しみにしております

 

平成30年 第56回 北九州芸術祭  お 煎 茶 の 会 

平成30年4月29日(祝) 北九州市立生涯学習総合センター 

小笠原流煎茶道 ・光風流 方円流と三流で「お煎茶の会」を催しました

2LⅢ       

正客定め(不老長春) 立礼(末広点前)


IMG_5660
掛け軸は、黄檗55代慈光筆「和敬」 床(龍孫考養)  

 IMG_5667 - コピー

 小倉北支部・八幡東部・水巻支部と協力して、お客様をお迎えしました。

ご報告ありがとうございました。
椅子席でお客様も気軽にお楽しみ頂けたのではないでしょうか。
立礼台前の花飾りも立派な竹筒に生けられたのですね。赤毛氈も点前座が映えて良かったです。
一方、点前道具は落ち着いた色合いで素敵ですね。
ご来席いただきましたお客様方ありがとうございました。
また3支部の皆様もありがとうございました。
ますますのご活躍楽しみにしております

かわいい子供たち目線の感想は新鮮です

IMG_2027 (2)

急須で煎茶をいれよう

・煎茶の緑色が自然から生まれたような色で美しかった。

・日本茶にもたくさん種類があることや、今日作ったお茶の香りは深く体にしみ込むような自然な香りがしてとても美味しかったです。もっと上手にお茶を入れられるようになって、家でみんなに飲んでもらいたいです

・知り合いの家などに行ったとき、急須からお茶をいれてもらって普通に飲んでいたけど、こんなに大変な作業だったのでこれからは「ありがとうございます」と感謝したいです。

・急須でお茶をいれるのは初めてでしたが「美味しくなりますように」と心を込めていれるのが、とても楽しかったです

IMG_2091 (2)

人のお宅に訪問できるかな?

・人の家にお邪魔するときの礼儀作法はすごく難しかったけど、すべてが見ていて美しかったです。

・友達の家に和室があり、授業で習ったことをやってみました。上手にできました。大人になってもやってみたいです

・床の間の花や玄関の花があるといつもと雰囲気が全然違うと思った。

IMG_2107 (2)


礼儀作法とは? お菓子をいただくときの作法

・礼儀作法という言葉の意味がわかりました。いままでの自分を恥ずかしく思ったことと、礼儀作法が身についている人は、きっと心が広く、やさしく思いやりのある人だと思いました。これからは私も礼儀作法を学び心の広い人になりたいです

・和菓子を取るときに「お先にいただきます」とちゃんと言葉にして伝えることに最初驚いたけど、自分が言ってみると、なんだかすがすがしくなった

・「お先に頂戴します」という心や器やお箸など丁寧に扱う心は日本人の心だと思いました。

・人には見えない所でも相手を思って丁寧にすることは日本に伝わる素晴らしいことと思いました。

・先生方のお辞儀や歩き方がとてもかっこよかった。

・大人になったら絶対に役立つことを学べて嬉しかった

・相手が自分のために何かをしてくれていることに気づき、それに感謝する気持ちを持たないといけないことを感じた。

・先生の素振りや色々渡してくださるときにニコッとしてくださる笑顔が綺麗でした

・私たちがスムーズに勉強できるように、色々と準備や工夫をしてくださっていて感謝の気持ちでいっぱいです。

・おもてなしやお茶を入れることはとても美しいなと思いました。人のために一生懸命やると美しい。なんでも一生懸命やると美しくなるのかなと思いました。大人になったらとても役に立ちそうなことを学んだと思います

・日本文化を学んで心も成長したとおもいます

 





4月29日川西市の満願寺にて小笠原流煎茶道の茶会が開催されましたIMG_3172 (2)
に恵まれ、自然豊かな満願寺の境内を清々しい気持ちで進みます。
IMG_3178 (2)
本坊内に設けられた待合には、満願寺内で掘られた筍、で龍孫孝養が。
IMG_3198 (2)
床には煎茶好みの大きな仙境図の軸(たくさんの仙人達が煎茶を飲んだり詩を書いたりと愉しんでいます)立派な石像に満願寺に伝わる煎茶碗など貴重な品々を拝見させていただきました。
IMG_3190 (2)
ご住職さま、副住職さま方と同席で和やかなひとときに
満願寺は250年前に建てられた歴史ある建物で外には美しい書院庭園が広がっています。
IMG_3184 (2)
点前は器局棚第1飾りでおもてなし。満願寺には坂田金時の墓もあり5月5日には金時まつりが開催されています。煎茶席の菓子もで端午の節句に準えた演出でした
今回は川西支部、宝塚支部、尼崎支部、上本町教室の皆さんが担当してくださいました。
素敵な茶会をありがとうございました。
最後になりましたが、ご来席のみなさまもありがとうございました



平成30年4月23日芦屋川カレッジ卒業後の芦屋川カレッジ大学院入学式において
煎茶道の講演を致しました。
DSC07980

皆さん日頃親しんでおられる煎茶にも新しい発見を見いだされた様子に興味深く受講
されておられました。
DSC08014
 講演後内容についてもご質問もあり熱意あふれるひとときでありました。

全国の各支部長が一堂に会する全国支部長会が開催されました。
家元本部の報告や予定、また各地区の今年度の計画などの報告がありました。
今年度も各地区ではかなりたくさんのお茶会や講座、企業からお茶会や体験会、講演などの依頼などがあり、益々各支部のご活躍が楽しみとなりました
IMG_3150 (2)
時代の流れと共に、どんどん日本茶や急須に目を向けることが少なくなっている気がします
お茶を淹れることや、お茶を愉しむひとときにある「大切なもの」に気づくことができれば、どれだけ心豊かに過ごせることでしょう
少量しかない一煎の玉露から、目には見えない大きな大きな気づきがあることをお伝えしたくて、今年度も小笠原流煎茶道の煎茶会を各地区で開催してまいります
IMG_3147 (2)

全国の支部長先生、ご遠方よりご参加ありがとうございました。みなさまの情熱あるご意見をたくさんお聞かせいただき感動いたしました
今年度の
それぞれのお茶会のご成功、ますますのご活躍をお祈り申し上げます




↑このページのトップヘ