芦屋市を拠点に、小笠原流煎茶道の保存と伝承を図るとともに、
煎茶道文化の普及活動を行い、日本文化の向上と発展に貢献する
『小笠原流煎茶道』の公式ブログです。

ドイツの室岡先生がチェコでご友人と煎茶会を楽しまれたそうです♪
集合写真

奥さま(Viola)はシカゴでもお点前を体験しているので、18年ぶり2回目の体験となりました。
荷物を最小限にするため、今回はお茶器だけを持参致しました。
人と人のつながりを大切にしているお二人ですので、煎茶道の精神も自然に伝わって、とても暖かいプライベートなお茶のひと時となりました。

20210721_3

ご主人様(Stefan)は、一煎目を頂いて『とても素晴らしい豊かな風味』と満面の笑みでおっしゃって下さいました。
奥さまは、高校の数学の先生をしていらっしゃるので、今度は、そこでお煎茶デモンストレーションしましょう!
と次回のプラハ訪問を約束しました。
お煎茶道を通じて、更につながりが深っまたことに心から感謝しました。

チェコ アカデミーサイエンス 一階図書館
チェコ アカデミーサイエンス図書館
聖ヴィート大聖堂 ステンドグラス
聖ヴィート大聖堂のスタンドグラス

ドイツでは先日の大洪水で大規模交通規制などがあり、チェコまで11時間もかけて行かれたそうです。
また世界中がコロナ禍で思うように活動できない中、陰性証明書を取りサプライズで着物まで用意され、一煎のひとときを楽しんでもらいたいと思うお気持ちが嬉しいです。
来週はスイスでのお稽古に行かれるそうです!
益々のご活躍をお祈りしております。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

ふじの国茶の都大茶会
  会場 ふじのくに茶の都ミュージアム
  担当 静岡支部
  点前 立礼抱月棚点前  一席15名 九席
  盛り物 紫球琥珀
  菓子  あじさい こはく糖(額ひとひら)
  茶葉  つゆ茶 玉露

1623625677769

IMG_9321

IMG_9330

1623625674535
皆様 大変な人気であったとのこと、コロナ旋風の中、お疲れ様でした。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

皆様いかがお過ごしでしょうか?
兵庫県は緊急事態宣言が出ており、中々外出できない日々が続いております

さて、本部でのお忘れ物をお預かりしております。
お心当たりのある方は事務局までご連絡お願いいたします

IMG_1512
IMG_1513
1つめはがまぐち風の布製の袋になります。
内側と外側の袋の布地が違っています。


IMG_1514
2つめはフタ付きのピンクと白の手のひらサイズのはかりです。



IMG_1515
3つめは薬用ハンドクリームとブラシとピンク色の布です。
こちらは3つまとめてビニール袋に入っておりました。

お気づきになりましたら事務局までご一報下さい


小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

日 時 令和3年4月29日(祝) 9時30分~14時

場 所 北九州市立生涯学習センター

主 催 小笠原流煎茶道・法円流・光風流
IMG_0029

小笠原流煎茶道共同(小倉北支部・八幡東支部・水巻支部)
IMG_0005
IMG_0020
・掛軸 「友 諒」5代家元  ・盛物 平安長春  ・正客定 萬玉玲瓏
・比翼棚香羽点前(立礼) 設えは、北九州を代表する窯元「企救焼の茶器類」


IMG_0011
 一昨年からのコロナウイルス流行のため、2年ぶりのお茶会です。
 当日は、朝から雨、雨、雨。
 今回は、お茶券を例年の半数に減らし、席も10名と限定、7席としました。
 感染防止対策とした、特に茶器類を、その都度熱湯洗いで万全を期しました。
 又、一席毎に客席の消毒や部屋全体の風通し等々、従来以上の気遣いでお客様に楽しんで頂いたことが何よりです。 全席満席で終わりました。
 今回のお茶会で、創意工夫することが要求され、新しい生活の仕方・楽しみ方を考える契機にもなりました。

 おわりに、小倉支部・八幡東支部・水巻支部の「和の精神」でこのような時期に、お茶会を催すことが出来たことで、私達は少しばかりの安堵の気持ちになりました。

 お茶会中盤には雨も上がり、雨に濡れた美しい新緑を眺めながら、帰路に着きました。                    水巻支部 金谷 秀信

小倉北支部・八幡東支部・水巻支部の皆様、ご報告ありがとうございました。
感染防止対策に気をつけての開催でなにかとご苦労も多かったと思いますが、無事にお茶会が催されましたことはホッとうれしく思います。久しぶりのお茶会の様子は他地区の方々も懐かしんでご覧になられるでしょう。なによりも皆様のお元気そうな様子を拝見でき嬉しく思います。
また今回使われた企救焼きは同門紙106号(6月発行予定)でも取り上げていますのでご覧ください。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。


 

 

続きを読む

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

IMG_6785
花を弄すれば香り衣に満

杭州支部 方秀男教授


IMG_6787
抱月棚点前
IMG_6795
盛り物 紫球琥珀
IMG_6788
着物姿も決まっています。
IMG_6794
正客定   平安長春  
IMG_6790
杭州支部長 呉秀暢教授・金秀娟教授と方秀男教授教室一同

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

IMG_6769
万代長寿 北京支部周教授一同
IMG_6772
 ふくべ棚点前
IMG_6770

IMG_6771
松無古今色

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

嬉しい便りが中国から届きました。雲南省麗江玉竜雪山麓
IMG_6760
小提藍点前  総支部長 黃秀偉教授
IMG_6757
上海支部長 黃秀玉教授
IMG_6759
総支部 牛翠緑助教授
IMG_6755
杭州支部 方子男教授

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

沖縄総支部 阿賀嶺先生が恒例にされている田場学童クラブの修了記念茶会がコロナ禍で中止になってしまった代わりに2月22日、子供達が折り紙で雛人形を作り、雛あられと菱餅しました。
そして沖縄の三月グワーシと、美味しいお煎茶をいただき一足早いおひな祭りを楽しみました。
〈学童30人先生4人が出席〉
159412606_159334412680083_4781685653495111573_n
159117895_451138069638590_3776716273040371779_n
お子さま手作りのひな人形たち
159146564_185424066416640_9003177138299379605_n
菱もちは阿賀嶺先生の手作りです。

159221385_107061424690231_3515089467694905201_n
沖縄でも上巳の節句にかけてイベントを開催していただき嬉しく思います。
日本茶とともに五節句はじめ、しきたりなど伝えていくことは大切なことです。
モノの価値より心の価値を求めていきたいですね。
阿賀嶺先生、素敵な会をありがとうございました。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

3月1日開催のひな祭り茶会の様子がRBC琉球放送で放映されました。
久しぶりに先生方の様子が伺えて嬉しく思います!
武藤先生手作りひな人形のおもてなし♪ とても素敵です!
リンクからご覧ください。
 

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

子ども伝統文化わくわく体験教室 

この教室は兵庫県茶道協会の行事の一つで、この度関西総支部の三人で担当させていただきました。

丁度コロナの緊急事態宣言中でしたが、学校側は入室の先生の数を最小限の五人にして、机の間隔を空けたりして開催されました。
宝塚教室


特殊支援学級児の個々の様子を前もって伺っていましたが、初めての面装なので内容の進め方が不安でした。そこで準備だけはしっかりしておいて当日の子どもたちに合わせながらやっていくことにしました。

体験当日は、まず最初に実物のお茶の木を見てもらい煎茶にまつわる話を簡単にしました。次に室礼のことで、一回目は「百寿大吉」二回目は「節分飾り」を盛り付けて、それを中心にして話しました。

子どもたちのつぶやきや意見を聞き逃さないでとり上げるように気を付けました。生き生きした表情で話しに乗ってきてくれていることを感じました。いよいよ実技です。

各人が煎茶を二碗ずつ点てます。黒板に点前道具を大きく描いた絵図を掲げて、これを指差しながら点ててもらいます。一碗はお客様の先生に、もう一碗は自分の分です。お茶とお菓子を「ご一緒にいただきましょう」のご挨拶をして味わってらいました。

一口一口大変おいしそうでした。苦いという子も二人くらい居たようですが。

二回とも実技内容は同じことをしました。
最後におみやげとしてお煎茶二人分を渡しました。家族とお煎茶を飲みながら楽しい時間を持ってもらえたら嬉しいなという願いがありました。実はこのことは副お家元様のご提案でして私にしたら思いもつかぬことでありがたかったです。

この会を終えて三人とも何より嬉しかったことは子ども達が一生懸命に取り組んでいたことと、全員が楽しかったと言ってくれたことです。

それからこのような体験会が一過性に終わらずに続けていただきたいということも話題になりました。

貴重な体験をさせていただきましたことに心より感謝してお礼申しあげます。
IMG_8422
兵庫県茶道協会の事業の一環で昨年に引き続きのわくわく体験教室となります。
コロナ禍で心配されましたが無事に開催されて何よりでした。ご報告にもありましたが急須でお茶を淹れることや丁寧な仕草の美しさ、おもてなしの設えなど興味が沸いても子供たちにとって次の機会が無ければ忘れていってしまいます。ご家庭などでもお茶を囲んで今回の学びを生かしていただければ嬉しいですね。
小笠原流煎茶道では幼稚園、小学生という青少年育成事業も各地で開催されていますのでご興味ある方々は本部までお問い合わせください。
ご担当していただきました先生方、本当にありがとうございました。

小笠原流煎茶道のホームページはこちら
小笠原流煎茶道

↑このページのトップヘ